2004年12月29日

ローゼンメイデン Rozen Maiden 第12話(最終回)「真紅」Reiner Rubin

 やってきました最終話。楽しかった薔薇乙女や桜田姉弟たちとのテレビを通しての一時もこれで終わりですね…… やっぱり寂しいよね。水銀燈の力は前回真紅の腕を引き抜き、今回も助けに入った雛苺翠星石蒼星石達をも圧倒する破壊力です。のりお姉ちゃんはのりちゃんだし(どんな説明だ)やはりここはジュンの真の心の力と真紅さまにかかってきます。  …やべ、何か感想を上手く書けないほど切ない展開になっちゃったよ。  真紅の腕をジュンの力で治すシーンは、そうなるだろうと予想はしていて..
posted by みやびあきら at 20:34

2004年12月19日

ローゼンメイデン 第9話「檻」Die Gefangnis 第10話「別離」Abschied 第11話「運命」Schicksal

 感想追いつけ追いつけ!  第9話「檻」Die Gefangnis  蒼星石水銀燈のこんちくしょうによって大変な危機でございます。妹思いの実は心優しい、でも口の悪い(^^;)翠星石が助けに行こうとするとみんな一緒に行ってくれます。ジュンが迷惑を掛けて良いと言っていると説く真紅さま流石の貫禄?でございます。  既におじいさんもおばあさんの夢の中も混沌とした世界ですが、いやはや夢の中での死んだ息子は、それがあくまでおばあさんが考えた鏡像であっても、本当は優しい男の..
posted by みやびあきら at 05:00

2004年11月27日

ローゼンメイデンRozen Maiden 第8話「蒼星石」Lapislazuri Stern

 間違いない、翠星石は癖になる。その口調も態度もひっくるめて癖になっちゃう愛すべきキャラだ。  どうも、日本全国推定3000万人くらいの翠星石奴隷下僕の皆さまお元気でございましょうか?  翠星石に罵られたいMな人や、逆に翠星石を躾けて上げたいSな人。勿論、我侭なお子ちゃまの成長を暖かく大きな心で見守っている一見真っ当そうな!?方々等などを含めまして今週も行ってみましょう♪  実は今回コミカルなコメディ部分もありながらも、かなり重いお話だったと感じたのですが、皆..
posted by みやびあきら at 20:14

2004年11月19日

ローゼンメイデン Rozen Maiden 第7話「夢」Traume 追記

 ちょっとその前に見てたアニメのショックを引き摺りつつ見たので日を改めて再度視聴しようと考えていたり…  前回の水銀燈との戦いの後に倒れた真紅ジュンがどうにかして目覚めさせようとする話し。  と簡単に書いてみましたが、実際は細かいところで色々動いていると感じます。ただそれらの動きが人間や人形の心の中の動きが中心となる為に見た目のダイナミックさなどはありません。淡々と進行している感じです。  翠星石の言うミーディアムに危険が迫ると目覚めると言うのはどこまで本当な..
posted by みやびあきら at 22:36

2004年11月13日

ローゼンメイデン RozenMaiden 第6話「涙」Tranen

 先週のノリが冒頭に少し残っていましたが(探偵くんくんを見ての各自の反応)その後は水銀燈の登場もあり暗い展開に…  それでも先ずは真紅が見ていない振りをしながらもくんくんのサスペンスホラー?な展開に可愛く怯えて本で顔を隠しながらジュンの後ろを付いて回ったり、雛苺は見ている時はキャーキャー騒いではいても、見終えた後はあっさりいつも通りなのに翠星石が誤魔化しながら雛苺にくっ付いているさまは微笑ましかったです(中身はみんな相当食わせ者だったりはしますけど)  のりお姉ちゃん..
posted by みやびあきら at 20:43

2004年11月06日

ローゼンメイデン Rozen Maiden 第4話「翠星石」Jade Stern 第5話「階段」Die Treppe

 第4話「翠星石」Jade Stern  いきなりトランクが飛び込んできて翠星石(CV:桑谷夏子)が登場ですけど、一体何処の誰が管理して送り込んできているのかが気になります。その行為自体は人間の手に因るものなのでしょうが、水銀燈が人間を操って行っているとも思えず… う〜ん大きな謎だ。  この翠星石が、こまっしゃくれた人形でとっても生意気。雛苺とは別の意味で面白い侮りがたいキャラだ(^^;)  ジュンとのやり取りも、トランクが三つ並んで眠りについているシーンもコミ..
posted by みやびあきら at 20:54

2004年10月27日

ローゼンメイデン Rozen Maiden 第3話「水銀燈」Mercury Lampe

 う〜ん、これは面白いなぁ。  ジュンが一番お子ちゃまで、雛苺がこれまたお子ちゃまなので、鼻に付く事もあるけれど。そういった負の部分を凌駕して楽しめるし、期待が持てますよ。  真紅がどういった理由で雛苺からローザミスティカを奪わずにアリスゲームを続けている?理由がまだ分りませんが、お父様つまり創造主の取り決めたルールを破っているのには必ず理由と信念があるはずです。  真紅の心の深遠にあるものを考えると、ゾクゾクしますねぇ〜。  人形が人形劇を見たって問題ないっ..
posted by みやびあきら at 16:52

2004年10月15日

ローゼンメイデン Rozen Maiden 第2話「雛苺」Kleine Beere

 ええ、下の第1話の感想はあんな事書いてますけど、1週間おいて頭もすっきりさせてから第2話に臨むと…  あああ!!! 結構、面白いじゃん!! と。(すみません適当な人間で)  うわぁ、やっぱりお姉ちゃん良いわ。桜田のり最高!! ヴィバ!桜田のり!! 頑張れ、力丸乃りこさん!!  すっかり真紅の事を受け入れてしまっているのり姉さんですが、血は争えないのか。何か契約をしている訳でもないのに使用人状態です(苦笑) それでもこの一途な姿は好感度高い、高い。流れ星と勘違い..
posted by みやびあきら at 04:24

2004年10月14日

ローゼンメイデン Rozen Maiden 第1話「薔薇乙女」Fraulein Rose

 冗談抜きでジュンって許し難いんですけど。お姉ちゃん可哀想やん!! 桜田ジュン坊ね。せいぜい痛い目に合うがよろしある。  ああでもお姉ちゃんは良い! 桜田のりちゃんね。眼鏡っ娘で、ドジっ娘で、ラクロス少女。弟に対してもだろうけど、友達とかにも優しそうで無茶苦茶良い娘さんです、思いっきり好みです。今期の新作アニメで一番ツボに入りました。ああぁ〜面倒見てあげたい。  普通は真紅に萌えるのかも知れませんが、お姉ちゃん萌え♪ 力丸乃りこさんて元々ナレーターと記憶してるけど..
posted by みやびあきら at 16:45