2005年06月06日

エルフェンリート(地上波版) 第10話「嬰児 -SAEUGLING-」

エルフェンリート_10.mp3 ←くらまさんですからぁ〜な音声記事。

 あれコウタの家族が殺される話が来るかと思ったら来なかったですね。だからと言って心が休まる暇も無く新たな悲劇のお話がどっさりと描かれちゃって…… もう大変。妹が蔵間室長の過去の選択に対して「平田さん声のあんなキャラ(角沢)の言う事を信用しちゃだめだよーー」と、のたまう。ごもっともです。運命の分かれ道は学生時代にあの選択をしてしまった事なんですからね…… でも蔵間さん本当はいい人なのにね。だからこそ苦し..
posted by みやびあきら at 16:00

2005年06月02日

エルフェンリート(地上波版) 第9話「追憶 -SCHOENEERINNERUNG-」

エルフェンリート_09.mp3 ←凡ミス多い音声記事ですが意味は何とかかんとか?

 過去の事情と惨劇の始まりを決定付ける事象のお話…… と言ってよいのかどうか悩んだ。もっと奥にあるメッセージが漠然としか受け止められない自分は、ちょっとお疲れモード。切り込めない、踏み込めないのは最悪な展開や結末を考えたくないという逃避行動かも知れません。

 考えてみればルーシー(一体いつこの名が与えられたんだ? まだ過去編では名前が分らないままなんだが……)は人間ではないので、人間..
posted by みやびあきら at 18:00

2005年05月24日

エルフェンリート(地上波版) 第8話「嚆矢 -BEGINN-」

 音声記事だったりします→エルフェンリート_08.mp3
 相変わらず精神的にキツイ内容なのだが作品としての魅力は高く、毎週覚悟をしてから見続けています。以前にも書きましたが、最終回如何によってはDVD購入計画を妹と相談するくらいに評価しております。

 今回、今まで人が殺されてきた痛みや怖気とは違ったものを感じることになったシーンがありました。例の施設でのイジメのシーンでございます。子供だからこその残虐さってまさに‘無邪気’の字面から私が受ける印象のままです。本来..
posted by みやびあきら at 04:00

2004年10月06日

「エルフェンリート」DVD発売直前スペシャル −prelude−

 これは面白いじゃあ〜りませんか。原作も全く知りませんし、AT-X見られないのでアニメ本編も全くどんなものか分からない状況。知っている事といえば年齢制限があって残虐描写があるらしいくらいで視聴。  TV埼玉で見た人は「うた∽かた」でかなり細部にわたって素敵な鎌倉を見た後に凄惨な鎌倉を見る事に(^^;  視聴後の提供絵を見て元々が16:9である事を知る。どうりで給湯室の張り紙の文字がはっきりしていなかった訳だ。いやはや初っ端からルーシーがその力を見せてくれる訳ですが..
posted by みやびあきら at 05:42