2004年10月10日

今日からマ王! 第23話「炎のレース」

 今回でシルドクラウト保養編?と言うよりも魔王陛下隠し子騒動&暗殺未遂事件に始まった一連の展開も一先ず終了。次回からはコンラッドの過去、ゲーゲンヒューバー(ヒューブ)との因縁も明かされそうで心がそちらに。

 前回コンラッドに斬られて実は重症に陥っていたヒューブグレタの居た城の牢に閉じ込められていた時に色々ヒューブが語った事、でも考えてみればニコラさんが全てを捨ててまで己を愛して続けている現実に気が付いていない。生きて為すべき事だってあるというのに、すっかり厭世いや自分自身を厭う事でしか生きられない困った男になってしまっています。
 彼が今後どうなるか分かりませんが、ヴォルフラムの言う通りにこれからは有利の為に働いて… くれるのか!?
 ところで、ヒューブを治癒する際のやり取りはコンラッドの言い分も分かりますし、その上で婚約者の為に(^^; 行動を起したヴォルフラム。大分成長してきました〜。役に立ってます、お役に立ってます♪

 ではレースのお話。フォンカーベルニコフ卿アニシナさまが珍しく使える?発明品を持って登場です(笑) 単に偶然かも知れませんけど。ピッカリくんこと、ヒスクライフ氏のお声は大川透さんなのでやっぱり貫禄がありますなぁ。その自信の元もさり気無くフォローされており役者やの〜〜。にもまして歓楽地に相応しいかどうかはともかくレースの掛けで決めてしまおうとは、みんなギャンブラーでございます。

 地獄極楽ゴアラって何食ってるんだ普通? 肉食って言ってたけど(^^;
 まさかライアンケイジのラヴラヴカップルがここまでお話に絡み続けるとは思いもしなかった私ですが、種族どころか色々と飛び越えまくりな彼等には今回もお疲れさま、食われなくてよかったよ、と。

 もしかしなくても重要なのは渋谷有利魔王陛下が自分の意思で意思も残しつつ力を振るった事でしょうね。本格的に眞王に次ぐ、いや眞王を継ぐだけの人材なのかも知れません。アニシナに気合入れて貰うやり取りは中々良かったです。そうこちらも珍しくアニシナが役に立っていると言うよりも、迷惑を掛けていません。今回は本当に新たな展開だらけでございまして、纏めて頂いておるのですが。

 どうにもこうにも来週の話に心は飛んでいる訳でして。「許されざる者」とは一体誰の事でしょうか?
 ゲーゲンヒューバーウェラー卿コンラートも。そう何だか気になって気になって、録画を失敗し無いようにもうセットしておいた。けれど何かニュースが入って過去のプラネテスのような事が起こらないとも限らない。う〜〜ん長めに取っとくか。

NHKアニメワールド:今日からマ王!
まるマ公式サイト:眞魔国王立広報室−しんまこくおうりつこうほうしつ−  #今日からマ王_23
今日からマ王!関連過去記事(感想)の検索はコチラです。
posted by みやびあきら at 19:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送継続中4クール以上アニメ旧クール感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック