2004年06月02日

花右京メイド隊 La Verite 第9話「初めてのデート」

マリエルの封鎖されていたデータをこじ開ける事に成功した際に画面に映ったスペックでも書かれていそうなのものは何!?
マリエルって人造メイドなんですか?少なくとも意識のコントロールはされていそう… なのかよ…

太郎はマリエルにべた惚れなんだなぁ、本当に。
剣コノヱさんこそが最高の女性と信じてやまない俺からすると止めておけ。お願いだからコノヱさんを幸せにしてやってくれと太郎に言いたいよ。

花右京メイド隊を見ていて乗り切れない部分があるとすれば、太郎のマリエルへの気持ちや関係ですね、どうしても。

イクヨッシーの声は有島モユさん本人でしょうか?ちょっとツボに入りました。
イクヨちゃんは恋愛に関係の無いところに立っているので、番組内自由度が高く見ていてほっとします。
リュウカさんも凄いよな、根っから色物に染まった感じです。空飛んでるし!

デートの池袋は久しく下車していないのですが(通過駅扱い)どこかよく分ったので是非コノヱさんとデートを……

リュウカの無視っぷりは酷過ぎ。マリエルよりも良い娘なのにね、可哀想だよ。
あそこでマリエルに太郎を託すということは、念願・悲願の慈悲王家の家督を受け継ぐことよりも、太郎の気持ちを大切にした。
それはそれはとてつもないことを決断した瞬間だった訳ですよ。

リュウカさんこそは次期慈悲王家当主に相応しいですよ(この辺の心の在り様。心が成長する事を現当主は狙ってますか?)

さてマリエルがインプットされた命令と矛盾する現在の二律背反な状況に壊れてしまったようです。
実は単純な反射行動であったために今までは致命的な問題が生じませんでしたが限界のようです。

そして次回予告はどう見ても襲撃されていますか?殺戮劇の幕開け?グランギニョル開演ですか!?

ヤバ!狙いは太郎か壊れたマリエルの回収か?はたまた両方、別目的も見え隠れする中ハードの展開の中で花右京太郎を巡るメイドたちの戦いの火蓋が切って落とされそうです…

「花右京メイド隊 La Verite」公式ホームページ
posted by みやびあきら at 18:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月01日

神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON 第21話「ゴーダンナー出動禁止命令!」

感想を書くの忘れてました…
静流さんが元気で普通の人間に戻れるのならそれで良いですね。

ストーリーに関しては省きます。
擬態獣のネーミングの謎の一端が語られたウイルスが脊髄などの神経組織に擬態している話でしたか。
これが真実ならばコミッショナーズは前回の戦い以前から知っていた訳ですよね擬態の意味を。

でもウイルスが擬態するって意味が分かりません。
なので好意的に解釈すれば、おそらくはウイルス進化論を元に話しを進める気なのではないでしょうか?
人類を始めとする生物の進化の過程においてRNAウイルスが細胞に入りこみ転写する過程でのランダムなエラーが生命の突然変異。進化をもたらした… そんな説です。

なのでウイルスが擬態しているというのはおかしな話で、ウイルスが侵入して増殖する際に元の細胞が変質したと考えるほうが正確なのではないでしょうか?

脳を始めとする重要な部分が、元の性質は持ちつつも全く新たな機能を手に入れたことが今までの事件の真相であった… とか?

ああやっぱりウイルスが擬態するって言い方は変ですよ。

そしての恋人か奥さんかは分かりませんが、予告でもメインだった女性は過去の戦いにおいて擬態獣に取りこまれているようですね、機体ごと。
だから剣は死に物狂いで追い掛けている訳ですか…
取りこまれてからの時間の経過が分かりませんが、体中の変異が終わっていれば、ミラのように別の生命体!?
(そうか、あれは人ではあるけど別の存在に変質してるんだなぁ、おそらく)になっている可能性もありますが。
細胞の入れ替わりが済んでいないと悲惨な結果になりそうですね…

…するとまだ生命活動が停止してから間も無い段階(死んだ細胞組織が少ない?)でミラから感染させられた静流さんは!?
ゴオはどうでも良いんで静流さんを幸せにしてやって下さい。
光司も馬鹿なりに活躍させてやって下さい。

P.S.シャドウ生きてたんかい!! …でローザは皆川純子さんだったのね、ぎゃふん。

神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON #神魂合体ゴーダンナー!!
posted by みやびあきら at 03:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月31日

美鳥の日々 第9話(DAYS 9)「タッキー no 日々」

先週が頭をフル活動させる内容だった分、今週は特に重要なエピソードでも無かった?とか??

可愛い美鳥ちゃんを見て(クリップで髪をとめてるとか)満足した後は、新キャラの女の子でチャージ?する回でしょうか?
でも話が読め過ぎました… ですね、見ていて(^^;

二人の間に進展があった訳でもないですし…
あ、一応会場での神発言はありましたが視聴者としても分かっていた事を再確認出来たくらいの意味。
それでも美鳥には大勢の人の前で言い切って貰えた事は大きかったですね♪
美鳥ちゃんは幸せかんじてますな〜。

なので、先週の考察を纏め直す為に妹さまに自分の考えを伝える。
やっぱり異質かな俺の考えは(爆)
妹さまもそうは考えておられなかったようだが、力を入れて語りました。
結果、もしそうならばと言う前提で話し合い貴重なお言葉を貰う「それならフロイト1/2でしょ」と。
なので川原泉さんの「フロイト1/2」を妹さまの部屋から引き摺りだし数年振りに読む。
で、涙ぐむ。で、で、自室に持ちかえり今度は泣く。泣いた。過去にも涙したが今でも泣けるよこのマンガ。

一つの夢を二人で共有する事を考えるに良いテクストですわ、これ。

TVアニメーション 美鳥の日々
posted by みやびあきら at 02:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月27日

陸奥圓明流外伝 修羅の刻 第8話「天斗と圓」

第二部 寛永御前試合編スタート!

ああ鈴木真仁さんですか、上手くなっていない所がたまりませんが。
心太(剣心の子供時代)とかは良かったですよね。妹さまもこの間アニマックスで放送していた某ミュージカルでは悪くなかったと申されております。

話を戻して本編。
おもいっきり原作を既読ですので、正体も今後の関係・展開も知った上で見ての感想となりますが。

例のシーンはテレ東規制で表現出来るのか? いや出来ないので別のものに挿げ替えられてしまいそうで怖いです。
が女の子であること象徴する意味もあるんですけど… 駄目だったら恨むぅ〜。

柳生が今回も雑魚臭を振りまいておりますが柳生十兵衛さえ出てくれば柳生も悪くないですよ。
本当に死闘が待っているはずですから(臭わせてはくれるよな?)

天斗の正体はまだ明かされてはいませんが、バレバレですね(^^;
作品中で正式に明かされた時に色々書いてみますので、今は内緒。
でも時間掛かるんだよな、きっと。

TV東京・Anime X-press 陸奥圓明流外伝 修羅の刻
posted by みやびあきら at 13:08| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月26日

花右京メイド隊 La Verite 第8話「スポーツカーの女」

G.W.中に鎌倉に出かけたばかりなのでより楽しめた我が兄妹です。

最初の方に少し出てきた花右京北斎(セリフはあったね)と彼に従っていたキャラが僅かに描かれていた事があったが、先週の話以降ついに芽が出てきたのね。

本来、国道134号線は交通量が多いですので既に彼女達によって交通規制が行われていたほど用意周到な太郎への接触計画であったのか。メモルへの攻撃も含めてですが、前回のマリエルのトリップ?何かに取り憑かれたかのような状態に接した事により。
太郎が鎌倉へ一人で来るだろう事、どこの駅で降りるかも調査済みと言うことは……

太郎やその両親の過去から現在到るまでの情報を所持しており。マリエルの封鎖された情報も含めると、圧倒的にコノヱさまやグレースよりも有利な所で行動している(あえてこの表現を使います)側は脅威としか言いようが無い。
狙いは太郎ですね、どう見ても。
う〜ん、マリエル自体が既にトラップであったとすれば、あの地下の家の建設時期からみても太郎が生まれる前?とかからの計画か?

何の為にでしょうね。分りませんよ!

登場したコノヱさんの義姉。剣コノヱの名前を与え、育て上げた最強の女でしょうね。
う〜むこの辺りの難しい話は次回以降に回し。萌えコノヱ隊長の話でも♪

早苗八島の気持ちが心底分るほどにコノヱさんは魅力的だ!マリエルと比べるほうが間違ってるぜ!!
太郎はおこちゃまだな!まぁ、マリエルと言う人間が太郎へ対する罠ならば嵌っても仕方が無いかも知れんが。

コノヱさん激ラヴ!!

俺と八島は同類だ。着替えを借りに来たのは、まだ八島が警備部の制服を持っているからそれを借りに来たのかと思いましたが。
どうでも良いです!最高です!「良くやったな八島」(脳内隊長声)

そして八島にも気付かれるコノヱさんの真の思い…
お〜い、マリエルなんて止めておけ。前シリーズでも感じたがやぱり剣コノヱさまが最高です!!

でも報われないのね。これから起こるであろう戦いでコノヱさまが酷い目に合わない事を切に願います。
だって一騎討ちとかありそうなんだもの!!

「花右京メイド隊 La Verite」公式ホームページ

追伸:Aパートラスト前の僅かなセリフで妹さまは即、山口由里子さんと判断したが。
俺は、ぼーっとしてて一部を聞き逃してしまい、聞き分け対決で破れました…
妹さま曰く「私の方が最近、山口由里子さんの声を聴いてるから」と。
我が兄妹は常に聞こえてくる声に対し聞き分ける能力を切磋琢磨しあっておりますが。
昔は圧倒的に私が勝っていましたが、手を広げすぎて最近は破れることしばしば…
女性声優で敗れるとはかなりショックだ… 今度からは聞き逃さん!!
posted by みやびあきら at 20:52| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOVE LOVE? 第4話「九月の空」

LOVE黒ハートLOVE?も一つのクライマックスを迎えましたなぁ。
見ていて、居ても立っても居られなくなってウロウロした。熊みたいに(笑)

落ち着いてから書こうと思いましたが無理みたいなので、見切りで簡単に。

大泉くんは菜摘ちゃんが大好きなので彼女の為にと考え、出番を増やしていますが。
反ってその事が八神菜摘という女優を少女を追い込んでしまっているように思えます。

原作者としての大泉直人。そして普通の青少年としての大泉直人。
大泉くんの行動は比較的分りやすいと思いますが、女の子達の行動は謎が多いです。
今回菜摘直人くんは、いく所まで行ってしまいそうになったのですが。
(据え膳喰わない大泉くんは最高だ!あんた男だよ、素晴らしい!ビバ・オオイズミナオト!!)

何が彼女をそこまで駆り立てたのかが分らない。
やっぱり原作者と知っての行動なのか?まったく違う意味で突き動かされたのだろうか?
う〜ん、分らないです。

ヒットをねらえ!のDVDのCMではお子ちゃまな生田美月の前で獣に成り下がった大泉くんが見られますが一体?
この作品の場合、何処に罠が隠されているのか?見え見えの場合と、きっちり伏せた物がありますので……

あまり悩んでも仕方がないので、次回はみやび期待の星!城ヶ崎ヒカルちゃんのお当番回なので、座して待つのみ!!

***pc-moe.com***
posted by みやびあきら at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぷぎゅる 第7話「保険のせんせいとみんな」

俺の中で「ジャングルはいつもハレのちグゥ」の保険医とこのぷぎゅる保険医は‘’認定。

共通点は人として間違っている。人間としてあまりに酷い人。なので神(邪神でも可)

最初はエロい人かと思っていましたが。ゲログロい人でした(爆)
なんじゃこりゃー!?病人のカナト相手に大立ち回り。
ま○○○に対しては自分の脇に一度挟んだ体温計を口に咥えろと渡すし(あんた何者?)

チェコちゃんに対しては(またセリフが無いよ!)
ヤバイ薬を常用しいるかのように…… キュっキュっ… て、おいマジックで描いてるよ。
チェコちゃんの体でダーツか!? しかも薬の入った注射器でかよ!!

そしてミゾレ巨乳に挟まって程よく冷えた酒で一杯……

ひでぇ〜、キャラだ(褒め言葉)

だがエンディングに待っていたものは、更にヤバイものであった。
出来れば音声付きで見てみたい… いやどうしよう… 嗚呼やっぱり怖いもの見たさで見たいぞ!!

ぷぎゅる公式

妹さまから「あんた山田美穂さんのキャラ(演技)こういうので構わないの!?」と問われる。
兄「いや、別の意味でもっと凄いのを知っているから大丈夫」と。

その後の会話は妹から怒られたのですが… また、別の機会に…
posted by みやびあきら at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇午 -交渉人- 2nd.NEGOTIATION 第7話「ナージェンカのために」

最終回です。2nd.NEGOTIATIONも満足出来ました。続きを作ってほしいと切に願います。

ガラーホワ少将との直接交渉でナージェンカとの直接対面。そしてナージェンカの国外移住許可を勝ち取った勇午。
でも、勇午がただの交渉人では無い事を痛感させるのはこれからです…

むぅ! こ、この展開は!?
驚くほどに綺麗に纏めて終わっています。いや、語ることが少ない、必要無いくらいにすっきりと未来希望を持たせる凄い終わらせ方です。
それまでの展開が展開だっただけに、こんなに綺麗に終わらせる事が一瞬信じられないと感じてしまうほどに、完結してます。

確かに最後のリューバの回復は彼女も超人か!と思わせるほどでしたが。
ロシアの進んだ拷問技術は、そこからの回復する術にも長けていた… と、しておきましょう。
ガラーホワ少将が何らかの形で動いたんでしょうしね。

そしてナージェンカ(ナジェージュダ・イワノーバナ・パヴレツカヤ)の名前に秘められた希望の意味が象徴する通り。
彼女のように心からロシアを祖国を愛する者がいれば、必ずロシアは甦ると確信させます。
確かな信仰心、仮初めの家族であっても愛し愛され。自分の考えを強く持った少女。
あの場で一番光り輝く存在でした。

ガラーホワ少将も祖国を愛する気持ちは誰にも負けないほど強く。ただそれを生かす術を知らなかった、間違っていただけであり。
最後は見事にナージェンカの力を借りた勇午に説得されてしまいます。

今後、ナージェンカはオリガ(その愛した人の面影と意思を強く引き継ぐ少女)と一緒に暮らすようです。
これからのオリガは彼女のような人間を生かすことが出来る未来が来る事を信じて、彼女を守り続けるのでしょう。

あ、もう!どうしましょうか。良作ですよ。
キッズステーションは続編を作らないといけませんよ。でも商業的に厳しそうな現実は感じます…
うあぁ〜、満足度の高い作品でございました! 別府勇午は久しく見ないほどの凄みを見せ付けた主人公でした。
ま、現地の女性を泣かせていそうですが、彼女達の人生を前向きなものに変えてしまっているようなので。
そこは、それ勇午だから許しておこう(笑)

勇午 オフィシャルホームページ
一挙放送とかもあるので、キッズステーションを視聴できる方は是非に!
posted by みやびあきら at 18:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月25日

クロノクルセイド 第22話「さよなら」

ああ私にとってのTVアニメクロノクルセイドサテラが出てきてからが本編だったなぁ、と。
最初こそ見る気漫々だったに、面白くない話しが続いてもう切ろうかと思っていた時期に自分を繋ぎとめてくれたのがサテラでした。

たださえ、最終回に向けて陰鬱なストーリーが続いていて見ていてキツイのですが。
それでも最後まで見届けようと…

でもこの22話でサテラとはさよならでした。
さらばサテラ・ハーベンハイト ありがとう根谷美智子さん。
色々あったけど見続けて良かったと思います。
最後のサテラの演技も唸りました。絶命するサテラはTVでは描けないほどの酷い状態であったはずなのですが。
その過酷な現実中で凛とした姿を見事に演技で感じさせてくれてありがとうございました。

嗚呼でもやはり悲しいよ。悲しいよ。
ロゼットもクロノもあんな状況だし。アイオーンはとにかくとてつもなくどこまでもイヤラシイし。

最後にハッピーエンドが待っているとは思えない状況ですが。
破廉恥極まりない痴れ者のアイオーンを倒さねば何もかもが解決しないお話しなので闘うしかないないのね。
どうにか、世界に平和を齎し下さいませ。

はぁぁ、アイオーンのセリフのイヤラシさは井上和彦さんならではだよな。物凄い武器をお持ちだ…

クロノクルセイド Official Site
追伸:フジテレビは常に最悪です。最低です。
posted by みやびあきら at 04:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月24日

美鳥の日々 第8話(Days 8)「右手 no セイジ」

今回は夢落ちという視聴者からは嫌われる疎まれる。それはもうボロクソに言われる危険性があるなかでの意欲作でした。

今回の夢、美鳥主観(主点)正治主観(主点)で語られるかと思いますが(概ねそうだとは私も思います)
私なりに妹さまの意見も踏まえて以下を書いていきたいと思います。

私が考えるに今回の夢は、どちらかの夢が交互に入れ替わって描かれたのでは、ないのであろうと。
が微妙に入れ替わりながらも(時に従う側からの干渉が主を動かしている)
二人とも今回の全て一緒見ているはずと考えます。

但しなので、細かい所が曖昧になったり。確かに見たはずなのに思い出せない部分もあると思います。

特に正治は全て見ている。少なくともより覚えている部分が多いと判断。
そうだからこそ、最後の目が覚めてからの正治言葉生きてくると思います。
全部見ている場合と片方主観のものしか見ていないのでは正治言葉の重さが明らかに変わってしまうのではないでしょうか?

最初から見ていきますと、美鳥の家ではない、パジャマを普通に着て正治の部屋で目が覚めている時点で夢かな?と感じられます。
どこでどう主従が入れ替わったり、従う側の干渉で夢の中での出来事や流れが変わったのかは(あくまで干渉のため主従逆転には至らない変化など)ゆっくりと見直して頂ければ分ってくるかと思います。
基本的に分岐点に戻ったような所では主従が逆転しているはずです。

(ちなみに正治が岩崎さんの事を覚えていれば… ですが、おそらくは忘れているでしょうね。夢ですから…)

夢の最後に、正治が泣いている美鳥を見て声を掛けるシーン。
夢のクライマックスであり、正治が美鳥の苦悩を僅かながらでも察し(具体的にどうとかまでは思い至ってはいないはず)ての行動です。
その後の美鳥ちゃんが岩崎さんを追いかけてどうなったのかは分りません。
もしかしたら本当は夢の続きがあったのかも知れませんが。美鳥が主の夢に従の正治が強く干渉した為に主従のバランスがなくなり。対等になった為にそれぞれの別の夢になってしまう。だから目が覚めたのかも、知れません。

上手く纏められなくてすみません。
ここで一緒に見ていた妹さまが大変に良いことをおっしゃいましたので、その辺りを書いてみます。
(ちなみにかなり良い話だったのに纏められない兄を許して)

それでは追記。

妹さまにとって一番重要と思えたところは盗撮野郎のシーンだそうな。

それまでも右手である事の大変さを感じて始めてはいたが、正治にとって一番辛かったのはここでの事。
つまり、自分自身で美鳥を助けたいのに何も出来ない自分がそこにいることを思い知らされたから。との事。

右手でいる事の辛さは、大切な存在と思い始めている美鳥の危機に対し正治としては自分自身助けたい
しかしここで自分がでしゃばれば美鳥自身に危険が及ぶ。だがそれでもこんな破廉恥な行為は許して置けない。
どうすれば良いのか、正治心の葛藤が強く描かれていました。

その葛藤による苦しみから抜け出す為に意識が無意識に助けを求めた結果、夢の中ですので都合よく高見沢が現れて美鳥の危機救います。助けた後に高見沢は緊張の糸が切れて腰を抜かしていますが、この高見沢は完全に夢の中の登場人物ですので、正治の考える高見沢像。なんだかんだで良い奴というイメージからきていますが、おそらく助かったぁ〜と思い気が抜けた正治自身を表していると思われます。

(ちなみにこの辺りの夢は美鳥の干渉は正治へのコスプレ方向に振られていて微妙に見ている所が違う夢になっているように思えます。なので覚えていないでしょうねほとんど…)

正治の無意識の願望に付いては省略

ここでの正治の無力感葛藤があってこそ、その後の夢の中や起きてからの正治の行動・言動に大きな意味が持たされる訳です。
  〜中略〜 (纏まりません(T-T))
何かをしてやりたいのに出来ない事の辛さや悲しみを感じられたかは今後の正治に注目していくしかないです。

所謂夢落ちが嫌われる原因としては、一人の勝手な妄想で済まされてしまう事に対し、その自分勝手さやご都合主義に批判が集まる事が多いのではないでしょうか?
例は悪いのですが種の最後、キラが死んだフレイの幻像を見、言葉を手前勝手に聞いて自分を許しちゃって自己完結してるシーン等は非難の対象になっているのではないでしょうか?

ビューティフル・ドリーマーのように一人の(ラム)夢に他の登場人物が入りこんでしまうような物は巧みに夢落ちを見せていますし。
今回の美鳥の日々においても、もしこれが一方的にどちらかが別々に見た夢としてしまうと。
お互いに都合の良いイメージを持たせ役割を演じさせているだけで、何ら悪い意味での夢落ち話しと変わりありません。
単に別々の夢を入れ替わり見せられているだけです。

しかし、一人で見た夢ではなく「二人で見た夢」であれば、こと夢の中での美鳥と正治の事に関して、全てが互いの考える都合通りにはいきません。お互いの考えていることや感じている事が複雑に絡み合い、二人で一つの夢を紡いでいると。
だから上手くいかない、収拾が付き難い展開になり糸が絡まるともう一度紡ぎ直すために主と従が入れ替わり、夢の続きを見ていた。

どうしてこういった風に考えるかと言うと。特に夢のラスト。正治が美鳥を促すシーン!(ここがクライマックス)
ここを美鳥が見ている夢としてしまうと、この正治の言葉は美鳥が都合よく正治に言わせたものになってしまいます。
でもあのシーンはどう見ても正治自身の言葉。正治の美鳥への思いが表されているようにしか見えません。

某店内で美鳥を助ける事が出来なった正治。でも今の正治には美鳥を励まし美鳥を言葉で助ける事が出来るのです。
右手である事により出来る事は限られてしまいます、でも新たに出来る事も生まれています。
難しい事案が対立して発生した場合、全ての結果を得る事は出来ません。でも今、美鳥の為に出来る事を正治自身が出来る事に気付きやってのけたシーンのはずです。

誰かが誰かに自分自身のイメージで語らせる言葉と、きちんとその人本人が語った言葉とでは意味が全く違います。

だからこそ今回の話しは夢落ちでありながら多くの夢オチとは一線を画しているはずです。
だって本当に二人で見た夢なんですもの。

最後は途中でも書きましたが、美鳥が主の夢に強く正治が干渉してきた為に続きを見る事無く?ここで目が覚めます。
そうですよね、二人同時に見ていた夢だからこそ同時に目が覚めたのでしょう。

そして夢から覚めた正治の言葉に繋がって……

お詫び:妹さまはコンパクトに考えを述べておられましたが(もっと良い事を言っていました)
ですが、私コンパクトでインパクトのある文章を昔から心がけてはいるのですが。
ここの所の妄想暴走モードで話しを聞いている最中に頭の中で勝手に話しを膨らませてしまい、この惨状です。

無駄に長いですが、皆様に上手く咀嚼して頂ければ幸いです。
最後に妹さまの一言「あんた 何 美鳥の日々にはまってんのよ」だって‘良い’んだもの抵抗しようがないのですよ!!
TVアニメーション 美鳥の日々
P.S.誤字・脱字や訂正などはおいおい。今は鯖が重いです。

以下、追記分。
ありがたい事にトラックバックを頂戴致しました。
色々悩まれてらっしゃるようですね。確かにその考え方だと整合性の問題や矛盾点などが気になると思われます。

ちなみに私の考えは更に進んでおりまして、恐らくは皆様のお悩みになられている事は突き抜けてしまっております。
時間があれば、更に見なおして纏め直せればと考えております。
posted by みやびあきら at 16:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOVE LOVE? 第3話「校庭にいない八月」

LOVE黒ハートLOVE?第3話ですよ〜。実は感想を書こうとして色々悩みどころが……
一体誰が本当に大泉直人のことが好きなのか?という事が分らない。

前回は、
>★桂木洋子(どう考えても演技。恐るべき密着攻撃で性少年の脳を溶かすスカーレットお姉さま)
>★今村さやか(最初に秘密を握ったのか?菜摘への思いを知りつつ奪い取る気持ちがいつしか……だと良いな)
>★早坂みく(小学生なんで単に面白がって原作者をからかってる?)
>★☆城ヶ崎ヒカル(ある意味一番恐ろしい気もするダークホース。秘密を知っている可能性が高いが、アプローチの仕方がスロースターター。単にみやびの趣味!?)
>☆★八神菜摘(彼女まで大泉くんを原作者と知っていて利用してたりすると流石にショックだしな…)
と、書きましたが。どうも違うなぁ〜、違ってきたな、と。

今ならばこうかな?
★★桂木洋子(完全に黒、真っ黒で大泉君を篭絡させる気満々)
☆!(★)今村さやか(最初は利用する気持ち有り。菜摘への思いをからかっていたようだが、もしかして本気になりつつある!?)
☆★?早坂みく(小学生でありながらマニアな娘さん。普通に大泉と話が合う、お兄ちゃんになら本当の自分でいられる… のかな?)
☆★?城ヶ崎ヒカル(どうにもキャラが立っていませんが、もしかすると直人で男に慣れようと?直人はシェパードみたいなイメージ?)
★!?八神菜摘(俄然、怪しくなってきました(苦笑)原作者の秘密は知らないようですが、単に頼りたいとか支えて貰いたいだけ… にしては… むぅ)

おっと本編の感想。
冒頭を見て妹さま曰く「馬鹿アニメが始まった」と。で、席を立たれる… さ、さようならぁ〜〜〜(泣)

相変わらず「妄想戦士オオイズミ」しかも、夢にしてはリアルな描写が混じっていますので。
き、貴様! この八月までの間に見たな!何度も見たな!!
彼女達の秘所秘密な部分を見てやがるな!!

糞!同情して損をした気分だぜ!! この裏切り者ォ〜〜!!!

その辺はさておいて、演技力(と実力行使?)で自分の活躍の場を増やしていく桂木洋子さん。
どうしてもここで成功するんだ!ライバル(菜摘)に勝つんだ!の思いが強いようです。
本当は良い娘さんだと信じたいが、そこはスカーレットお姉さま。
何が起ころうとおかしくない、いやすでにおかしいぞ!そこ!!

妹からの冷たい視線に耐えながら、毒を喰らわば皿までも。付いていきますLOVE黒ハートLOVE?に。
…本当にそれで良いのか、俺?
***pc-moe.com***
posted by みやびあきら at 15:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月23日

ぽぽたん 第6話「ただいま」(キッズステーション版)

…マジ展開ですよ。かなり重い話しだったりするんですよね。

前話のラストで取り残されてしまったまいメアー
そして消えた館共にあいみいが飛んだ先。え、え、5年後だって!?
彼女達って時間旅行者だったのぉ〜〜〜〜〜〜!!!

一回跳ぶと5年もの時間が経ってしまうのか…
第2話のまいの苦しみや悲しみがどれだけ大きかったのかを今更ながらに痛感した。
ゴメン、もっと深刻な問題だっただね。認識が甘かったです…

何故か時間だけ移動し位置的には前回と同じ場所に現れてしまった訳ですが、5年後にはすっかり開発されていますね。
大規模温泉アミューズメントパークになっていますよ。

そしてまいを捜す二人と一匹ですが、ここは何か意味があったのかまいと友達がパークに遊びに来ていて館の存在に気付きます。
そして入口の外のベンチで待っているまい

再会をする姉妹ですが、まいの5年間は長かったのです。彼女の中でこの地で過ごした事の大きさが分かるエピソードが語られます。
うわ、メアーさんって本当に最強のメイドさんだよ。

う〜ん、こんな話しになろうとは思いもしませんでした。
高校へも入学し、現在は大学生のまい。でも彼女は… 肉体的に成長や変化を一切していない現実。
なんとあの屋敷の中以外では年を取らないと… 彼女達は時間異動者であり、且つ囚われ人
まさに呪われし宿命を背負っていたとは!

いや、こんな時間に感想書いているので支離滅裂ですね。
今後の話しが見逃せないですよ、ぽぽたん恐るべし! 俺は寝るべし!(こんなオチですみません)
TVアニメーション「ぽぽたん」公式サイト
posted by みやびあきら at 04:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月22日

恋風 第8話「風花」

キーワード「恋風」過去ログ検索表示はこちら(表示に時間が掛かります)

ええと確か地上波で放送されない、キッズステーションでしか放送されないのが第8話でしたっけ?
つまり製作としては第9話にあたるのが今回の話でしょうか?
う〜ん、この急接近に関係・関連している話なんだろうか? キッズの方を忘れないようにしないと。

家を出て一人で暮らそうとか考える耕四郎ですが、途中でそんな考えは無かった事に!?

毎回思うのですが、七夏ちゃん可愛いんですよ!
所謂萌えキャラとは違う、いそうだけど… そんな娘絶対に居ない!居てたまるか!!
と逆ギレするほど魅力的な、そのころころ変わる表情や仕草。服装や髪型も既存のアニメキャラとは違いその場に自然に溶け込むような形で変わります。

この何気ない七夏に毎回溜め息が出ます。

さて耕四郎が自宅に忘れ物をした為に会社へ届けにいく七夏ですが。その前にパパの書置きが伏線になっています。
あの七夏の服装は明らかに耕四郎と一緒に帰る、仕事が終わるのを待って二人で帰る事。
いえ、一緒に並んで歩くことを前提にしています。

かなり急いで向かったようですが(夕方の4時まで良かったと言っていますので2〜3時くらい?)
しっかりとお兄ちゃんと並んで歩く為の装いです。もう吃驚です。しかも可愛いし!(ちょっとやってられねぇ〜気も ^^;)

仕事が終わるのを待ちながらも耕四郎から視線を外さない七夏。
要もちょっと引っ掛かる部分を感じたようですが、七夏の本当のの思いには気付かない。察せないですよね、普通。
しかも、仕事している姿がこれ見よがしに格好良いんです(昼間のパパは〜なもんです。普通の姿なんですけどね)

そして何だか帰りに良い感じで思いや考えを語り合ってしまいました。
うわ〜、進展してると言うより色々進行してる感じだ。

(この辺りを語りだすと日付が変わりそうなので、無理はしない事に…)

ええ、耕四郎の部屋での衝撃展開ですが… どうなんでしょうか?
年齢制限ある系のお話を知っていると、この恋風がそういった話の流れとは一線を画している部分を感じてしまうのですが。
それでも、これどうよ!!

どうなるんじゃーッ!! くそ!見直すのも怖いくらい加速してしまってるじゃないか!!

…俺自身にガス抜きが必要です。語ろうなんて無理無理です。

「恋風」 〜 公式ホームページ〜注!音が出ます。
http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/anime/koikaze/index2.htmlなのでインデックス2を併記。

P.S.ポカポカしてる七夏ちゃん可愛かったですねぇ〜。CMの「大人買いの刑」に自ら処される人が多くなりそうです。
それにしても今のアニメ製作の現状な中で丁寧作られていますね。ほとほと感服仕る。
posted by みやびあきら at 19:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月21日

神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON 第20話「桃花哀歌」

先程までサーバが落ちててと言うか、記事を送った時点で落ちていてバックアップを取り損ねてた記事が全部消え去ったのであった。

きっとあまりに厳しい内用だった為に神様が止めたのだと…そう言う事にして欲しいくらい力が入った記事だったのに…

暫く前にご来訪頂いてサイトが表示されなかった方がいらっしゃいましたら、ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございませんでした。
それにしても新機能が増えた時は注意ですね…

改めてゴーダンナー!!

ウイルスですか?しかもRNAウイルスで、レトロウイルスですか。鎖は1本?
「ラピッドシンドローム」「Rapid syndrome」「迅速(急速)性症候群」ですか?ラビッド(Rabid)だそうです。狂暴、狂犬。そんな意味のようですね。

作品中普通の培養地で細菌が増えるようにウイルスが増殖している映像はありましたが何でしょうか?
一応液中で細胞も入っているのでしょうが、細胞に入りこんで転写して増殖している感じじゃなかったですよ。

宇宙空間でも宇宙線に当たったらRNAの構造は壊れませんか?アミノ酸とかなら結構大丈夫な気もしますが。どうなん??

それにアドレナリンとかノルアドレナリンに反応してとか言ってましたけど。ウイルスが先か擬態獣が先かは分かりませんが。
何度か出てきている巨大なクリオネ風擬態獣もアドレナリンノルアドレナリンどっぱどぱですか!

それに1st.で林さんと杏奈ちゃん擬態獣に取りこまれてましたよね。
普通に感染するとか言ってるし、何故かロボット乗りの男性パイロットが発病しやすいって何?
いや、それでもしもロシアチームが発症しないのは。
サブタイトルにもあった「の微笑」だからとかクールだからとかだったら怒りまっせ。

なんでダイノべースに連絡行ってませんか?コミッショナーズの連中は悪人っぽいし(秘密があるんだろうけど…)
だいたい増殖先が脳細胞とかだったりしたとしても転写・増殖に使われた細胞は破壊されるでしょうに。
あれだけの状況を引き起こしてる現状から言っても侵入した細胞を破壊はすれど再生はしないよなぁ。
(ミラや静流のケースは実は違うのか?)

それにイギリスチームの兄妹は事態を悪化させているし(主な原因はナイトの決断が遅い)
ダンナーベース組もゴオ、ミラ。杏奈と出撃して現地で合体するとしたら、どの組み合わせでする気だったのか?
3P? とっかえひっかえ?(技のネオオクサー、力のゴーオクサーかいな)

シュクユウの結婚を誓った相手を撃てない気持ちも分かるが。
エカテリーナとククラチョフなら相手に何かあれば、必ず自分の手で始末をつけたろうに…
(それを良い事とは言わない。が、多くの人々危険に晒す真似はしないよな…)

普通に感染するが発症するのは興奮したり怒ったりって…
相手を思う気持ちが強過ぎると愛が暴走してとかならば、人間でパートナーとのシンクロ度が重要なロボット乗り限定でも分からないでは無いですが… 普通の人よりそんなに興奮したりする人なのかよロボット乗り!!

あかん、作画も良い。声優さんの演技も良いのに… 嗚呼どうしてこうも盛り下がるのか! モウカク無駄死にだよなぁ〜

1st.の予告からするとゴオが俺を殺してくれと言ってるし。
光司の帰還や大活躍に期待しているが、あんな熱血野郎こそ発症しそうで泣きそうだ。
だからこそ愛を分かち合う相手がいないから発症しないとかにして欲しいぜ!!
公式サイトのTOP絵の光司後ろに描かれた新ロボに期待しているのに何だか辛いよ…

糞!すっきりしないよ!
ワクチン出来そうだけど、安易に感染しちゃうようなウイルスネタを使っちゃ「スーパーロボット大戦」への参戦厳しいじゃん!
ガンダム乗りに感染させ無い為にも隔離だ!バンプレストからお呼びが掛からないぜ!罹っちまったらさぁ〜!
(せっかくバンダイからゲーム出るのにな、って俺の怒りはそんな所にも向きますか(苦笑))

神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON #神魂合体ゴーダンナー!!
posted by みやびあきら at 23:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇午 -交渉人- 2nd.NEGOTIATION 第6話「指輪の謎」

この作品の恐ろしいところは、その少ない話数中のかなりの部分が拷問(尋問)で占められている所だろう。
そしてそここそがある意味で別府勇午最高の見せ場でもある(爆)

先週から引き続き尋問と言う名の拷問を受けている勇午。
自白剤のアルカロイドを通常考えられる最大単位を打ちこまれても口を割らないので。
ガラーホワ少将の命令で更に注入。どうやら倍量になっています。
勿論ですが普通は死にます。これで死なないのはゴルゴ13と勇午くらいなものです。

二つの指輪に隠された謎。スイス銀行(正確にはスイスの銀行だが)に眠る膨大な金額の資産(2400億ドルでしたっけ?)を引き出す為の暗証番号
判明しているのは13桁。残り3桁を聞き出す為に勇午への尋問は続きます。
ちなみにその姿・存在自体が拷問な気がするガラーホワ少将ですがこんな人です(こちら精神的ブラクラなので注意!)

しかし勇午は知らないと答えます。驚いた事に答えの導き方が分かった時点で考えるのを止めた為に知らないと答えるのです。
流石は交渉成功率最高のネゴシエイター別府勇午です。お前さん最高だ!!

更にガラーホワ少将がアルカロイドを与えるように命令しますが、オリガが止めます。
え、オリガ・エレノア大尉さま大丈夫ですか?そんな出過ぎた発言をして…
流石はオリガです、別の手段を持って聞き出すつもりですね。進言は受け入れられ、勇午は医者に診てもらっています。
で「特別注文の体」だとか何だか言われちゃってます。二日で意識を取り戻した!
そこからはある意味色仕掛けですが、そんな物が勇午に通じるはずもなく(盗聴されてるのだってそりゃ気付くよな)
見事、少将との直接交渉が成功します。

なんか、あらすじ書いてますね。本当は公式サイトを見ていただければその辺りは書いてありますし。
キッズステーションを見る事が出来る方には是非に! とお薦め致します。次回最終回!!

勇午 オフィシャルホームページ
posted by みやびあきら at 12:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月20日

北へ。〜Diamond Dust Drops〜 第7話「〜旭川〜北野スオミ」(追記有り)

管理人はアイススケートが好きである。管理人はシュークリームが好きである。管理人は津村まことさんが好きである。
更に加瀬康之さんや浅野るりさんとか出てきちゃうのでベリベリHappy♪ な気持ちで見てしまいました。

ですが、そんな事を抜きにして今回はたった1話のみですが良い話しでしたなぁ〜。しみじみ

北野スオミさんは良いですね。これは良い娘さんだ。
実は、この間新宿と秋葉原へ入った時にPS2のゲーム買おうと探したんですけど無くて…
いやヨドバシには無かったですね、ソフマップも…よく分かりませんでした。てへ、
もっとしっかり探せば見つけられたのでしょうが体調も今一つで連れもいる。更に京ポン受け取りに新宿へ引き返しましたので断念。

う〜ん、ゲームが遊びたくなってきましたよ。初回版はもう無理ですか?

話しを戻してアニメ版。
冒頭少年二人がケンカをしています。晴人くんがちょっと涙を拭っていましたが、売り言葉に買い言葉な感じでしたね。ほんと。
それを見ていたスオミが取った行動はなんとも言えないユーモラス?なものでした。
そりゃ、一見異人さんの綺麗なお嬢さんがもくもくと後を付けて来たら何事かと思いますよね、純な少年なら。
それで転んだところにシュークリーム差し出されても状況を瞬時には理解できないでしょう。

(すみません睡魔に負けてしまいます。後でたっぷり?追記致します)
www.kita-he.com|北へ。.com
ちなみに 北へ。 記事検索して頂けますと過去ログが読み易いです(と、誤魔化してみる)
自分でも使ってます(^^)

では追記

不思議な不思議なスオミちゃんですが、晴人くんにナンパです発言です。
…羨ましいと思いました。ええ、私もあんな事されたらどうなっていたのか想像… するだけ無駄です。だってあんな純なお子ちゃまじゃ無かった人なので。

実際のスケートの世界では練習中にわざとぶつかったり。相手のジャンプポイント等の重要な所の氷をエッジで深く削ったりする事があると言われていますが…
そういえばハンマーで襲撃させた人が居ましたね。米国ではアメフトが圧倒的に人気があり、その下に離されてバスケ、野球と続き。
その下がプロのアイス(フィギュア)スケート、でアイスホッケーと聞いたことがありますが本当でしょうか?
(近年はヒスパニック系移民の増加もありサッカー人気が上昇中だそうですが)

でも、スオミとハンナの場合は明らかに事故だったようです。
そこに妬みや嫉みからくる悪意は無かったのに、実しやかに語られる噂はいつしか事実のように人々へ伝わってしまい。
スオミは体の怪我以外に心まで傷ついてしまったんですね。勿論ダイヤモンドダストへ願いを掛け、一緒に約束をしたハンナも……

スオミが晴人に話した傷ついた二人の話は、晴人と公太のケンカを見て自分達に繋がる部分を感じたからこそ話したんでしょうね。
この時点では晴人くんは何の事か分っていませんけどネ。

スオミをスケートに誘う晴人。
そこでスオミは(悪ふざけですけど、駄目ですよ!晴人!)突き飛ばされて転んでしまいますが、そこで晴人が話した最初は痛いけど〜 の話。
スオミははっきりと気付いたんですね、この時に。
立ち上がり滑り出すスオミ(良い表情です♪)痛みは和らげる事が、克服する事だって出来ることに気付きます。
スケートを嫌いにならないでの言葉は自分自身にも向けられていたんですね。

(ちょっとツッコミを入れるとスオミのスケートシーンはもっと気合入れて欲しかったですね、ちょっと不満)

スケートが好き。大好き。ハンナが好き。大好き。

嫌いになんてなれなかったんです。

晴人を公太の所へ謝りに行くように促すスオミ。
公太君はスオミが誰かに直ぐ気付いたようですね(スケートが大好きなんですねぇ♪)
別れ際のキスはお別れのキスと言うより、自分の心の中の本当の思い・願いを気付かせてくれた晴人くんへのお礼だったんでしょう。
(ごめん野暮な事を言うと本当に羨ましいぞ!公太に見られたら大喧嘩だ!)

あの後にスオミがハンナの元へ向かったであろうことが、容易に推測できます。
いや、間違い無く向かったでしょうね。

そしてまた二人のあの日の約束が甦る… そんなとても心に残る良い話でした。

(余談でスケートと津村まことさんの話を書こうと思いましたが、今はスオミちゃんで満足。見直そうっと♪)

北へ。〜Diamond Dust Drops〜 関係の記事はおおよそコチラあたりにございます。
posted by みやびあきら at 17:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月19日

神魂合体ゴーダンナー!!臨時感想

京ポンから、爆裂天使を見ながらぁ〜。
うわぁー、RNAウイルスですかぁ。普通でしたねぇー、これまた……
私の妄想も終了。

感想はきっちり書きますが、今はこの辺りで。

爆裂天使のナノボットで妄想するかぁ。……無理っぽいけど(爆)
posted by みやびあきら at 02:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月18日

神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON 第19話「ジェネシスター暴走!」

あの時代のアメリカかな?彼女達が所属しているベースがあるのは。
女性同士が許されないと言う事も無い気がしますが、それはシャドウとルナ自身がそうと感じている事なんでしょうね。

狂体化が何故男性(又は男性的パイロット)限定なのか?
一応は前回の戦いを経験しているパイロットで上記に該当する者は直接感染?しているようなのですが。

ええ、その辺りの個人的な考えは18話17話そして16話(←暴走して妄想開始)等をお読み頂くとこれから書くことに繋がります。

ええと再度書きますが、ミラの血中のブドウ糖の値が低くなったのはどこかで消費されたからと考えるのが一番良いと思われますが。
人間の体の中でも大変重要な「」ここは他の部位とは違いブドウ糖(グルコース)のみをエネルギー源としています。
なので、ミラの血糖値が異常に低下したのに脳に異常が認められないのならば脳内で何らかの代謝活動が行われていたと考えて…良いですか?(笑)

元々死んだはずのミラが生きていた(ように見える)事自体がおかしな事であり。
呼吸が停止したり深海に沈んでいたとしたら脳を始め体の細胞はどうなっていたんでしょうか?

1st.でミラが(何故か)いたクラブマリナーのコクピット?は液体に満ちていたようですが(中には一緒にマックスもいたのかな?)
通常の呼吸が出来ない状況で体の細胞が死んだ状態でも低温・定温の海底である程度は死んだ細胞も腐敗する事無く保存されていたとして。寄生した物が徐々に再生を進めて、第1話に繋がり。最初、記憶が失われていたのは、脳の復元に一番時間が掛かった為かも?知れません。

さて、遺伝子に異常がみられないミラの脳内では何が?
概ね、狂体化の秘密も男性型の脳、女性型の脳。それに準じる形で染色体の数に謎が隠されているかも?

コミッショナーズが実はかなり深いところまで知っていそうなのですが。
狂体化と名付けた意味。擬態獣だって何故そう名付けられ呼ばれるのか?

静流も含め女性の方は遺伝子に異常が無いとすれば、脳から始まって体に変化が起こると。
以前に利己的遺伝子という考え方がブームとなりましたが、狂牛病(牛海綿状脳症(Bovine Spongiform Encephalopathy:BSE))の原因と考えられる。通常の細胞のタンパク質が異常化した「異常プリオン
これは遺伝子は持ちませんし生命体でもないです。ぶっちゃけタンパク質の一種なのですが。
牛や人間を始めとする生物の脳細胞を変質させてしまうことが出きる訳ですけど。

ゴーダンナーの世界では脳に侵入を果たしたプリオン(もしかするとタンパク質を構成するアミノ酸自体に原因があるのかも?)
が上手く融合(侵食・置換?)増殖できた場合と失敗した場合で違う結末がその人には待っているのかも知れません。

…あ、書いてる途中で食事しにいったので脳に血が回らず、でもブドウ糖が大量に流れこんで麻痺してきました。
20話を見るまでお休み〜  つづくのこれ?

神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON
P.S.本当はアミノ酸がD型なのかL型なのか。一体どちらのアミノ酸によるタンパク質で構成された生命体?なのか。な〜んて考えていたりするんですけど。ゴーダンナーにこれだけ入れ込んでるのに評価が厳しいみやびでした。

なお、本編はエカテリーナ&ククラチョフ組の強さ、凛々しさが凄かったですし。
ククラチョフのキャラの立ちっぷりはゴオ(名目上の主人公‘さげちん’)より圧倒的に格好良いです。
どうも本当にシャドウとルナは繋がった。熱烈合体してしまったように見えましたが。

エカテリーナの発言からすると、シャドウはマックスの時のように一度は回収されたもののその後に死んでしまいそうですね。
ルナとの間に(ルナのお腹の中に)新しい生命体が生まれてたりしたらとんでもない展開で…
でもそれはそれで有りだと思います。嗚呼!やっぱりこの二組のほうが面白いし、中の人の演技も好感度高いって!!

キャラの印象や好き嫌いでゴオちんより下のキャラを探すほうが大変なんだよ〜、ロボもゴーダンナーより他の方が好きだし。
posted by みやびあきら at 19:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

破邪大星ダンガイオー 1〜3(キッズステーション)

当時見たいと思っていましたが、見ること叶わず… 等と言ってるうちに2004年。
ええ、初見です。でも何故かあの頃に同人誌だけ買ってましたタイトルは確か… 『破瓜大星ダンガイオー』
…内容に付いては聞かないようにお願いします。エロですから(爆)

続編に当たるTVシリーズの破邪巨星Gダンガイオーは途中までかなり応援しながら見ていましたが、最後のあの納得出来ないしたくない嫌な嫌な超展開を見てしまい。
DVDを全巻買うつもりが全部キャンセル。今でも主人公3人を応援してはいるが、例のキャラが許せずに今後も……

話しを戻して破邪大星ダンガイオー微妙に内容を知っていましたが、ちゃんと見てみると…
面白いか微妙(^^; 完結してないし… でもロボは良い!ダンガイオーは格好良い、と言うかこれ好き!

荘真由美さん演じるミア・アリスの叫びは良いですねぇ〜。
もう少し力を入れて張り上げてしまうと声が裏返ってしまう直前な叫びはGood!!
タウンズユーザーだった私は当時のうんず回りの音声は全部荘真由美さんでした。
家計簿を始め色々と当時からボイスを設定していました。わはは! 恥ずかしい過去。

そして神谷明さんは言うまでも無くスーパーロボットに対する適応力が半端じゃありません。
越える人がそうそう出そうにありませんよね(それはそれで問題)

あ、ストーリーとかに触れてませんね。
ええとですね、スーパーロボット大戦のシナリオの意味が分かりました。以上(爆)
妹も言っていましたが、復讐鬼ギルバーグとか「ああ、そういうことだったんだぁ」と。
更に「私、フラッシュを最後コウ・ウラキで倒したよ」「あ、やっちゃったとか思った」「堀川亮さんキャラを同じ堀川キャラで止め刺しちゃった」とも。

結局、私なんかもスーパーロボット大戦シリーズの予習や復習の意味のスタンスでこういった作品を見てしまっています。
悪いことではないですが、やっぱりちょっと本道では無いなと感じます。
ちなみにゼオライマーの方が面白かったのは原作を読んでいた所為かも知れませんね。

来月は同じキッズステーションで冥王計画ゼオライマーが放送されます。
でもきっと編集やカットされている予感&悪寒…
ダンガイオーもミア・アリスの着替えシーンが不自然に見えたのでカットされていましたか?
教えてエライ人!(時間を見て調べに行こうっと)
posted by みやびあきら at 17:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽぽたん 第4話&第5話(キッズステーション版)

ぽぽたん 第4話「ひとりぼっち」
三姉妹の次は謎のメイドさんメアーさんの主役回でした。この口の悪さや腹に一物… なメイドさんは結構良いと思います。
ええ、かなり魅力的ですねぇ〜。3姉妹よりも良くありませんか?(問題発言)

過疎化が進み、最後には誰一人いなくなってしまった村里。
それなのに一人の少女が…

う〜ん実は好きな話しなのですが。お風呂の湯気と言う名のボカシ攻撃に飽き足らず。
メアーさんの服がどうにかなっちゃいました〜、なシーンまで不当改変!
これは、キッズステーション以外で放送して貰いたかったと見る度に感じてしまい楽しみきれません。

これでDVD買うと思ったら大間違い! 楽しかった。楽しみたいからこそ買ったりするんですよ。
それに元々キッズステーションのビットレートは無茶苦茶低いじゃないですか?

予告を見て、次回は一体どうなる事かと絶望しつつ。つづけて感想を!

ぽぽたん 第5話「おんせん」
…おんせん …温泉 湯煙旅情編……
いや予想以上に酷く感じる画面の見辛さ、汚さ。あんなに輝度を上げては見辛いの越えて、目に悪いと思います!
湯気じゃないし、只のボカシ処理だし。脱衣所のあんなところだけに掛かるか! くわ!!!

もう見た方はお分かりの通りの惨状。折角この話しで彼女達が探している人?何かの姿を確認できたのですが。
まいメアーさんだけ置いてけぼりです。気になるから来週も見るでしょうが。
不満やストレスを感じながら見るのはやっぱり苦痛。

勿体無いですし、作品を冒涜しているとしか言い様が無いです。
…って毎回愚痴ってるなぁ、感想止めた方が良いかも知れませんね、これじゃ。

TVアニメーション「ぽぽたん」公式サイト
P.S.まいとメアーの卓球シーンと変なノリのコンテストシーン。良い出来のはずです、本来は。
実はあのOPが始まるとどうにも見てしまうんですよねぇ、おそるべしアンセブ!
posted by みやびあきら at 05:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月17日

花右京メイド隊 La Verite 第7話「未確認生体」

このサブタイトルは意味深だよぉ。普通は未確認生物とか未確認生体になりそうな所を。
「未確認生体」生きてはいるがは無い?生きた体に宿る物はなんざんしょ?

冒頭のシーンは何世代か前の化け物が出てくるような恐怖映画みたいな演出でシンシアが消えた事を見せています。
いきなりの地震も謎ですが震源は屋敷前の直下の模様。崩落して大穴が開いておりますが、躊躇無く滑り降りる太郎に。
「あなた本当は物凄い運動神経や身体能力を持っているのに隠していませんか?」
と、問いたくなるほど大胆な行動。回りも止めなかったよりは止められなかったですか?

さて地下迷宮探索ですが、お〜い装備はきちんと整えろよ〜。
最初から楽しそうだからと付いて来たイクヨとリュウカは別にして(御側御用隊の3人も意味は無いか)
…いや別にする以前に完全なギャグキャラと化した鈴木イクヨ(やっぱり予算を誤魔化していたのね)と慈悲王リュウカの行動は予測不可能。ボケてと言わなくてもボケ倒しております(同時に激しいツッコミも)
この二人はコノヱさんで無くてもバッサリ斬りたくなるやも知れません(面白いのは良いんだけど嫌われるキャラかも!?)

ええ、見つけて下さいと言わんばかりの謎の地下邸宅で剣コノヱ隊長がみたものは果たして?
飾られた女性の肖像画はマリエルではありませんが、所縁はありそうですね。かなり深い…

フェンリルなんて縁起でもない名前ですが、自らの意思で付けたのでは無く。
無意識に付けさせられたとすれば納得がいくかも知れません。
これからラグナロクが始まり神々の時代が終わろうとしているのでしょうか?
北欧神話に準ずるのであれば、どこかにロキがいて裏で何やら各策しているのかも知れませんね。
じゃ、大神オーディンや雷神トール(トールの鎚がないとね、トールハンマー)は何処に??

最初のエロいマリエルは、確かにいつものマリエルでありましたが(はっ!?あのシーンでも花右京太郎の恐るべき身体能力の一端が垣間見えて…)
最後のマリエルは病的とも言える危険な感じでしたね。何かに取り憑かれたかのようで…
なので、サブタイトルはキツネもどきのフェンリルちゃんの事と思わせて最後のマリエルに宿りし何かか、又はコノヱさんが見てしまったものを念頭に置きつつ悩み続ける自分…
次回は特に関係の無い話しで進みそうですね。

まさか、こんな重そうな話しの伏線が張られようとは! やられました。しゅん
「花右京メイド隊 La Verite」公式ホームページ
posted by みやびあきら at 23:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋風 第7話「初嵐」

サブタイトルは「初嵐」ですが、今までが今までだったのでそれほど強い風が吹いたとは…

そう、七夏サイドのお話がメインだったので七夏に初嵐と考えればかなりの嵐でした。
お兄ちゃんとしては気が気でならないラブレター。なのに耕四郎はそれほど過剰な反応を見せません。
何故でしょう?
それどころか最後には随分真っ当?な事を言っています。

要の感じた通りに動じなくなってきたの?
此処までの話がかなり刺激の強い話であった為に普通の話に見えますが。
これが少女マンガであれば一大イベント!この定番エピソードで相当に盛り上がることが出来たはず。
現によく見れば、七夏本人や友達はかなりのリアクションでしたし。

そしてまた美しい普通の街中の風景で印象に残るような事を耕四郎はしちゃってるんだな。
むぅぅ、無意識でこのシチュを生み出すとは恐るべし!

ところで、やっぱり擬似フェロモン説ですね、これは。
人間にフェロモンがあるかどうかは別にして、男の臭い。それは生活臭だったりずばり体臭だったり。
七夏は今まで母親としか暮らしていなかった分、その臭いで体内のホルモンバランスに変化が出ているんですよ、おそらく。
それで、妙にお兄ちゃんを意識してしまう反応が出てしまうと。
しかもドキドキが元は違ったもので恋のドキドキに間違われて体に刻み込まれるしね。

耕四郎も同じで、妹の臭いで狂ってる(説を繰り返す私。もっと凄いこと考えちゃったけど生臭いので止め)
「恋風」 〜 公式ホームページ〜注!音が出ます。
http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/anime/koikaze/index2.htmlなのでインデックス2を併記。
posted by みやびあきら at 16:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美鳥の日々 第7話(Days 7)「はじめて no デート」

この日を私は待っていました。前回の感想で(今読み直したら誤字発見修正せねばぁ〜)
初めての実践投入装備からして気合入り捲くりと書きましたが。その程度で驚いている場合じゃなかった!

よもやここまで盛り上がってしまって妄想が暴走してしまっているとは…
綾瀬貴子報われない恋路に乾杯♪ だ!

流石の少女漫画世界にもあれほど挑発的にSEXアピールをしてくる娘さんもいないかと思いますが。
うちの妹さま曰く「何を必勝祈願しているのかと、最初思った」そうです(暫く見ていない人なので…)
だよね、まさか最初のデートであそこまで行ってしまおうと計画立ててるなんてね。
うん、今までいかに経験が無いのかよーく分ったよ貴子ちゃん。

ただ正治は鈍いを通り越してるよね。どうも自分の事をどうにも思っていない、又は嫌いな子にはアタックを掛けるけど。
本当に自分の事が好きな子に対して反応が無さ過ぎよね。
勿論普段や今までの綾瀬のイメージからして考えが至らない事が大きいのでしょうが…

ホラー映画を事前調査の為に一人で見に行っても平気な位だから、本当に強気な娘さんなのかな?
でも根は少女漫画的世界に憧れる一人の少女。脳内の妄想や部屋の本棚を見てもよく分りました。
(本棚の「ここはグリーンスタジアム」はツボった。ウッド違うし今はヤフーBBだし、岩田光央さんだしぃ〜)

しかしセクシーシーン一杯だったはずなのに、それほどHに見えないのは可哀想だなぁ。
何だろう素材は良いのにフェロモン足りない? 少女的でえっちく見えなかったです、自分には。
お風呂シーンでは乳首すら見せて、最終的には正治(と美鳥)に全裸姿をさらしてまで負け戦綾瀬貴子嬢を今後も応援いたします。
勿論作戦がことごとく失敗することを願って(いやだって楽しいしぃ〜 ^^;)

TVアニメーション 美鳥の日々

さて来週は二人が入れ替わるのですねぇ。美鳥が大喜び♪しそうで楽しみだ!

おまけ。
綾瀬貴子を演じられている高木礼子さんですが、いやぁ本当にこうしてTVでも声を聴くことが多くなって本当に良かったですよね。
アーツビジョン時代から好きでしたが、なかなか良い機会が回ってこなかったように思えましたが。
移籍を決断しその過程でもかなりご苦労をされたと聞き及んでおりますが(いや本当に下積みとしか言えないエピソードだったよ…)
ラブひな以降は段々良くなってきて、ヒカルの碁では和谷くん。ダイバージェンス・イヴでのルクサンドラさんとか(グールに喰われたシーンは多分一生忘れられないな…)
ヤミ帽でもレギュラーでしたか(辻谷音響監督さんに呼んで貰えるみたいですね)
いや良かった。うん良かったとおいちゃんは感じております。

ゲームで印象に残っているのはやはり「ファイアーウーマン纏組」の柊由宇ですねぇ、これが良いんだ!
毎日、図書館通いプレイさ! で、彼女に思いを寄せている男子学生(CV:保志総一郎)が木の陰から見ている事を知りつつ<。
二人で下校ですよ! これ最高! 嗚呼この勝利感! …あれ俺ってやっぱりS?

SSの麻雀学園祭とかも初回版の特典DISK付を予約して買いました。
ちなみに脱衣麻雀です。…俺の趣味嗜好については、気にしないで下さいお願いします(話が逸れるのはデフォになりつつ…)
posted by みやびあきら at 15:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぷぎゅる 第5話「ま・・・・と転校生たち」追記修正版

第5話の放送前に第6話を放送してしまうミスを見過ごす訳にはイカない。
そうはイカない、イカはナチコなのですが。
なので6話の感想が先行しております(こちら

むぅ、やっぱり順番を入れ替えて見てしまうと本気勿体無い事をしてしまったと感じますね。
EDが微妙に今までと違う演出をしており、4話と6話が同じ歌詞なので。
本来はこの5話のEDの入りに微妙におまけが付いている部分を先に見る事が出来なかったのは。
視聴者に対しても製作者に対しても失礼だと思います。
私は毎回違うEDが楽しみな分、よりそう感じました。

本編はいきなりチェコちゃんとミゾレナチコがま○○○の学校に転校してくる話しでした。
ま○○○が名乗ろうとすると色々邪魔がはいるのですが。
チェコちゃんが先生を矢で射るのは、その名前が知られるとそんなにマズイもなのでしょうか?
実はチェコちゃんはま○○○を監視してるとか!?
な、分けないよね。だいたいタイトルの「ぷぎゅる」からして意味が不明だし。

今回もクレジットされてはおりませんが。
山田美穂さんがクラスの中に居ます! 居るんですよ! 声がするんだってば!
ぷぎゅる公式

P.S.「ま○○○」の名前の○○○に何が入るのかは中の人の野川さくらも分からない。
台本にもま○○○としか書いてなかったそうですが。
今回のタイトルだと「ま・・・・」あれ一個おおいですよね。
つまり姓名を続けると(学校の出欠を取る時など)「ま・・・・」であり。
名。下の名前だけだと「ま○○○」だとか。
最終的にはきっと「まがじん」だったり「まがじんZ」だったりするんだろうけど。
権利の関係で名乗れないんだよ。と、身も蓋もない事を言ってみるテスト。
…でも本当に放送禁止関係だったりしたら、それはそれで凄いけど人名ならいいんだよね、外国の人とか。
だって「ボボボーボ ボーボボ」とか何年か前のスペインの新体操の選手とかブラジルのプロレスラーの名前。
九州直撃2文字な訳ですし…(話し逸れた〜〜)
posted by みやびあきら at 05:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月15日

勇午 -交渉人- 2nd.NEGOTIATION 第5話「尋問」

勇午が待ちに待っていた拷問尋問タイムです。
正確には敵の親玉と直接接触する機会を持つ為に敢えて尋問を受ける状況に持ち込んだのですが…

さて我がいとしの眼鏡っ娘であるリューバを拷問した上に大量薬物投与による半廃人状態へ追いやった。
ヴィクトル中尉を罠に嵌めつつロシアの悪夢のような人物に見えた(俺には)
ガラーホワ少将(女性だった…)への直接接触&拷問タイムを成し遂げた勇午。
体を張っている意味がなんだか違う所が別府勇午が勇午たる所以かもね。

ちなみにどさくさに私服を肥やしていたヴィクトル中尉はロシア式拷問と言う名の私刑を受け死亡。
上半身裸の上で椅子に縛りつけ、ガソリンをたっぷりと頭から掛けられた上に窓を割り-40度の外気を入れる事により、その気化熱で体温を奪われるどころか細胞が凍傷から壊死へ短時間で到る拷問。
中尉自ら実行してきてレポートを報告してきた拷問により死亡と思わせて、心優しいガラーホワ少将が今まで国に尽くして来たことへの感謝の証として暖を取るためとして手を握りライターを渡す。

結局、より苦しむ時間の少ない焼死を選ぶ中尉。非道の行いの果ては燃え盛る炎中に消えていく男がいました。

勇午へはまだまだ甘い拷問ですね、銃床なんかで殴ったぐらいじゃ無理ですよ勇午には。
その後大量の自白剤を投与される勇午。少将からは生きて返さないみたいな事を言われていたが、ここからどう逆転するのかが見物です。

うむ。実はしっかりと作られた作品なのでお勧めします。
今度一挙放送もありますしね。

勇午 オフィシャルホームページ
posted by みやびあきら at 19:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月13日

北へ。〜Diamond Dust Drops〜 第5話&第6話

北へ。〜Diamond Dust Drops〜 第5話「〜札幌〜朝比奈京子 前篇」

最初に見たときは感想を今後書くのを躊躇したくなるほど痛いキャラだった朝比奈京子嬢。
3話4話の今ひとつ感から5話をみてしまうとより印象が悪くなってしまった。
が、後篇を見ればそれは覆されることになる…

大学で映画撮影に全力を傾けている京子。
監督として映画研究会のメンバーにヒステリックな態度で臨む姿はあまりに独りよがりで痛い娘としてしか写らない。
撮影スタッフ間に漂う嫌な空気も見ていてよく分る。

ええ、今までのヒロインと違い彼女には同棲している男がいます(エ〜〜〜!?)
でも同棲相手のユウという青年。京子の我侭にも反抗せず傅いておりますなぁ。
CVは森田成一さん。ああ「FINAL FANTASY X」のティーダの人ね。後篇を見れば明らかに狙った!感じられるキャスティング。
つくづく「北へ。」のスタッフはイメージ連環させる狙いか!?

前篇では京子は痛いまま。ユウは何かを考えている含みを持たせつつひたすらフィルムを編集しているまま後篇へ。

北へ。〜Diamond Dust Drops〜 第6話「〜札幌〜朝比奈京子 後篇」

1週間待つのは辛かった。
前篇と後篇を合わせて完結?するのは分るが、あの引きではあそこで離れてしまう視聴者も出かねないはず。
演出としては分るが、続けてみる事が出来る作品向け… だとも言い切れないよな。
難しいよ、本当に。

英研スタッフのサボタージュにより撮影したビデオが一本ダメになっていた事を察しスタッフを問い詰める京子。
怒りの余り英研を脱会し、飛び出す京子。それを止める部長だが…
先週に引き続き立場弱いなぁ〜、京子と名前で呼び捨てにする事も京子のような女性は許さないだろうに…

ユウを駆り出し道内の撮影へ。素材を集めるも…

結局ユウの優しさに甘えるだけで、ユウの京子を思う気持ちに気付かず(気付こうとしなかった)
ユウのことを馬鹿にし侮蔑してしまう京子。映画コンクールで賞を取ってしまった事が彼女を変えてしまっていたのか……

ユウは部屋を出て行ってしまうのだが。
部屋に残していった8mm(だったよね)フィルムに映された京子。
ユウの京子への思い。そして最後に託した思いが、やっと彼女に伝わったときには……
彼はもういないのですよね。

その後自分の本当に撮りたいものに気付き入賞できた京子。
季節は巡り、無事に映画研究会のメンバーとも分かり合えて(京子から謝ったのだろうなぁ)
新部長として、新入生に対する姿こそが本来の京子姿なのだろう。
でもユウはいない(はず)今度は彼女がユウに自分が撮ったもので思いを届ける番だからね。
その時が来るまでは、彼は帰ってこないはず…
(居なくって分るその存在の大きさ大切さ。彼女を支え守ってくれていた存在か… だから森田さんなのね)

う〜ん定番だけどやられました。侮ってはならぬよ「北へ。」のアニメは!
www.kita-he.com|北へ。.com
posted by みやびあきら at 16:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぷぎゅる 第6話「チェコちゃんとカナト」放送事故?により5話がとばされた(苦笑)

ぷぎゅる公式TOP
詳細は上記にて。

ああ、おかしいと思ったんだよ。俺5話見逃した?でも本放送スケジュールからしても間違ってないよな。
もしかして5話はDVD買って見てね!とかだったら絶対に買わない!!などなど。
色々と疑いの眼で見てしまうような荒んだ気持ちでおりました。
詳細は具体的なミスの理由や過程が報告されておりませんの不明ですが。
(再発防止にはちゃんと調査し、事故報告書をきっちりと作成し公表すべきとか思うけどね。酷?)

話が飛んでいますので、いきなり学園編です。
転校生のカナトが登場。CVは浅川悠さんです。
おお、久しぶりに楽しそうな浅川さんだ!演技もこれは良いですよ〜♪

みやびは何度か書いておりますが東京魔人學園剣風帖にはまりまくっていた人なので、浅川さんにも注目し続けております。
ですが正直なところ今の業界に嫌気?が差しているのか、はたまたもっと気になる事があるのか。いやまぁ色々なんですけど。
魔人から暫くの間の演技に比べて一時その実力を発揮できないでいたと感じています(一方的に俺がです)
勿体無いことこの上ないのですが、このカナトは良い!かなり良い!!

いや嬉しいですよね、こういった演技に接する事が出来てマジ喜んでいます。
(俺ってやっぱり厳しい評価をする人なのか!?しょんぼり)

本編でチェコちゃんセリフありません。
ちなみに教室のガヤに山田美穂さん居ます。ソラミミ扱いはしません。居ます!(爆)
一応5話が3回だけ放送のようなのですが、アニパラいらないので一挙放送をして貰いたいものです。
だって、今期は色々録画している番組が多くて調整が難しいから。

話は変わってEDの曲について。
アニメージュの付録を見て3番までしかない事を知り。既にぷぎゅるでは全部使い切っている事実に気付き衝撃を受ける(苦笑)
この曲は名曲かも知れないです。
まずはそのタイトル『ローリング・メイドさんだー』 ……
ナムコかよ! しかも作曲の光田康典さんはゼノサーガ・エピソードIの人かよ!
くそう、まさに無敵だ!(笑)

なんだかんだで楽しんでいるので見る事の出来る方は是非に♪
7話は山田美穂さんが活躍する予定です。ゴーダンナーのエカテリーナといい素晴らしい日々が続いております。
posted by みやびあきら at 15:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月11日

LOVE LOVE? 第2話「六月−夢の国」

ええと先週から始まった「妄想戦士オオイズミ」ですが、特撮ッ娘教団との初接触から3ヶ月が経過しオオイズミも悶々とした……

ごめん。本気でそう思っちゃったよ。
LOVE黒ハートLOVE?の第2話でしたね。うん確かそうだったはず(^^;
知ってますか?有り難いパンチラと有り難くないパンチラが有るって事を?
LOVE黒ハートLOVE?のパンチラシーンは多いのですが、個別にじっくり判断すると(するな!)
おおよそ1.5:8.5で有り難くない方が優勢です。

大泉直人くんも、どう考えても故意で胸を揉んでいるし、脚を入れてるしな!(ちょっと待てーッ!性少年!!)
「楽園」を探し求めて辿り着いた先がこんな所だったとはなキバ大泉(作品が違います)

こうなってくると一番の悩みは原作者を利用しようとして近づいている女の子とそうでない女の子をどう判断・判別するかですが。

桂木洋子(どう考えても演技。恐るべき密着攻撃で性少年の脳を溶かすスカーレットお姉さま)
今村さやか(最初に秘密を握ったのか?菜摘への思いを知りつつ奪い取る気持ちがいつしか……だと良いな)
早坂みく(小学生なんで単に面白がって原作者をからかってる?)
★☆城ヶ崎ヒカル(ある意味一番恐ろしい気もするダークホース。秘密を知っている可能性が高いが、アプローチの仕方がスロースターター。単にみやびの趣味!?)
☆★八神菜摘(彼女まで大泉くんを原作者と知っていて利用してたりすると流石にショックだしな…)

中身は無いが悩みは多い(おいおい)LOVE黒ハートLOVE?ですが…
な〜んて思わせてこの作品は他の2作品の事を念頭に入れつつ復習・咀嚼。時系列を並び替えなおしてからの分析をした上で総合的判断をすべきで…… って、そんなに頭使って見る作品じゃないんだろうけど(苦笑)最後まで付き合うよ。
***pc-moe.com***
P.S.前回は「三月の濡れた砂」今回は「六月−夢の国」で、ええ時間的には1クール分があっという間に過ぎてるんですけど。
今後どうなるんでしょうね?コスプレイヤーの製作期間としてもOVA版の時間軸でも流れていくんでしょうか?
posted by みやびあきら at 16:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月10日

アニメ関係番外編。

アニマックスでも「美鳥の日々」が始まりまして、何となく見てしまったのですが。
作品中にマリンちゃんのCMとか流れてたんですねぇ、憶えていませんでした。
後、本当のCMでP&Gのパンパースが流れてたんですけど絢爛舞踏祭といいP&Gさんは凄いところを責めてこられますね。
お礼に姉夫婦のところに送ったりする商品はP&Gを選んで買いまする。
まあ前からパンパース買って送っていましたけど(^^)

今度キッズステーションで「破邪大星ダンガイオー」の放送がありますが。
これって見た事ないんですけど乳首大丈夫? 作品的にありそうな気がするんですけど……

6月には「冥王計画ゼオライマー」がありますが。
これはチャンネルNECOで見ましたが、思いっきり乳首出てますがどうなるの?(そもそもSEXシーンあったりするし…)

そして6月本命は「ゆめりあ」です。は〜いゆめりあのゲーム大好きな人で〜す♪
ちなみにアニメは正直出来が良いとも悪いとも言えない中途半端な印象ですが(爆)
DVDは全巻購入致します。だって、買い支えないと次への夢が絶たれてしまいますから。
もし、ゆめりあのアニメで良かった事があったとすれば智和役の羽多野渉さんでしょうね。
彼が三栗智和であってくれて良かったと感じています。DVDのコメンタリーでは弄ばれてたけどな(苦笑)
菊田浩巳さんが音響監督をしている作品に番組レギュラーで出ることが多くなってきたので(「美鳥の日々」とかね)
地味〜に応援してるよ。おう!声質はだいたい憶えたので後は演技の癖を覚えれば聞分けが楽になりそうだ。
posted by みやびあきら at 22:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花右京メイド隊 La Verite 第6話「予算争奪戦」

どうしてソフトボール大会なの?なんて事は気にするな。
年齢的に学生さんの頃っぽいメイド達に年中行事としてイベントを提供しておるのだよ。
実際あれだけ人数がいるのだから、メイド達でクラブ活動とかもしているやも知れんし……
って、フォローしてる場合じゃない!

前シリーズとどうしても比べられてしまう本シリーズ。
私は萌えアニメとしてではなく、ギャグ増量の色物分満載♪アニメとして見ているので結構楽しんでいます。
勿論ツッコミを入れながらではありますが(今回はツッコミ大目か?)

イクヨちゃんとリュウカさまがすっかり2大色物メイドとして君臨しているかのような、警備部前廊下でのやり取り。
何度も言いますが有島モユ嬢はどうしてあそこまで滑舌がヤバイのか! 噛み神声優としての凄みを見せ付けておりますよ!!
ごめん癖になってるんだ、俺(爆) もうあの普通の人が聞いたら怒っちゃうよな演技が堪えられません!
実際「もねもね」言わせたら世界一なのですが、普通のセリフを喋らせると下層にしっかりばっちりポジショニング中っす。
でも危ないキャラである鈴木イクヨにはあってると思うのですよ〜〜。

早苗八島ですが、廊下前ではリュウカさまに言われたとおりで存在意義が無いに等しかったのですが。
私的に「もう早苗でいいです」と言った瞬間に扉が開かれた。作品に溶け込み始めたと感じましたよ。

〜中略〜

ソフトボール大会ですが、準決勝第一試合の方が面白かったんですけどどうしましょう。
もっと鈴木イクヨVS慈悲王リュウカの闘いが見たかったですね。
まさか互角で両者立ったまま気絶のドロー。没収試合?になるとはねぇ〜

で、準決勝第二試合。
ええ、おかしいところが沢山あったような気がします。
トリプルプレーもあれ?ですし。コノヱさんの7回表の打席シーン。
それまでの経過が描かれていませんでしたが、第一打席ホームランなのは分ります。
でも塁にランナーがいたりした事からも、少なくとも第四打席であったはずで、それまでの早苗八島との対決はどうだったのか?
敬遠はないと思いますが四球? そうすると第五打席だったとか?
う〜ん、やっぱりトリプルプレーもおかしいよな? あれ、ソフトボールのルールってどうなん?? DH制みたいだし。

準決勝第一試合のようにイカサマなんでもありなら構わないのですが。
真面目に試合しているっぽいところでおかしな描写は良くないと思います。残念。

どうもイクヨとリュウカが今シリーズでは気に入ってしまったようです。もう色物路線でOKなので、マリエルとかどうでもいいかも!?
ただ、剣コノヱ隊長のサービスシーンは切に願います。
「花右京メイド隊 La Verite」公式ホームページ
posted by みやびあきら at 14:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月09日

美鳥の日々 第6話(Days 6)「栞 no ラブラブ大作戦!」

栞ちゃんお当番回です。
いきなり家庭の事情あったりする栞ちゃんにびっくらこいたっす。
みやびは田村ゆかりさんを高く評価しておりますので(あ、そこランファ好きなだけやろとか言わない。もっと前からや)
ゆるりと楽しんだとみせかけて、割りと普通の感想です(おいおい)

さぁ、何故凛の姐御があそこにいたかは置いておいて。
格闘ゲーム中の美鳥の動きは良かったですなぁ、可愛かったと思います。セリフとボタン操作あってなかったけどな(言うな!)

栞ちゃんのお約束攻撃ですが以外と萌えませんでした。なんでだろう?
なんだかんだで正治はいいやつだし、栞ちゃんも良い子だし。
美鳥はこれまた良い娘さんです。

こんな半端な感想なのは、そうです綾瀬貴子嬢。彼女の所為ですよ!
今回もエロイ妄想かましてますし、ついについに企み作戦が成功してますよ!
大変だデートですよ!デート!! お父さんどうしますか!?(パパは心配です)

予告の映像見ました?お隣さん!
本気ですよ! 綾瀬貴子! 貴子ちゃん!!
推定彼氏いない歴17年にして、初めての実戦投入装備からして気合入り捲くりな貴子嬢に乾杯♪

次回が楽しみでなりません。なりませぬぅ〜
TVアニメーション 美鳥の日々
posted by みやびあきら at 22:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋風 第6話「秋思」

恋風の各話サブタイトルは俳句の季語のようなので、タイトルを見ただけで雰囲気や季節感がイメージされるのは良いです。
こういう風に時系列を追って話しが進んでいく作品。そこに季節を感じさせるものがさり気無く散りばめられているのはツボです。
舞台は鎌倉周辺なのでしょうが、桜、紫陽花と季節の花が演出として使われているのも良いよなぁ(これまでの回で)

さて、耕四郎は罪悪感薄れてきたとかなんだで、ふ・た・た・び実の妹を七夏をおかずに自家発電している模様。
…耕四郎お前は馬鹿かと。阿呆かと。はぁぁ、

抜くんじゃねぇーーーー!!

邪道は許す。邪でも一応道だからな(そうか?)しかし外道非道は許さん。それは道ではないからな。
なので、人として、兄としての道を踏み外している佐伯耕四郎よ。

抜くんじゃねぇーーーー!!

さて文化祭の季節。七夏たんは学校でもお兄ちゃんの事を考えてしまっている様子。
ところでみやびは姉も妹もいるのでダブルでシスコンなのです(コンプレックスの意味は人其々なのだぁ)
別に一緒に買い物に行ったり、映画を見に行ったりは普通なのですが。
しかし七夏と耕四郎の場合は分かれて暮らした時間が長くて、未だ二人の関係はぎこちなく(ほとんどの責任は耕四郎にあると思うが)
そのことにより七夏ちゃんの方もついつい友達に愚痴ったり。
逆に楽しかった事は素直に話してしまっているようで、ブラコン疑惑が学校でも噂に?(なっているようでもなかったけど)

文化祭の準備で遅くなって男子が女子を家に送るなんてシチュエーション。私は結構経験しておりますが。
例えばご町内が同じだったのが先輩だったりしたのでそれなりに気を使ったりも…
そうですね、耕四郎の妄想も分からなくはないです。
俺も先輩の仕草やなんやに少しときめいた(爆)しかも先輩眼鏡っ娘だったし(学生の頃から大馬鹿者!)
下心が最初からある訳じゃないけど、シチュエーション的に心が動く事もあるだろうからねぇ。

でもその後の態度がいかんよ!
耕四郎はただの嫉妬に狂う荒ぶる野獣。熊だよまんま(ちなみに番組終了後の提供クレジット画面の熊のぬいぐるみ2体による番組連動小劇場はかなり好き。毎回違うんだものネ、楽しみにしています>スタッフの皆様)


その後の「お前は可愛いから」発言は。今までが今までだっただけに衝撃の展開になっちゃてるし。
例えば妹が本当に可愛く見えたとき。髪形が変わった、アクセサリーや服が似合っているとマジで感じた時など。
これが血の繋がらない女性であれば、ごく普通に誉めたりできますが(私の場合)
しかし、実妹の場合。ええ私も逡巡します。マジ困ります。ぶっちゃけ照れて言い難いです(嗚呼書いちゃったよ俺)

言った後とか耕四郎のようにごまかしはしませんが。話しを続ける時はあんな感じになってると思います。
妙に浮ついているというか… とにかく苦しい状況です(^^;

あれ、やっと耕四郎の心理で理解できそうな部分を見つけたか、俺?

電車の痴漢の話しを忘れてましたね。
ええ七夏たんに痴漢した奴、拷問な。地獄の責め苦を味合わせてやりたいが。
もし、あそこで七夏が耕四郎にその事を相談していたら大変な事になっていたろうな。
それこそ荒れて、荒れ捲くったあげくに電車乗るな!とか言いそう。勢いで車を買って送ってしまいそうな展開もあるかもね。
ところで、私。耕四郎はんは体臭があるほうだと思います。それはやばいと思います。
七夏はずっと母親という女性とだけで暮らしていましたから。
(しかし一人で暮らしているはずの現在の母親の話しが全く出て来ませんが何故?誰も思いを馳せませんか?ちょっと可哀想です)
それがフェロモンとして作用し七夏ちゃんのホルモンバランスに影響を与えている恐れがあります。
危ないです。今後の展開が更に危ないと予想されます。

纏めとしては。七夏ちゃんは相変わらず可愛い。友達の眼鏡っ娘(安西双葉ちゃんかな)はひそかに楽しみです。
そして耕四郎はちょっと共感できた部分と更に理解し難い部分が両方見られた回でした。
「恋風」 〜 公式ホームページ〜注!音が出ます。
http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/anime/koikaze/index2.htmlなのでインデックス2を併記。
posted by みやびあきら at 13:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月08日

神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON 第18話「氷の微笑」

エカテリーナ。山田美穂さん。みほみほお嬢様祭り♪
でしたが、その点については本当に堪能させて頂きまして長岡監督をはじめ、スタッフの皆様方には感謝感謝です。

しか〜し、先週に引き続いてゴオが活躍しない話のほうが楽しいのは間違っていると思います。
深読みすれば(自分的に)かなり気になる謎の片鱗、ヒントがあるとも思える回でしたが。
(シャドウだけじゃなくてロシアチームの関係すら「神魂合体ゴーダンナー!!」のタイトルに隠された謎に繋がっていると思います)

過去の擬態獣との戦闘時に影響を受けたと思われるキャラが何人か出ています。
分りやすいのはマックスミラ
そしてマックスのセリフや全シリーズの予告?からゴオもそうでしょうしシャドウも今回で2回目の体調異常(モウカクも今後危なさそうですし)
静流はミラによって寄生されたのでしょうし。マックス…は異常な上に更に流し込まれたと考えて構わないかな?

タイトルにエクスクラメーションマークが二つは人間の男女のペアを指し(シャドウとルナについては別考察出来ます)
神魂合体という言葉の秘密はその裏に隠された真実を隠す擬態であり。
同じようにゴーダンナーも行け!旦那とか、ゴオが旦那というのは表向きの擬態。
やはり真実はGOD杏奈。女性の女神性に番組最後の謎を解く鍵があるはず(な〜んて思っていたり)

明らかな異常を見せているのは己の愛を上手く示すことが出来ない人物であり。
特に男性が一方的に俺の力で彼女を!みたいな雰囲気だと悪化しているように見えます。
愛の形やそこに存在する人の意志・思いが融合後に様々な影響を及ぼしている……んじゃないかと。

イギリスチームも歪んだ愛情が記憶を取り戻す前のミラによって危ない展開を呼びそうな所がありましたが。
その辺りも含めて気力が保てれば書いてみます。何分前回は逸れすぎて大失敗したので(苦笑)
神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON
posted by みやびあきら at 20:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月05日

勇午 -交渉人- 2nd.NEGOTIATION 第4話「マロース(極寒)」

3話の時に嘆いていた現実が眼前に広がる…
ああリューバちゃんが。ロシアの知的眼鏡っ娘が!世界の至宝をこんな目にあわせた奴を許しちゃおかねぇよなぁー勇午!
お前も見通しが甘すぎた事を悔いてリューバを助けるんだ。

アルカロイド系かよ、自白剤大量投与かよ。
リューバはなんら犯罪行為などしていないが、ここはロシア。そうこんな酷い行いが世界に配信される国さ…
許しちゃおかねぇよな。

勇午自身は仕事が終われば必ず来ると言い残してリューバが放り込まれた病院を後にする…
そして無茶にもほどがある全面凍結したアムール川を徒歩で渡り。更に軍施設内に侵入を果たし、オリガに接触。交渉・説得の上で協力を得ることに成功する。

恐るべし別府勇午! 尋問と言う名の拷問に耐えた挙句に今回の超人的行動。
極寒の中で灼熱の砂漠を歩いている自分のビジョンが見えたのは、強力な自己暗示か、はたまた妄想かは分らねど。
肉体・精神的にはゴルゴ13のようなネゴシエイターだ。

次回は勇午を楽しませ(違います)拷問し、リューバちゃんを半廃人状態へ追いやった、直接的変質者の犯人にリベンジ!
なので次回第5話は「尋問」究極のM男くんかもな勇午(爆)
勇午 オフィシャルホームページ
posted by みやびあきら at 19:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月04日

ぷぎゅる 第4話「チェコちゃんとナチ子」

今日は今までよりも番組内放送時間が早かった。
烏賊娘登場。いか、イカ、乾くとするめいか。でもなんのイカかは不明。
なのでするめじゃないっぽいよね。顔は飾り、贋物で本当に烏賊
フリフリはメイドさんには必要です。MADLAXのメイドさんにはついていないのを見て妹さまが文句を言っていたので。
ぷぎゅる世界の基準は正しいです。

本編は特に面白い事もないかも!?
EDの方が面白いです。無敵。フルパワー。短いアニメの中で更に短いEDが楽しいというのは…
そういうのもありかな?
ぷぎゅる公式
ところで、やっぱり全7話?全話足しても普通に30分アニメより短いかもしれないの?
posted by みやびあきら at 22:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOVE LOVE? 第1話「三月の濡れた砂」

前回の超妄想期待記事はこちら

ええ、最初の期待と違ったが(爆)
OK!OK! 別の期待不安!?が生まれたよ! そう来たかよ! ちぃ!やってくれるぜmoeめ!!

硬派だと思いこんでいた大泉直人(コスプレイヤー原作者)くんが、まさかまさか普通(以上)にエッチな少年だったとは!?
お兄さんちょっとショック。
でもその気持ち分かるからOKだ! でも密着カメラマンとして合宿や撮影に参加するとはエロイ少年
そんなに八神菜摘が好きなら仕方がないか、そういえば「ヒットをねらえ!」第1話で主人公が既に決まっているという事を再放送を見て思い出したよ。
…まてよ、その真相を知っている人間からは大泉くんの思いバレバレなんじゃないの?

ま、いいか。
でも生田美月プロデューサーとの会話を聞かれたぞ!原作者だと言う事がばれてくさいぞ!
そして始まった女の子からの原作者を篭絡させて自分の出番やなんやに便宜を図らせよう。
他にも色々狙っちゃおうな、おにゃの子達が押しかけてくる話しだったのね。

LOVE黒ハートLOVE?と言うよりは「原作者をねらえ!」「大泉くんをねらえ!」な話しのようなのですが。
桂木洋子の登校中にぶつかっちゃうぞアタックから始まり、城ヶ崎ヒカルの何も知らない分からないネンネのふりした攻撃も。
早坂みくのパンツ見せ・捲くるぜ攻撃も(いや全員パンツ見せてるけど自ら捲くったのはネ)今村さやかの菜摘声真似から色々匂わせる攻撃も。
君達全て計算した上での挑発・篭絡行動と見た!

問題は八神菜摘はどうなのか? ヒットをねらえ!を見る限りは彼女だけ知らない。天然パンツ見せ少女とも思えるのですが…
おれ、儚い夢を見てるかな?
一人くらいは信じていいよね、ね。
でもCMでの大泉くんの行動を見ていると…

いやぁ〜〜〜、大泉くん不潔よーーーーーーッ!!!!

***pc-moe.com***

すまん、DVD買う可能性があるよ。畜生、復活前のmoeのDVDを数枚所持してる身としては俺自身篭絡されそうだ!!
P.S.それじゃ実際のところ面白いかと言われると微妙なのですが(おいおい)
それでもここまで付き合った身としては見届けるぜ!な、気持ちがかなり大きく。
まさに死なば諸共一蓮托生死に水は俺達がとってやるしかないだろう。な気持ち。
ただ本当に大泉くんには期待してる。
なお、妹にコスプレイヤーのED曲がかなり良いと思うので買おうか悩んでいると相談したら。
「馬鹿か?」と言われてしょんぼり。
今のところあの曲だけはまともで、他は今一つか別次元へ逝っちゃってると思います。
曲に関しては萌えより燃え!が良いです。
posted by みやびあきら at 16:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北へ。〜Diamond Dust Drops〜 第3話&第4話

北へ。〜Diamond Dust Drops〜 第3話「〜北見〜白石果鈴 前篇」
「〜函館〜茜木温子篇」が非常に楽しかったので(前回感想はこちら。プレ感想はコチラ
かなり期待をして見ていましたが… あれ?普通だなぁ〜。

お姫さま話しとも言える持病を持った長期入院中の少女白石果鈴の物語。
自分の見た夢をHPで公開していたり、お兄ちゃんがとっても優しかったり。
王子さまを夢見る少女というのは描くのが難しいんじゃないでしょうか?実は。

最初は嫌っていた医師を好きなったりとかは、お約束でしたね。

北へ。〜Diamond Dust Drops〜 第4話「〜北見〜白石果鈴 後篇」
前回メールを出していた、あなたのファンさんの正体が担当看護婦で。
あこがれを憶えていた甘粕医師と学生の頃から付き合っていたり。
物語が大きく動いた様にみえても根本は、甘えてばかりいた世間知らずのお姫さまに。
その事を気付かせてしまって終わりで、以外とあっさり味。

もうちょっとDEEPなものが見たかったですね。

ところで、実は本人も旅好きらしい(秘境とか行ってみたい?不思議発見のレポーターみたいなものに憧れているみたいな事をインタビュー記事で読んだ)
青羽剛さんが甘粕先生にキャスティングされていたのがミソだったのかも。
こういうすかした役は上手いですが、ちょっと甘粕自身が中途半端な役回りだったので残念。
www.kita-he.com|北へ。.com
posted by みやびあきら at 16:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD おねがい☆ツインズ 第13話「夏は終わらない」

買ってあったDVDをやっとこさ見る。
ええと、どうだろう?狙い過ぎだけど、狙いが少し外れているような??
面白くない訳じゃないけど、すげー楽しい訳でもない。むぅ〜、普通?
値段からするとちょっと不満かも?

TVシリーズで血縁関係が判明してから2週間後の夏休み中のお話し。
麻郁お兄ちゃんにべったりな樺恋。深衣奈が麻郁に近づきたくとも近づけない状況です。
性格が変わってとっても積極的な樺恋。逆に深衣奈は遠慮気味ですね。

詳しい内容はご購入頂くかレンタルするかして御視聴下さいませ。
私は限定版買いましたが、ちょっと痛い出費かも(^^;
でも、続けてみた光と水のダフネの方が楽しかったもので、サービスの質の違いに微妙に評価が下がっているだけですので。
ファンの方でおねツイ的お色気サービス?がOKな方は無問題だと思います。
なんだかんだでその後が気になっていたので、それが分かった事は良かったです。
…でも進展無かったどころか最初に戻った気がしないでもないですが……
おねがい☆ツインズ公式ホームページ
posted by みやびあきら at 15:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋風 第5話「遠雷」

耕四郎はその後ろめたさから七夏に酷いことをしてるなぁ。
はっきり言って犯罪者を見ているようだ(あ、まんま性犯罪者?)

ゴミ箱の例の使用後のティッシュですが、まあ直接手に取って捨てたんじゃなくて。
逆さにしてゴミ袋に放り込んだんだろうけど、一晩じゃ乾いて無い(爆)だろうし。
臭ったりしたんじゃとか、もう耕四郎のうろたえ方はみっともない事この上無いが。
ようは、くんくんした事と七夏をオカズにした後ろめたささえ無ければ普通に誤魔化すだけで済んだろうにねぇ。
自業自得だ耕四郎。

七夏のお茶碗にまで反応するなんて妄想が連想し過ぎでございます。
しかも、落として割っちゃうしさ〜。
学校で友達がフォーローしてるけど(お、眼鏡っ娘今日は弁当だね)
それにしても、誕生日かぁ〜(これは実際なかなかに難しいと思います)

父の短絡的発送は好感が持てました。耕四郎いらないな(苦笑)
ちゃんと息子に迎えに行くように連絡してる父は浮気して愛人いる人間にしておくのが惜しいぞ。
今の危ない状況を作った根本的原因はダメ父なので同情はしないけどね。

さて、誕生日プレゼントで全てチャラにしようと言うのは分かるが。七夏は単純だからとかは失礼な奴だ耕四郎!
実際のところ単純なのは耕四郎本人だし。その後もダメダメ〜

とにかく七夏ちゃんがどんどん可愛くなってきており。そこがこの作品の魔性部分ではと感じる今日この頃です。
「恋風」 〜 公式ホームページ〜注!音が出ます。
http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/anime/koikaze/index2.html
P.S.店で茶碗を買っている七夏を道路の反対側で見ている耕四郎。それだけの距離をとってしまう耕四郎の心の陰部が今後の物語でどう語られるのか気になってしまう。
陽の橋を掛けて近づくのか陰の橋を掛けてにじり寄るのか…
posted by みやびあきら at 15:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月03日

プラネテス 第25話、第26話 纏めて感想?

例の件で25話の再放送を見てから26話を見たりしていて感想を上げるタイミングを逸しておりました。
が今ここで。

プラネテス 第25話「惑い人」
この話を見ることが出来なければ最終話をみても悔しさと勝手な怒りでプラネテスが伝えたっかたものを受け止めることが出来なかったと感じました。

いきなりフォン・ブラウン号の乗員最終試験に合格しているハチマキ。
でもあの腑抜けた状態で、よく合格したものと感じたが。ライバルの多くが宇宙防衛戦線のテロにより死亡したり怪我を負った為に脱落したのかも知れません。
レオーノフ無事でよかったね。その計算力をタナベも持っていればね…

息子に気を使うゴローは父親として何か出来る時はしないといけない事が分っている大人な面を見せています。
普段は無邪気な子供の分、真剣に心配しているんだなぁと感じました。
でも地上に降りてからハルコさんに話すところを見ると、やっぱりハルコさんが一番大人です。
九太郎でかいよ!アルター使いですかお前さんは!?

タナベの遺書を見てしまい、そのままバイクで飛び出すハチ。
バイクの描写がとても気持ちの良いものでした。よく描けている分バイクが事故るシーンはドキッとしました。
ちなみに前輪をロックさせてジャックナイフした事はないですが。後輪をロックさせて暴れ馬の如く後輪が跳ねた経験あります。
直後、後ろを走っていた車が車間距離をとったのが心臓バクバクしながらも笑えた10代の若かりし頃の話。

げ!ハチ無事かよ!?と思いましたが。
そこで螺旋の夢を見たいですね。人と人が繋がりあい、人が螺旋の進化を続ける中にハチマキも入っているのですね。

タナベが登場したときは痛々しくて堪りませんでした。
更にあの時のタナベが自分のを貫いていた事を知りショックを受けました。
俺には無理だよ… 愛ちゃんは愛の名に縛られるとかを超越しています…

う〜ん良いなぁ〜。これでやっと最終回を見ることが出来ます。

プラネテス 第26話(最終回)「そして巡りあう日々」
シリーズ構成のなんたるかを思い知らされる。最初に明確なビジョンがあり、それをきっちりとやりとげたスタッフに脱帽です。
行き当たりばったりで売れれば官軍な作品もあって構いませんが。
こうい作品が私は見たかったんです!!

纏めています。凄いなぁ、凄いよ。
テマラ・ポワチエ達の諦めない姿は心に残りました。
その思いが如何に大切なものであったかは、テロリストに身を落としたクレアにもようやく伝わったようです。
今まで出てきたみんなのその後の姿が描かれていました。
リュシー結婚まで漕ぎ着けたよ!凄いや旦那は尻にひかれそうだけど見事コントロールしてみせて連合のトップに立たせる事ができるかも!?

そしてノノちゃんの前に現れたハキム。彼だけがテロリストのままで未だ憎悪の中で生きています。
あそこのノノが光の側ハキムが影の側なのは印象的なカットです。
一旦は退いたハキムもあのままでは死ぬか、再びテロリストとしてしか生きていけそうにない悲惨な姿でした…

タナベのお腹の中の子供はプロポーズをしたあの時、あの宇宙で受胎していそうですね。
ハチと九と同じように(^^;

う〜ん、見事すぎて俺の言葉じゃ語れません。
とにかく本当に良いもの見させて頂きました。ありがとうございました。と。
PLANETES Web - プラネテス公式ホームページ
NHKアニメワールド:プラネテス
posted by みやびあきら at 15:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋風 第2話・第3話・第4話 纏めて感想?

第1話の感想や考察はこちら

本当の妹がいる私が、恋風の深いところを分析?してみようとすれば思考が迷宮を彷徨ってしまうことは予想出来た事で…
ごめんなさい。公開出来そうなものが書けなかったので普通?に感想を書きます。

恋風 第2話「春宵」
なんでこんなに耕四郎の機嫌が悪い、と言うか七夏にきつく当たるのかが良く分らないが。
妹と言う存在に慣れていないと言うよりは、気になる女の子に冷たくする子供のようなものなのだろう。
俺も妹に弁当を作ってもらう事がある(今年は無いけど昨年辺りまではネ)
自分で作るより美味しいものを作って貰えるし、感謝、感謝である。
耕四郎は子供の頃に母親の手弁当を食べたことはないのだろうか? あると思うんだけど…
カップ麺を食す眼鏡っ娘は、ありそうな光景でインパクトがあった。

それでだ、会社に来たことをあそこまで叱責するのは如何なものか耕四郎よ。
コミュニケーション障害だぞあれじゃ。
そりゃ七夏ちゃんショック受けるぞ、子供でも分りそうな態度の耕四郎に天誅を!

最後はヤバイ思った。妹のいる俺も夜道はとてつもなく心配なのだよ!
痴漢多いからさ!性犯罪者減らないからさ!耕四郎よりそんな連中を裁いて下さいませ要さま。

ラストの桜が舞い散るシーンは、またこれで刷り込まれてしまったなぁーと。
意識、無意識に関わらず。あの中に二人でいた事は刻み込まれてしまうだろう。
そして思い出された時に、二人の心がどう動くのだろうか?

桜についての考察は我、妹さまのお言葉参照。

恋風 第3話「薫風」
ああ耕四郎よ、耕四郎。お前さんが同居してるのは実の妹ぞよ。
何意識してるんだ!下着がなんぼのもんじゃ!お前さん大人の恋人もいた身だろうが!!
等と激しく突っ込みを入れますが、妹じゃなくてもあの年代の女の子は普通に良い薫りがします。
ええ、薫るのですよ!(力説してみた)

ツインテール眼鏡っ娘いいよな。俺の中学生の頃の女友達にあんなタイプいたよ(苦笑)

生理の話は真面目に受け止めました。
自分は母も姉も妹もおります女性が多い家でしたので、その辺りの話も私は男にしては良く分る方かもしれません。
察知するときもありますが、それ以外は極めて普通に意識をしないで暮らしています。
何というか仲の良い友達も女性が多かったりして、中学生の頃から女友達と生理の話もしたし。

それじゃ、そんなエピソードの中から一つ。
何故か女友達から生理の事で相談を受けたりしたこともあるみやびなのですが。
例えば夏休みに仲の良い先輩も含めて(いくつかの部活関係者でだったりした)プールに遊びに行く話しになりまして。
クラスも部活も違うけど仲の良い女の子から相談を受ける。
俺の部活の先輩が実は好きで(俺もその事は知ってる)どうしても一緒に遊びに行きたいけれど生理の予定日でどうすれば良いか相談を受ける。
それは悩むよな俺も真剣に考えた。普段はナプキンな訳ですがこういった時は水泳部の女の子なんかはタンポンを使って大会とか出てると聞いたことがあり。
「ジュニアタンポンでも良いから使ってみる?」とつい安易に発言してしまい激しく怒られる。
そうか、やっぱりそんな簡単な問題でも無いよなと反省。抵抗あるよね、それに色々難しい事あるし…

色々話し合って、取り敢えず一緒に行く。けど無理しないように、冷やしたりしないように。
ダメなときは諦める。他に話している子も含めて一緒にサポート&フォローするからと。
当日、一緒に行くことになるけど水には入らないように話を進める。
終わりかけとはいえ、男が考えるよりも女性の体はデリケートなのである。
バカな男共が水を掛けたりしないようにカバー。

ああ長いね、そろそろ止めておきましょう。
他の女の子とか女の先輩も含めて、何故か俺だけ気付いてしまい必死になってフォローをしないといけないようなハプニングが他にもちょいちょいあったが。
考えてみればトイレの事とかも姉や妹がいなければ気付かないよな普通。
いや俺も普段は気付いていないのです。気付いていないフリをするなんて難しいから困るので(^^;

恋風へ戻して。
学校でも女の子達の結束は男子より固いと思います。話題にすることも大分違ったりするから。
だいたいポシェット(ポーチ)なんかに入れて用意してあるのでしょうが、よく助け合ってますよね。
男にはそういうの無いので、絆の深まり方も違うと思います。

また話は逸れて。
ある有名女性声優さんがラジオの罰ゲームというか何というか今持ってるバッグの中身を全部晒して説明しないといけない…
なんて事がありまして。のど飴だったり、台本チェックようのペンだったり。色々あるのですが。
そこにあったポーチについて困っているのに調整室からしつこく聞いてやがるんですよ!
お前らわかってやってるやろ!!
糞セクハラ野郎共が!! と、文化的でない文化放送スタッフをラジオの前で罵った事あり。
まだあの頃は結婚する前でしたし、女性を公共の電波で辱めるとは下衆共が!!
察しろ。お察し。察せねばなんとす!?

戻して、恋風。
眼鏡っ娘の恋は儚く吹き去ってしまいました。可哀想だけどその後の空元気と追及に応援したくなるような娘さんだよ。

耕四郎は察せません。
だからお前、恋人いたろう?全くその辺りを見せない感じさせない女性という事もないだろうに。
それともHはするが、それ以上は考えもしない関係だったのかよ?
結婚相談所に勤務しているとは思えないにぶちんだぞ耕四郎。

耕四郎も真相を知って困っておりましたが。七夏が特別な存在であると気付き始めてるのか?
まあ駅に迎えに行ったことは褒めて遣わす。

ところで、洗濯物で下着を干すときは他のもので囲むようにして出来るだけ外から見えないように私などは干しますが。
あの干し方は危険だと思います。改善すべきと思います。
(結局なんだか生理話で終わってるよ… タブーにすべきでは無いが、無神経に話題にするべき問題でもないはず。反省すべきは俺ですね、すみません)


恋風 第4話「夕立」
衝撃の回! 他所でも祭りになるような展開でした。いや、あれはいかんだろうよ。くんくんとか自家発電とか。
耕四郎。お前は本当に秋本宵子嬢と大人の付き合いをしていたのか?
今回の話を見ると明らかにしていたのだが、まともじゃないぜ耕四郎よ!!

とにかく七夏が可愛らしく、小悪魔というより天使のような描き方だった。
スタッフは力を入れるべき時、場所に精力を注いでいます。凄かったっす。見ながらうろたえてました(苦笑)

兄と映画を見に行くのが本当に楽しみだった妹に対して、別れた女とすれ違ったくらいで、言い訳しにいくダメ兄耕四郎。
しかもその後の脳内の動きが涙を超えて苦笑を誘うような短絡回路。

最後のセックスから3ヶ月経っていた」じゃネー!!

しかし前にも書いたがこんな宵子さんのような魅惑的な女性と一時でもお付き合いしていた耕四郎は勝ち組だろうよ。
お前、なんなかんだで彼女の心と付き合うことをしなかったな?そうじゃないと思ってるようだが、見ている側からすれば同じ事だ。
その後も言わなくて良かったじゃネー! 宵子さんは明らかにお前の下心スケベ心を察しているぞ。
あの口振りや態度からそうだろうよ。既に間抜け状態だ耕四郎。七夏たんを無視するからそんな痴態を晒すんだよ。

しかし、その後の痴態に比べればかわいいものだぜ。普通、妹のブラをクンクンするかよ!くんくんだぞ。
しかもその後何を想像してティッシュを消費したよ耕四郎。ぶっちゃけありなーい! 人としてどうよ!?
その後自棄になってるけど、その前に踏み止まれよ!!

畜生。こんな話なのにスタッフが思いを込めて作ってるから続きが気になって仕方がないぞ!
俺の負けだ……
「恋風」 〜 公式ホームページ〜音出ます。
なのでhttp://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/anime/koikaze/index2.htmlこっちも。

P.S.まずはトイレの便座を使用後に下げとく癖付けような耕四郎。出来れば蓋も閉めるようにして臭いとかも気をつかえよ耕四郎。
女性と暮らすならそれくらい無意識でやれや。
あと、献血センターで全く初対面の綺麗な年上女性から普通に生理の話を振られたことあります。
俺って普通にそういう事話して大丈夫そうなオーラでも出しているのか?
ある意味、人畜無害の安全牌扱いでしょうか?(爆)
posted by みやびあきら at 14:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロノクルセイド 第21話「マグダレーナ」

デュフォーが公爵デュフォーが! まぁあっさりと…
先週の罪人の扱いから予想しておくべきだったのかよ。さらば若本キャラ。髭はもう抜けないね…

本編は過去のクロノとマグダレーナの悲恋?話が明かされた回。
ああ、やっぱり悪魔を陥落させるのはだよね。
アイオーンは自己愛が激しいので改心?するのは無理だろうけど。
井上さん楽しそうに変質者を演じ続けておられます。かなわんよなぁ。
でも正直アイオーン見るのは辛いです。見たくないです。

この展開からハッピーエンドになるのだろうか?
どれだけの犠牲を払ってでも幸せになって貰いたいと願って良いのだろうか?
この状態で次回放送を待つのは辛いなぁ〜。フジは何を考えて…
クロノクルセイド Official Site
posted by みやびあきら at 12:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花右京メイド隊 La Verite 第5話「リュウカ再び!」

サブタイトルからしてデジャヴュだなぁ〜。
有明よ、私は帰ってきた!」いやサブタイ以外もか(笑)

鈴木イクヨちゃんはすっかり汚れが板に付いております。
ところで以前の感想で中の人の有島モユさんが前より上手くなったとか書いたことがありますが。
世間一般的にはヘタになったと言われています。私も普通に考えればそうだと思いますが…
いや違うぞ。違うんだ!と敢えて異を唱えまする。

確かに前は普通にセリフを喋っていましたが。あんまり印象に残らなかったと思いませんか?
しかし今回は、この今にも噛みそう噛み神ぐあいが、かえってイクヨというメイド隊の中でも異質の存在をより一層際立たせていると感じませんか?
そう、これは演出なんですよ! でも演技上の演出ではなく青二の最終兵器としての有島モユ嬢をキャスティングした事自体が物語上の演出となっているのです!
なっていると良いな。なってくれないかな。お願いそうだと言ってよ!!
さて本編はさり気無い2話構成とも取れる内容。
即売会でのイクヨの売る気漫々な行動。製作会社など関係各位も悪乗りしたかのようなコスプレの嵐!
狙い過ぎだ!!
(個人的には原作ファンからも扱き下ろされたヘル珍グと珍月譚は正直見た瞬間に悪い意味で沸騰しそうになった)
ちなみにイクヨちゃんはモネになれれば良かったが録音監督以外は関係無いもねもね。

さて鈍い、にぶちんの太郎さまを理解出来るようになったコノヱさんが、さり気無くリュウカをフォローしてしまうのに萌え。
自分はマリエルよりリュウカの方が好きだし(確かにリュウカの言うとおりマリエルの黒い部分が見えたぞなもし)
なんと言うか、収まるところに収まった回でした。
「花右京メイド隊 La Verite」公式ホームページ

P.S.コスプレ時のみなさんの演技は凄い人とそうでもない人の差が際立っていたかも?
グレースの「わっふ〜」は反則だと思います。
太郎さまの「エッチなのはいけないと思います 」は販促だと思います。
甲斐田ゆきさんの可愛い演技は貴重なのですが、ちょっと引き攣ってしまった(爆)
posted by みやびあきら at 03:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月02日

ヒットをねらえ! 第8話「みんなー!」

正直に言います。
今、俺は… 「LOVE黒ハートLOVE?」が楽しみでしょうがありません!(爆)
うひゃひゃ、どうしよう。騙されてるよ俺。きっと詐欺に引っ掛かってるよ俺。
でも、いいや。正直に生きていける時は正直に生きようっと。逝き生き様見せるぜ!(嘘)

さて、相変わらず生田美月はおこちゃまで久留米Pに助けられただけとも言えそうですが。
おそらくは、将来美月がカミーラになれる日が来るでしょう。それに期待しての今までの態度・行いだったのでしょうね。
美味しいところ持っていってます久留米さん。
結局作品中の「超変身∞コスプレイヤー」は打ち切りとなり、美月はなんの役にも立てないままでした。
その後、美月の立ち直り方はちょっとご都合主義のような展開で今一つでしたが、5人の美少女達が気になるので見逃します。
OVA製作決定で復活おめでとう! で〆。

コスプレイヤーはとにかく超変身と言うより超展開な話しでありました。
あまりにツッコミ所満載で逆につっこむのが難しい…(^^;
でもその裏事情をヒットをねらえ!でアホみたいに見せてくれまして。
もうツッコミを入れるべきはこっちだったのかの業界?臭いお話し。
なんだかなー。 ではありましたが、色々なアイデアは良かったと思います。

A15」の2作目までは、スタッフが考えた、思いついたアイデアをぶち込み過ぎて。
話数の少なさ時間の短さとも相俟って、正直バランスは悪いし消化不良のところが多かったと感じます。
けれど、何だか見続けてしまうだけのおどろおどろしい何かの力に引き摺られてしまった俺は。
もしかすると次回からのLOVELOVE?の展開によっては完全最終勝利者になれるかも!?
いや、なりたいよ。勢いでDVDBOX買っちゃうかもLOVELOVE?の。

纏まらねぇ〜〜〜。それほど次が待ち遠しくて堪らない今日この頃です。
***pc-moe.com***
願わくばあまり無茶はしないで欲しいけど。やっとまともな主人公(男)の出番と言う事でFA? 大泉くんに期待してます。
りぜるまいんも最初はあざと過ぎてつまらね〜とか思っていたら楽しくなってきたし。今回のA15もまんまなのか?
posted by みやびあきら at 19:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美鳥の日々 第5話(Days 5)「アイ no チカラ」

ああ落ちつく。安定したレベルを続けて提供してくれるスタッフの皆様方に感謝です。
ええ急性アルコール中毒で倒れた正治の変わりに八面六臂の大奮闘を見せる美鳥ですが。
その疲れと、きちんと布団に入らずに寝た影響か風邪をひいて熱を出してしまいます。
正治くんに迷惑を掛けない為に頑張ろうとする美鳥。でもそれを正治なりの言い方、やり方で留める正治くんに拍手。
この二人は良いねぇ〜、応援したくなるカップル?です。

綾瀬貴子はより危険な妄想にふけっております(爆)
でも中の人がゆかりんの小学生に出しぬかれて、作戦失敗。
めげない貴子に乾杯! 報われなくとも恋に恋している間はかなり楽しいので、たっぷり青春してね♪

教育委員会にタレコミを入れたくなる馬鹿体育教師が出て来ますが男は語らん。
美鳥も正治も是非とも幸せになって欲しいと願いつつ、大型連休を無為に過ごすみやびでした。
TVアニメーション 美鳥の日々
posted by みやびあきら at 04:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇午 -交渉人- 2nd.NEGOTIATION 第3話「公文書」

何てこった!リューバたんが!ロシアが誇る眼鏡っ娘女子大生が!
嗚呼……

ええ経費500ドル、成功報酬1000ドルなんかじゃ割に合わなさ過ぎです。
あんな目にあうなんて、勇午も分かっていたろうに酷過ぎるよ。
アメリカなら裁判で500万ドルや1000万ドルの賠償金を貰えそうな展開ですが。
そう、ここはロシア。あまりに寒過ぎました……

お約束の勇午の拷問。どう見ても相手に捕らえられる事。そこで拷問を受ける事は計算済みの勇午なので特に驚きはなかった。
なんだか以外とあっさりと済ました印象。
パキスタン編では殺す目的のリンチ的拷問(責め)だったので、かなりヤバイものだったが。
今回は殺さずに情報を引き出す目的であったのと、拷問担当官が今一つ分かり難い行動をしている破綻者だったので拷問なんだけど面白みはなかった。

そう問題は勇午よりも一緒に捕らえられたリューバである。
普通の女子大生なのにどんな酷い目にあっているかと思えば終盤で病院送りになっている事。
更に予告では半廃人状態で……

ギャー!!
あの状態から察するに、どうみても拷問を受けてるよ。しかも素人さんだから直ぐに知っていることを全て話したろうに。
なのに、軍の中でも特に異常な集団であった為に相当酷い目にあったようだ…
糞!あんなに良い娘さんが。貴重な人類の宝の眼鏡っ娘があんな事に…
勇午の責任は重い。重罪だよ… 一体来週以降どうなるのか? 目が離せません。
勇午 オフィシャルホームページ
エロイイヤらしい感じの男性の声が聞こえると思ったら一条和也さんでした。そうだよな!と納得する。
posted by みやびあきら at 04:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽぽたん 第3話「まほう」キッズステーション版

1話は微妙な雰囲気だったぽぽたんも、2話3話となんだか良い感じでございます。
非常にベーシックな話しでありながら心温まる話しでした。
順番通りみいのお当番回でしたが魔法少女ネタからああいった展開になるとはちょっと新鮮!?
ヒーリング限定とはいえ特殊な力を持っていたとは!(3姉妹ともですか?)
メイドのメアーさんの留守宅での過ごし方は凄まじかった。黒い、黒いよ!腹黒いというより底無しの腹。
でも幸せそうで、怒れないよね(苦笑)
ご都合主義の展開であっても、上手い見せ方ををすれば良作になる良い例でした。

しかし、相変わらずお風呂シーンはとんでもない修正を受けている。
ええ、湯気とか蒸気が濃いとかのレベルではなく、キャラの輪郭や色であろうと何であろうと。
もう見るのが無理。五里霧中で微かに見えない事もない?所から何かが起きていることを推測するしかないような状態。
作品破壊極っております。どうにかならないの?本当に!
TVアニメーション「ぽぽたん」公式サイト
ナベシン回だったので、どうりで面白くて変?だと思いました。
posted by みやびあきら at 04:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月01日

ガンスリンガーガール 第1話〜第4話

現在アニマックスでガンスリンガーガールが一挙放送されています。
私自身はフジテレビ放映時に全話視聴していますが、今回は妹さまがみてます。
本放送時にはとにかく毛嫌いしておりまして「全く見る気がしない」「おかしい」「あんな話は耐えられない」等など。
私が見ていても●●扱いしていました(^^;

確かにその設定からして生理的に受け付けられない人も多いと思います。
私も正直、見る前にはこんな酷い話は例え作品の出来が良くても如何なものか?見ても受け入れる事が出来るのか?
と、疑心暗鬼に満ち満ちておりました。
実際1話を見たときはのっけからのキツイ話に生理的拒否反応が出て「なんて酷い話だ!」とそのまま拒絶しそうになりましたが。
しかしこの作品は見続けなければならないという思いが勝り視聴を継続いたしました。

そんな過程で妹にこれは見て貰いたいと願うようになったのですけれど、とにかく拒否・徹底拒絶されました。
「あんたおかしいよ!」とまで言われても(お兄ちゃん泣いちゃうよ)地味ぃ〜にネゴシエイトしてきた努力が実を結びこの大型連休に花開きました。

第1話「 兄 妹 - fratello - 」第2話「 天体観測 - orione - 」まずはこの2話一驚放送分から。
妹が先に一人で見て。妹が自ら録画したものを後で二人で話し合いながら視聴。
かなり突っ込んだ話をしつつ、私も改めて見直した事により気付いた事を話し掛ける。
かなり長い会話なので端折りますし、うまく纏められませんが。とにかく妹が言うには。

ジョゼさんは酷い人だ

確かにジョゼがやっている事は好意的にも取れますし、全く正反対に取る事も出来ます。
皆さんはジョゼの事をどう考えられますか?
ヘンリエッタの流した涙の意味。「ジョゼさんはなんでも知って……」の問い掛けに最初の時は答えなかったのに。
二度目は答えた意味。それはかなり重い言葉であるけれど、ヘンリエッタが最初の天体観測の記憶を失ってしまっている事。
その前の担当ドクターのセリフであったり… とにかく色々な部分が関わりあってこの第1話と第2話を構成しています。

まじまじと話し合う本当の兄妹としてはfratelloの言葉をそのままあっさりと受け入れる事は出来ませんでした。

さてさて妹からもかなりDEEPな話が次々と出まして感心致しましたが。河惣益巳さんの作品を例に出して聞けた話は特に勉強になりました。
でもそれだとジョゼとヘンリエッタは一緒に死ぬ事になりますね……
うわ〜〜ん、ハッピーエンドがありえない話なのですが。結局それはヘンリエッタにとっては最高のトゥルーエンドですか妹さま!!
更に他所ではぶっちゃけありえない話題は「冨田 真」さんの話。
誰それ?とお思いでしょうが。第1話で一番最初にヘンリエッタに殺されたジョゼさんに無礼を働いたルーイ役の声優さんです。
有名な役を探そうにも「テニスの王子様」の不二先輩の役しか出てきませんよ。そうテニプリアニメでとてつもないヘタクソな演技を晒してしまっていた方です!(言っちゃった…)
(フォローしておくと最近は少しマシに聞けるようになっておりまするぅ)
(少し話が逸れます)冨田さんはガンスリで他の回にも出ていますが、所謂ネルケ系声優。
当サイトでも何度かネルケ系については話が出ておりますが、前回はかなり厳しいことを書きました。
実はガンスリンガーガールもネルケ系ではあるのすが、予算が多いと男性(準)レギュラー陣はかなり豪華ですし、ゲストもかなり奮発しております。
冨田さんも一般的なレベルよりかなり低いレベルで出てこられましたが、ここまで来たのかと感慨深いです。
特に私は新人声優さんのチェックに余念が無い?人間なのですが(極端な話、養成所所属時代の声の仕事からチェック入れます。坪井智浩さんは確実に山田美穂さんもおそらくまだその頃…)
その影響で妹も、あまりに不二弟がヘタだった反動で反って印象に残っいた言うか。
私がなんじゃありゃ!?と、事ある度に引き合いに出すので。その度にフォローを入れているうちに(少しはましになったんだよ。とか)温い目で見るようになった模様。

日本に数いる本当のfratelloでヘンリエッタに吹っ飛ばされた男の話でここまで盛り上がれる兄妹はいないと思います。

妹さま「見続けるか悩んだけど、冨田 真さんの為に見るよ」

ありがとう、冨田さん!!
理由は照れ隠しかも知れませんが、あなたのおかげで兄妹の関係がより強い?ものになりました。
私も含めて、ただ単にTVアニメを見るのにもなんらかの条件理由付けを行わないと見る事を躊躇したり。
その時の気分で感想なんかも変わるのに、妙に褒めてみたり、批判してみたりと。
色々自分で分っていても…… な方もおられるかも知れませんが。
案外、受け入れる切っ掛けって小さいものなんですよね(あ、そこ逆も然りとか思ったでしょう?)

もとい。話を戻して。
第3話「 少 年 - ragazzo - 」第4話「 人 形 - bambola - 」
妹にとっても予想通りの展開にリコが懸命に言葉を探して口から出た後の行動で話し合う。
リコの涙についても然り。今後のリコについても話し合う。
まだリコのお当番回はあるのでそれを待つようにと妹に話す。

トリエラとヒルシャーさんの話は大いに盛り上がる。
生理話でも恋風とは全く違う見せ方をしているので、兄妹でも普通に話し合える。
結局、トリエラとヒルシャーの関係はぎこちない父娘関係に似ているのであろうと結論を出す。
ここでもヒルシャーとジョゼの違いが際立ち。妹さまはジョゼの狡さ?スマートでセンスの良い酷い人話をされる。
女性から見るとジョゼは受け容れ難いものなのかも知れない…

長すぎるのでこの辺で終わりますが。
妹さま曰く。「私は一週間で一気に見られるから、毎回見る度に一週間待たされて苦しむことが無いのでよかった」と。

…ごもっとも。もっと間が開いた時もあったしね。フジだから!

ANIMAX アニメ見るならアニマックス
Gunslinger Girl
posted by みやびあきら at 19:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月30日

神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON 第16話「その名はゴーオクサー!」 いつまでも未完記事…

注!今回は時間を掛けた挙句に、結局観想にも考察記事にはなっておりません。
未完のまま上げる軟弱な私をお許し下さい。

今回はミラが血糖値の低下によるショックで意識を失う話が絡めてありました。
ようするに「低血糖症」インスリンショックとも言いますが、とにかくその辺りのダンナーベースでの対応や見通しの甘さが際立つギミック?です。

最初ベッドに横たわるミラに点滴がなされています。おそらくブドウ糖(グルコース)がメインの点滴液でしょうが。
そこで今月に入って二度目の意識消失であると説明されています。結局「戦闘中でなくてよかった」だけで話が進んで…
おい!自覚症状の無い低血糖性昏睡が続いて起きた場合は次回も自覚症状が無いまま低血糖症を引き起こす可能性が高いと記憶しているぞ。
何故ミラが低血糖症を引き起こすのかが疑問点だが。糖尿病の治療でインスリンを注射している訳でもないし。
インスリノーマのように膵臓に腫瘍などが出来てインスリンが過剰に生成されて血糖値があがってしまう…のでも無いだろう。

ならば何故?
先ずは意識を失う理由について触れよう。人間の(脳細胞)はブドウ糖のみをエネルギー源としていますのでその源の量が減れば機能出来なくなります。
分りやすく言えば酸素欠乏状態と同じになるのです。
(ガソリンが無いと酸素があってもエンジンは動かないうようなもの)
そのまま長時間低血糖状態が続くと脳にダメージを与えます。
ガンダムのテム・レイやプラネテスのタナベが酸欠で脳にダメージを負ったように。低血糖による意識消失は危険なんです。
死にも繋がりかねないのにダンナーベースの対応は緩慢過ぎて意味が分りません。

体内ホルモンの中でインスリンのみが血糖を下げるのですが(他のホルモンは大なり小なり血糖を上昇させる)
膵臓のランゲルハンス島内のベータ細胞で造られております。逆に血糖を上昇させるグルカゴンは同じランゲルハンス島内のアルファ細胞で造られます。
普通低血糖症が酷いときはグルカゴン溶液を注入するのですがこれは筋肉注射でも良いので(静脈に針を刺さないでもOK)
電気ショック機能付きのネオオクサーでありながらそれも出来ないのかと。
更にグルコースを体内に直接入れることも出来そうですし。簡単に口からグルコース。ブドウ糖・液糖を流し込んでも良いのに。
なんら対応策・準備もせずに送り出しているのは何故か?
数多い対応手段がありながら、戦闘中にパイロットが意識を失うというとてつもない危険の前に無策過ぎて冷めるどころか怒るよ、ほんま。

さぁ、ここから暴走するよ(え!?)

ミラは最初意識が幼児化していたけれど。あれはやはりミラは一度死んでおり寄生した何かが時間を掛けつつ体や脳細胞を再生していたと考えてます、私。
遺伝子に変化は無く、クローニングテストをクリアした(テロメアの長さにに問題が無かった事でか?)ことから言っても。
マックスに見られたような遺伝子の違いが無いミラは融合ではなく寄生されているのか、または遺伝子を持つ何かでは無く、異常プリオンにみられるような変質した蛋白質が脳を始め影響を及ぼしているか… なのか?

ここでは男の場合は融合し、女性の場合は寄生。又は同居・共存している前提で話を進めます。

かつてミトコンドリアを取り込んだ事により生命の劇的進化の切っ掛けを造った我等のご先祖様。
異なるものが融合して特別な機能を持つ事は体内の膵臓にも言えます。
膵臓は外分泌と内分泌機能を両方持つ特殊な臓器です。膵液(消化酵素)生成しつつそれを消化器系に出し。
且つ、ランゲルハンス島のα細胞ではグルカゴン。β細胞ではインスリンという密接な関係でありながら相反するホルモンを生成します。

はっきりとした事は分っていませんが、ランゲルハンス島は
その名が示すように膵細胞内に点在して、浮いている島のように見える事からも。
こちらが取り込まれ融合して一つの臓器になったと考えられます。(ここからどう持っていく気だ俺!?)

話を戻し、ミラの血糖値が低下する理由は。何かが栄養を急激に消費していて。それはグルコース(ブドウ糖)を栄養源にしている可能性が高いことです。
本来は肝臓に蓄えられた脂肪を分解してブドウ糖を生成し血糖の低下を抑えようとするのですが。
蓄えが無いとグルカゴンを投与しても血糖の上昇はそれほど見られません(ちなみにグルカゴンの副作用には吐き気がありましてヘタレゴオがミラに吐瀉物に塗れる位はしてみせても良いかな?)
ミラはぺたんな胸を見ても…けど揺れる位はある脂肪の蓄えが少なそうな身体つきですが。
いくら昔からスレンダーだったとはいえ、やはり摂取総カロリーや、栄養の行き所に疑問を持てよダンナーベース。

力尽きてきた…
さて男女で寄生後の行く末が違うのは(男は色々融合している。この間の擬態獣も融合してる…)
やはり染色体の数や生命を生み出す能力を持っているか否かにもあると考えてみました。
その辺り本当はコチラで書いた記事。男性いらなくなるかも辺りを絡める予定が行き詰まる…

擬態獣もなぜ擬態獣なのか語られる前に融合獣とか言ってるし。
まぁ、宇宙から来たのか。元々地球で生まれたのか人の手によるものかは分らねど。
一般的な生命体と違うもの(キスして移るのならやはり蛋白質が咽喉や鼻の粘膜から吸収・侵入したと見たほうが良い気がする。ちなみにインスリンなんかも蛋白質だよ)
こられが地球上の生命体に寄生や融合を始めているとみて構わないのか?
擬態は遺伝子レベルでは気付かないが確実に違う生き物になっていることを持って擬態と名づけたのか?
ゴーダンナーは何をどう見せようとしているのか判断しかねるが。
最初は炭素生命体と珪素生命体の飽くなき攻防を描くのかとか(それはメタルブラックです)思い浮かんだが…
考えるだけ無駄な気がしてきた。素直に見続けて、おとなしくしています。しょんぼり神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON
やっぱり酷い内容だ、下げとこう。で、後で修正いたします。
…本当に書きたかったことが何も書けていない事に茫然自失。
神の魂の合体とは?GOD杏奈辺りが実は本題だ(爆)
posted by みやびあきら at 21:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月28日

神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON 第17話「TONKO MY LOVE」

やばい16話の感想の前に17話書いてるし。後日必ず16話断行。

こういう話しが面白いと言うのは… それはそれで問題なのでしょうね。
本筋関係のある話の種は蒔きつつも周囲の方々や状況のお話し。
ゴオがでしゃばらないと面白いよね。ゴオちんより整備班の皆様の方がキャラがしっかりと立ってるという現実。

柊冬子の見合い話がメインと見せつつも実際は柳っち玉砕話しだったりして?
おやっさんもイイ味出してるしね♪。

眼鏡!三つ編み!整備班おにゃの子キタ! とおもっていたんですけど(声がヘンリエッタ!南里侑香さんですよ!)
最後のオチが…
ああ怖いよね。可愛そうだよね。

さてゴオに魅力が無いのは紛れも無い事実であろうが、食堂でのおやっさんとの会話でミラがゴオと杏奈が結婚している事実を淡々と受け止めている(とゴオは思っている)ような話しが出ていた。
ゴオちんもミラが意識を失っている状態でも杏奈と発進はして合体はするものの口喧嘩は絶えないようで…
だからダンナーベースにおけるミラのサポート体制なっていないし。ゴオはさっさと若妻だし。
整備班の皆様の家庭や家族間での苦労を何とするよゴオ。

情けない主人公を叩くのも毎度の事なので今回は終了。
このベースで本当に危機感を持っているのは静流だけで霧子ママも何だかなぁ〜、です。
巨乳であれば何をしても許される訳では無いでしょうに。

仕方が無いので先週分で書こうとしたミラ関係の話しを纏めておこう。
あんたら血液中の血糖値が下がる現象が起きていること知りながら無策過ぎるし。
ちったぁ状況に危機感を持って分析せいよ!おやっさんの言う通りでデータ揃った段階で何とでも出来るやろ、と。
神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON
posted by みやびあきら at 20:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする