2004年03月26日

ヘラクレスと北欧の神々の戦争

ヘラクレスがロキのラグナロクを引き起こす為の罠に嵌ります。
雷神となるべくスカウトされヴァルハラ行き。
フィルが最初反対しつつもロキのヴァルキュリアが〜。
ピチピチお姉さん達がいるとロキに吹き込まれ陥落。
軽妙なやり取りです♪

オーディンの息子トールとヘラクレスが雷神の座を賭け闘いますが。
ロキの干渉でヘラクレスの勝ち。
あら〜、いよいよラグナロクが〜〜〜。
そんな話でした。

フィル役の永井一郎さんが毎回軽快な演技を聞かせてくれるのですが。
今回は飲むと話す言葉が「詩」になってしまう飲み物を飲んで。
ひたすら詩ってるシーンが妙に面白かったです。
後、ロキさま大暴れ。
フェンリルや巨人を引き連れ戦争でございます。
ヘルメスもどきやモイラもどきが出てきましたが。キャスト違いましたかねヘルもど。
あ、これはソラミミの話だ。イカロスは出ませんがいた?
posted by みやびあきら at 20:08| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 声優サイド・外画・外アニetc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラグナロクは、そんな軟な戦いではありません。
ほかにも
ガルム・ヨルムガンド・ムスッペル・ヘイムダル
フェンリル・ヴァルキリー・ヴィザール
フレイヤなど様々な悪魔・堕天使・神などが様々な戦いを見せた最後の<神の戦争>ラグナロク
Posted by アザトース at 2008年06月07日 15:27
アザトースさんへ。

大変お返事が遅れまして申し訳ございません。
この作品はディズニー作品としてもかなり子供向けの内容となっておりまして。
とってもやわらかい内容となっておりましたですよ。
Posted by みやびあきら at 2008年07月20日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック