2005年11月10日

ARIA The ANIMATION 第5話「その あるはずのない島へ…」

 第5話「その あるはずのない島へ・・・」

 記事を未公開のままにしてた…… まぁ大した内容じゃないんですけど上げ直し。
 所謂水着回でありながら、えっちぃ事も無く。普通に少女達が特訓をし、また南の島でのバカンスを楽しむお話し。普通なんだけど普通ではないところがミソ。

 灯里の元に届いた謎の招待状。そこに書かれた招待場所は謎の無人島でありまして…… 着いたわ良いけど道に迷う灯里。水先案内人としてどうかと思うが、陸上ではダメでも水上ならOKってことにしといてあげましょう(^^;) 藍華アリスも招かれたこの島に待っていたものは……

 アリシアさんとさんであり、体力勝負の特訓が待っていて(笑) まぁ私は晃さんのこのノリが好きなんで。いや、私は初代ときめきで清川さんNo,1な人ですし、男っぽい娘こそ女性的である。ちゅうかそこにしびれるあこがれる!? こういったお嬢さんこそ好きなんで……(以下省略)まぁビシバシ鍛えてあげちゃってくださいませ。

 丸太船にもちゃんとセンターボードじゃないけど安定翼みたいなのが付いてましたし、テントやその他の資材からいっていつからかは分りませんが、特訓の場であったのは間違い無さそうです。そして午後からは自由時間でレッツバカンス、バケーション! 水着の少女達が遊びまくる素敵タイムに! でもステキの意味合いが本当に違ってスタッフは流石ですよね。この作品の世界観を逸脱する事無く見せきっちゃうなんて。他作品じゃサービス回とかでいつもとイメージが大きく変わる事が少なくないのに、このいつもの品質なんですから。

 最後は灯里が遊んでいる最中になくしたリボンと昔、幼い頃に同じようになくしたリボンのお話しを絡めて、ささやか奇跡と穏やかな涙を誘います。上手いね、海よありがとう、波間の奇跡よありがとう!ですよ。個人的には惑星改造からこれだけの期間でこれほどまでにこの星の姿を造り上げた人々の努力に感謝。これもまた奇跡なまでに凄い自然じゃないけど自然になってます。海の美しさがこの星の人々の心の美しさに繋がっているんじゃないかとか思いながら、感動を今日も。

ARIA The ANIMATION Navigation.1 DVD1  TVアニメーション「ARIA the ANIMATION」スターターブック スターターブック  ウンディーネ OPテーマ  Rainbow EDテーマ (AA)
ARIA The ANIMATION Drama CDI BLUE
ARIA The ANIMATION Drama CDI BLUE
ARIA The ANIMATION Drama CD II RED
ARIA The ANIMATION Drama CD II RED

 TVアニメーション「ARIA The ANIMATION」公式サイト TV東京・Anime X-press ARIA The ANIMATION #ARIA_05 第1話第2話第3話・第4話の感想。 ARIA The ANIMATION(AA)

アマゾン 青年コミック TOP10への個別リンク(ブレイドコミックス含む)

posted by みやびあきら at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2005冬頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ARIA The ANIMATION
Excerpt: 第5話 その あるはずのない島へ ぷいぷい、ぷいにゅう??!!!(アラアラ) とい
Weblog: 好きなものを好きと言える幸福
Tracked: 2005-11-13 02:52