2005年10月19日

BLOOD+ 第1話「ファーストキス」第2話「魔法の言葉」

 ←ふむ、音声記事にする時の自動音声化に関して…… 次回は修正できるかな。

 非常に感想が書きづらいアニメな気がします。事前の特番を見て、第1話を見た段階で感想を書けばよかったのですが、2話を見てしまってちょっと難しいなぁ、と。これはやはり竹田プロデューサーの意図するものが大きいのでしょうか? インタビューなどから察するとその傾向が強いように感じます。でも戦争を描かずに戦争を描くとかみたいな? 戦争に関することならばちゃんと種と種死で訴えれば、視聴者層的にも良かった気がするんですが……

 舞台は沖縄。沖縄に1年数ヶ月住んでいた事がある身からすると米軍キャンプだらけの沖縄は本当に立地的に良い場所は米軍の軍用地なんですよね。元々日本軍の敷地を接収した+民間用地を更に接収した上での状況。あのずーっと続くフェンスというのは子供心にもはっきりと刻み込まれています。

 そうえいば台詞上で「ベース」とか言ってましたが、地元的には「キャンプ」ですよね。まぁベース=基地でも良いんですが、米軍キャンプのほうが馴染んでます。でもベースでいいかあの場合は(よくわからん)嘉手納基地はとにかくでっかく極東地域最大の飛行場、空軍施設を持ってます。自分が住んでいたのは宜野湾なんで普天間基地が近かったのですが、ええと軍用機の騒音は半端じゃないですよ、ほんと。それでもそれで暮らしている人が多いのも現実だし、朝鮮戦争の戦争特需、下ってベトナム戦争。日本経済の復興、高度成長に米軍の戦争を抜きにしては語れない。冷戦期もだからこその現地雇用創出……

 パトレイバーの映画の第2弾で言ってた通り、沖縄も日本も戦争の後衛、最後衛であっても戦争地域なんだよね。

 翼手に関しての今回の扱いはどうなるのか? 映画は横田基地限定でありましたが(個人的には厚木基地が舞台になってもおかしくないよなぁ、等と思いました神奈川県大和市にも住んでた管理人)本作はベトナム→沖縄全体? 那覇を中心に今後は米軍キャンプ内…… 取材させて貰えるのかな? 演習地なんかも出てきそうですが、現在最初の戦いとなったの学校だし。

 第1話見て神崎将臣作品が幾つか頭を過ぎった。ゼノンもそうだけど鋼の第1巻かなぁ、実は何となく本放送前に一巻を読んだんだけど…… BLOOD+も辛い話になりそうな気がしてきた……

 まだ謎が多く、米軍の中に翼手を研究し多分軍事利用しようとしている組織がある(政府の別組織で軍にも影響力があるってのかも)また、小夜を保護し経過を観察し、前述の組織の動きに対抗しようとしているっぽいグループも? あるのかな。

 翼手を倒すのに大量に血を流させる方法から、小夜を持って滅するような感じになってるのか。ギミック的に刀とその血を流し込む溝などなど、アイデア的にもデザイン的にも秀逸だと思います。より血を見せる、使う。結果として流されるんでしょうがBLOOD+のブラッドの意味合いを強めている感じです。

 ところで実際に米軍兵士が連続殺人を行った場合の沖縄での反響はもっと大きく描くべきだとは思います。本土、内地で取り上げられない時代であっても沖縄内ではあんな程度じゃないと思うんですよ。勿論真相は翼手関連を隠す為に偽装工作なんですが、そうであってもです。後、海辺の岩場とかイイ感じだと思いますが、沖縄で日が暮れるって相当遅い時間ですよ。こっちの夜が向こうでは夕方ですからその辺り時間的なギャップもあるでしょうし、季節によってはあの暗さだと7時どころか8時とか、30分でって時間の経過ではなかったです。

 この辺は重箱の隅なんですけど、時間、日の出日の入りは慎重に描かないと勿体無いです。そりゃあ海辺の岩場にガンガゼがわらわらいるとかまで描くとすんごいけど(ウニの一種で毒持ちで長い針を持ってます)

 まだ始まったばかりですから、長い目で見ていきますがエウレカセブンとBLOOD+が放送中の竹田P作品。共通した部分がありながらも、そのメッセージ性の部分は受け入れてもらえるんでしょうか気になります。受け止めてもそれを是とするか非とするかは視聴者しだいなんですけど。……やっぱり感想になってないや。

 TV Series Animation - BLOOD+(ブラッドプラス)- 公式ウェブサイト 「BLOOD+」インターネットでもBLOOD+を楽しもう!! BLOOD+(MBS)#BLOOD+_01_02

 P.S.声優陣は良い感じです。OPはノーコメント。EDは元ちとせはともかくとしてまだリハビリ中って感じでしょうか。キャラデザは内容が内容だけに、このデザインラインであるんだと感じました。

アマゾン アニメDVD は行 ふ TOP10への個別リンク

←↑気になった名前はコピペして検索。
posted by みやびあきら at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:BLOOD+ (ブラッド・プラス)/第2話「魔法の言葉」
Excerpt: 品質評価 26 / 萌え評価 17 / 燃え評価 48 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 22 / お色気評価 33 / 総合評価 33<br>レビュー数 103 件 <br> <br> 学校・生物教室。小夜に襲い掛かる..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-17 17:13