2004年10月27日

今日からマ王! 第25話「過去と未来」

 第二十五話「過去と未来」でございます。サブタイトルと内容がちゃんと一致していたと感じましたねぇ(細部への細かいツッコミはしませんよ)

 前回、傷ついた体で再び有利を襲い、因縁の相手ウェラー卿コンラート(コンラッド)と再度剣を交える事となったグリーセラ卿ゲーゲンヒューバー(ヒューブ)途中で自分が2度も襲った相手が現魔王陛下で在る事に気付き、更に自分が償いようの無い罪を背負ってしまったと感じます。そこにフォンヴォルテール卿グウェンダルフォンクライスト卿ギュンターフォンビレーフェルト卿ヴォルフラムが駆け付けてヒューブを処断しようとします(今回は気合入れてフルネームを覚える気です、管理人が ^^;)
 有利が止めますが、そのままグウェンダルヒューブを斬ろうとした時にヒューブの子をお腹に宿したニコラさんが間に割って入ります。そして逃げ出す二人……

 その後のやり取りも含めて、有利を信じる皆は本当に優しい人ばかりだと気付かされます。作画も良好でお話に入り込めたのではないでしょうか?

 結果上手く収まって、ヒューブは生きて魔王陛下に恩を返し、ニコラと生まれた子供達の為にも生き続ける事でしょうしネ。
 その後にはグレタが滅びた国の王女であったとか、有利の正式な養女としての手続きとお披露目をする話になったり。
 問題が多いと諌めるギュンターをさり気無く懐柔するコンラッドや、御願いする陛下に‘’を感じまくって己の世界で昇華していくギュンターは見ものでした(^^) 勿論、有利が父親になるなら婚約者である自分も父親になるんだからと力の入るヴォルフラムもこれまたちゃんとグレタの事を考えている訳ですから。何だか上手く纏まってしまいましたね。

 グウェンダルコンラッドの心の奥底には未だ燻る何かを感じますが(コンラッドは見せませんけど、それを)

 建設中のボールパーク(野球場)、球団のオーナー?になった渋谷有利魔王陛下。でも二つの世界両方に故郷を持つ意味を噛み締めていたら…… 元の世界、地球へ久し振りに帰ってしまいましたとさ。忘れてたけど村田健と二人でイルカショー見ててショーに参加したところを流されたんでしたねぇ。いや、本当に忘れていました(苦笑)

 そ〜して来週は久し振りに渋谷美子ママの登場と、戦争で亡くなってしまった眞魔国三大魔女の一人であった‘白のジュリア’ことフォンウィンコット卿スザナ・ジュリアさまのお話ですよね!?

 名前合ってますよね? 一応フォンが付いているのが十貴族なんだよなぁ〜と確認しつつ。
 コンラッドに今有利がしているペンダントを渡した女性であり、彼に言わせれば‘同士’と言いつつも視聴者からすると、好きだったんだろうな彼女のことを。と思わせてしまう雰囲気がず〜っと気になり続けた数ヶ月。おいら来週が色んな意味で楽しみさぁ〜〜〜!!

 録画失敗しないように細心の注意を払っておこう。万が一時間がずれても大丈夫なようにマージン多めに取っときます。
 待ってるよ、次回!!

NHKアニメワールド:今日からマ王!
まるマ公式サイト:眞魔国王立広報室−しんまこくおうりつこうほうしつ−  #今日からマ王_25
今日からマ王!関連過去記事(感想)の検索はコチラです。

 原画なんですけど、この間の「魔法少女リリカルなのは」でもお名前を見受けましたが。楽画喜堂の‘なるせひろのり’さんのお名前を確認。おおぉ!どのカットだったのかと思いましたが、そりゃ分かりません私のスキルじゃ(^^;
posted by みやびあきら at 05:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送継続中4クール以上アニメ旧クール感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック