2005年11月10日

灼眼のシャナ 第6話「交錯・発動・対決」

←トーチってやっぱり悲しい炎だな。……音声記事です。

 灼眼のシャナ 第6話「交錯・発動・対決」
 この間の坂井悠二屍拾いラミーと邂逅し、会話したおかげで物語が一気に引き締まったきがしたんですけど、今回の話を見る限りそれは正しかったように思えます。

 ラミーから「ただのトーチにしか見えない」と言われた坂井悠二がこれからどうするのか? これまではシャナと名付け、そこから変わり始めはしたものの、運命を切り開く力や決意にまだまだ揺らぎが見え。まさにトーチの焔が揺らぐように揺れ動いていたのが、フリアグネの恐ろしい計画(都喰らい?)を知り、母親や多くの街の人、そしてシャナや自分自身のことを考え、思い。ただのトーチではなく坂井悠二として何をし、その存在を顕す事が出来るのか。

 主人公サイドからみると一つの大きなターニングポイントを回り込みきれた回であったのではないでしょうか。

 逆に退場と相成ったフリアグネマリアンヌ。計画を性急に運びすぎて…… そう無茶をしたんですが結果として計画は失敗。しかも次は無く倒されてしまったのは…… 計画に齟齬を来たす要因が加わったとはいえあまりに稚拙な最後はちょっと可哀想なくらいに雑魚キャラになってしまった感じがしました。勿体無かったですよね、これは。

 そうであってもシャナはその魅力を存分に発揮し始めている(釘宮理恵をキャスティングしたことは本当にGJ!&釘宮さんGJ!)悠二指輪に吸われて?(吸ったのは銃でしたね、引き金を引かなかった事がプラスになるってことでしょうか?)薄くなってしまいましたが、反比例して存在感を強めましたし(指輪は手に入れたんで吸われた分は戻るんですかね、今度)ラミーも清川元夢さんですから巧すぎ。こんな害の無い?逆に悠二の力にさえなった彼を闇雲に追い掛けるマージョリー・ドーはよく分らない。本来は好きなタイプのキャラだと思うんですが、今は「ただのおかしなおばさんにしか見えない」……マルコシアスも含めて浮いてる感じがする。

 これで一つの山を越えたのですが、これからまた新たな敵が出てくるとして「本当にいいのか、今のままの君で」の言葉を受け、ただのトーチでは終わらないだろう坂井悠二の成長に期待したいと思います。

 追記&補足:第7話を見て「あれ?」って感じたんですよ。何か飛ばしたっけ? 思わず確認の為に見直すと…… 私、僅かの間眠ったかして意識が飛んでたみたいです。悠二の宝具がそんなスゴイ、ある意味不死じゃん! なものが分るシーン寝てましたね多分。あれぇ、EDと予告の時は起きてたのに…… ぎゃふん!

 P.S.フリアグネマリアンヌの愛の深さには敬意を表したいと思います。

「灼眼のシャナ」OPテーマ 緋色(ひしょく)の空(初回限定盤)  夜明け生まれ来る少女 ←OP ED テーマソング(AA)
 灼眼のシャナ公式HP 灼眼のシャナ特設サイト #灼眼のシャナ_06

アマゾン 新書・文庫 TOP10への個別リンク

 いとうのいぢコレクション(BOX) いとうのいぢコレクションBOX(AA)
posted by みやびあきら at 19:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
指輪は「火除けの指輪」と言う、文字通り炎の攻撃は無効ってだけのアイテムで、悠二のトーチの炎が燃え上がったのは悠二の中にあるアイテムのおかげですよ。指輪は関係ないです。
Posted by at 2005年11月10日 17:17
そうすると吸われて薄くなったままなのか、別の何かがあるってことでしょうか?
後、吸ったのは銃でしたね撃つ為に。
合わせて訂正しておきました、情報ありがとうございました。

とりあえず本編の放送を待つことに致します。
Posted by みやびあきら at 2005年11月10日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

灼眼のシャナ 第6話「交錯・発動・対決」
Excerpt: げ、チャンネル間違えててアバン見逃したし;あーもー散々だな(泣)いーもん、OP買うもん。そんなこんなでリアルタイム感想でござるよ☆ さてさて公式HPを開いて確認しながら見ねば。ミステスを破壊ってこと..
Weblog:  はちみつ水。
Tracked: 2005-11-15 05:01