2005年11月18日

ガイキング 第1話「大空魔竜が来た」

 サイキックラバーのOPは正統派でOK!! 音声記事です。

 過去の「大空魔竜ガイキング」はかろうじて覚えているかな? ストーリーなんかはさっぱりだが、主題歌やメカ関係は印象に残っている。まぁスパロボに参戦した分サポートロボの印象も強かったりするけど(小隊の隙間に入れるんだな)

 しかしこの時代にこのテイストのアニメを見ることが出来るとはある意味で新鮮、ある意味でなんでまた? 東映アニメーションで青二プロのキャスティング協力なら基本的なテイストは昔から変わらない路線のままではある。ツワブキ・ダイヤ(CV:田中真弓)を見ていると、この辺は東映アニメと三条陸さんの路線なのかもしれない。巨大ロボットものに未来少年コナン?

 で、ガイキングのデザインが昔懐かしい超合金のおもちゃのデザインを踏襲していてちょっと嬉しいような恥ずかしいような。足の裏とか見るとね、なんかああ玩具でないの男玩展開は? しかし受けるのか今の子供たちに受けるのか心配になるのであった。

 ヒロインのルル(CV:川上とも子)のデザインは結構好きかも。そしてレギュラーが途切れること無いことで有名なとも蔵さん来てます、流石です。メカ作画監督の渡部圭祐さんはメカも人物も両方いける方ですので安心して今回も見られました。やっぱりロボットアクションこそがキモであろう作品ですから、その点に一番期待しつつ来週も見ます。正直まだ何を書いてよいか見極め中ってとこでしょうか(^^;)

 東映アニメーション/ガイキング ガイキング(テレビ朝日) #ガイキング_01

posted by みやびあきら at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック