2004年10月07日

マリア様がみてる〜春〜 第13話(最終回)「パラソルをさして」

 今頃最終話の感想を上げる管理人。自分で過去の感想を振り返ってみる…  そうか、やっぱり小笠原祥子さまの事を好きじゃないんだな俺。改めて気付かされる。  この未熟な部分を弱い部分を数多く持っている部分もそれはそれで彼女魅力なのだろうけど、どうにもその事で拗れてしまう事が多いのが自分的には不満なのだろう。物語的には欠かせないプレイヤーではありますけど。  長い長いトンネル。雨が降り続いた先に、耐えただけのものはあったのですね。祐巳ちゃんが元気に逞しくなってくれたこ..
posted by みやびあきら at 16:48

2004年09月25日

マリア様がみてる〜春〜 第12話「青い傘」

 明日が最終回なので慌てて前回の感想を上げる人。  どうにも最後にはカタルシスが得られると予想はされるもの、このどうにも陰鬱な空気は録画視聴組なので見る時間は選べるが。  これをリアルタイムで見てから仕事や何かで出掛ける人は、凹んだ気持ちで家を出る事になっていたかも知れないですね。  ええ、加藤景さんは素敵な方ですねぇ加藤さんの下宿先の大家さんの過去の因縁が今回の一件にも少なからず関わっていそうです。つまり大家さんが過去から引き摺っている問題は今の祐巳祥子の縺..
posted by みやびあきら at 19:16

2004年09月14日

マリア様がみてる〜春〜 第11話「レイニーブルー」

 これが話題の「レイニー止め」なる新語を生み出す切っ掛けになった……  確かにここで止められると、その間どうしたら良いのか大混乱致しますな。期待と不安で次巻の発売を待たねばならないなんて…  どう見ても祥子さまは説明責任を全く果たしていませんし。いざそれなりに事情を話そうとした?時には既に祐巳ちゃんは一杯一杯で、話が出来る状態ではありません。  これはどう考えても姉として妹への対応が出来ていない祥子さまに第一の責任があるよなぁ。  先代のロサ・キネンシス水野蓉..
posted by みやびあきら at 21:14

2004年09月11日

マリア様がみてる〜春〜 第10話「黄薔薇注意報」

 二週続けて個人的にはすっきりしない話が続いていたのですが、今回は面白いとかどうかはともかくスール(姉妹)という関係について考えさせられた回でした。  剣道部へ入りたいと言い、実際に入部してしまう由乃さん。元々が行動的な人であったのが、病気で出来なかった反動もあるのでしょうか。手術後の‘いけいけどんどん’度もついにここまで来たか! そう見ていて感じました。  黄薔薇姉妹が他の姉妹とはかなり違う関係であることは、第1期でも描かれましたが。本当は姉と妹が逆だったら? ..
posted by みやびあきら at 20:00

2004年09月04日

マリア様がみてる〜春〜 第9話「ロザリオの滴」

 前回の印象が悪かったのですけど、今回も個人的には悪い部分が気になりました…  すっかりヒール役が板に付いてしまった祥子様。見ていてそれはどうなのよ!?と感じる事が多発して見ていて不快感を感じてしまう。  おそらくは祐巳ちゃんが画面上で活躍してない状況もその悪い印象に拍車を掛けているのだろうと勝手に考える。  やり方が強引過ぎて不自然だし。志摩子と乃梨子の関係が良い分どうしても浮いているロサ・キネンシス小笠原祥子さまです。  “さま”を付ける付けないのやり取..
posted by みやびあきら at 19:42

2004年08月26日

マリア様がみてる〜春〜 第8話「銀杏の中の桜」

なかなか感想を書かなかったのは第1期、第2期ときてこれがワースト1エピソードかなと感じてしまいどうにも書けませんでした。 如何な理由があるにせよ。他人の持ち物を勝手に覗き見る。盗む(借りたとか持ち出しただけとかは無し)なんて許されないし。リリアン的にも大問題でしょうに。 どう考えても宜しくないお話で、不快感と後味の悪さでは一番だったよな…… 今回の話は無かった事に。 マリア様がみてる〜春〜 「マリア様がみてる」  #マリア様がみてる〜春〜_08 P..
posted by みやびあきら at 18:30

2004年08月16日

マリア様がみてる〜春〜 第7話「チェリーブロッサム」

ロサ・ギガンティアは引き継がれても最高である事には代わりが無いのだな。いや、受け継がれたと言った方が良いだろう。 受け継がれし白薔薇の気高く美しい魂の継承。 ビバ!ロサギガンティア!! ビバ!藤堂志摩子!! よくよく見ればアレ?っと感じるところもありましたが志摩子さまと二条乃梨子の二人の世界でもう胸一杯♪なのでちゃんとした感想が書けません。 そうだ、先に松平瞳子の話を書いておこう。釘宮理恵さんがCVなのは事前情報で知っていましたが。何となく松岡由貴さんのお..
posted by みやびあきら at 13:33

2004年08月09日

マリア様がみてる〜春〜 第6話「片手だけつないで」

ロサ・ギガンティア佐藤 聖さまと藤堂志摩子さんの出会い、そしてスール(姉妹)となるまでのお話。 白薔薇姉妹誕生秘話とでも言えましょうか。 なんとまぁ、はっきり言って一目惚れ。出会った瞬間にフォ〜リンラヴ。互いに惹かれあう魂の邂逅は必然の理。 このように昂ぶったロサ・ギガンティアを見る事は稀な事なので、それだけの衝撃を与えてしまったのですね、志摩子さんが。 しかも、その状況を冷静に察して自分達のペースに持っていってしまうロサ・キネンシスロサ・フェティダ。 …..
posted by みやびあきら at 15:50

2004年08月03日

マリア様がみてる〜春〜 第5話「いつしか年も」

ああ良いネェ〜。卒業式です、薔薇様方ともお別れです。 作画も何だか力が入っていたり、一つのクライマックスである事を印象付けてくれます。 さまと江利子さまは幼稚舎の頃からあんな因縁?があったのですね。それを中等部時代でも引き摺っていたのに、蓉子さまが入ってきた事によって3人の関係に変化が生まれたと。 「水野蓉子赤薔薇さま。 ロサ・キネンシスは最後まで正確には前回祐巳ちゃんに見せたところ以外は優等生で在り続けちゃったのね。でも卒業したら少しはゆるりとして欲しい..
posted by みやびあきら at 18:18

2004年07月27日

マリア様がみてる〜春〜 第4話「WILL」

サブタイにサブタイが付いていましたが、確かにどこの言葉でしょうか?やっぱり誤字?それとも特殊な言い回しなのかな? さて、今期一番安心して見ていられるアニメな気がするなぁ。リラックスして一番素直に見ていられる。 卒業式を二日後に控え、祐巳ちゃんの心境も複雑ですな。 …感想を書く事の難しさを痛感するなぁ、これは。素直になった自分をさらけ出すのは難しいのだろうか? 何となくあらすじをかいてしまうだけだったので、書き直し。 ※何事もなかったかのように。 ..
posted by みやびあきら at 05:12

2004年07月19日

マリア様がみてる〜春〜 第3話「いと忙し日日」

ごきげんよう、皆様方。幼稚園の御遊戯で安来節を踊った?事がある管理人のみやびあきらです。 ありえない展開にリアクション不良を起こしながら視聴。 どう考えてもロサ・ギガンティアのイタズラでしょうけど。真面目に受け止めた1年生のみなさんに「何と素直な娘さん達だ!」と。 切っ掛けは準備をすっかり忘れていたお姉さま方(と、言っても二人だけか)にあったとは言え。 祐巳ちゃん、美味しいよ! その天然成分が、ぎりぎりのところで厭味になっていないよね。 祐麒くんも、美味..
posted by みやびあきら at 16:49

2004年07月13日

マリア様がみてる〜春〜 第2話「黄薔薇まっしぐら」

いや幾ら何でもホテルに泊まってデートって。お父ちゃん&お兄ちゃんず無茶し過ぎ! はい、黄薔薇さま。ロサ・フェティダ鳥居江利子さまお当番回です。 確かに山百合会で最も目立っていなかった、ロサ・フェティダ。 せめてもう少しでいいから。オリジナルでも良いから何等かの形でキャラを見せて立たせていれば印象も変わったろうなぁ〜、な、今回のお話。 恐竜が好き。だから大きい動物が好きだという論法も凄かったけど(小さい恐竜にも愛の手を) 野良猫への餌やり。ペットフードで..
posted by みやびあきら at 03:45

2004年07月07日

マリア様がみてる〜春〜 第1話「長き夜の」

普通に見られる作品の喜び一入。 はい、マリア様がみてるが帰ってまいりました。 日曜日の朝という時間に驚きつつ、ちゃんと録画していた自分にごきげんよう(意味違う) 前作を見ているか原作やコミック版を読んでいないときっと付いてこれない続き物っぷりです。 新規層を開拓というよりは今までのファンないしコバルト読者層向きなのでしょうか? さて、都内と思われる所に凄い豪邸ですね小笠原家は。ただ門構えはあまり格好良く無いです。家の中の間取りも… ま、そんなことは..
posted by みやびあきら at 20:36