2006年04月03日

交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ」最終話「星に願いを」

#エウレカセブン_49_50.mp3 一年間見続けましたよ。

今日の俺は「リリカル・トカレフ・キルゼムオール!」

「完結目前!エウレカセブン緊急ナビ!!」も見ましたよ、一応。
個人的に気がかりだったアネモネは先週の第48話「バレエ・メカニック」で救われましたので、もうあそこで大抵の事は完結してしまったんですよね。なので最終回1時間スペシャルに関しては、ゆるりと受け止めてみようと望んだんですが、第49話、第50話(最終回)と先に見ていた妹が「もう見たことあるよ..
posted by みやびあきら at 12:00

2006年03月25日

交響詩篇エウレカセブン 第47話「アクペリエンス・4」Acperience 4

『交響詩篇エウレカセブン』(Eureka seveN Psalms of Planets)
ええと盛り上がるはずの頃なんですが、盛り上がってない感じがしてしまう残り僅かな最終盤。最初の頃は良かったと思ったんですがこのまま残念で終わらないでほしいです。

ここが地球であったことはよしとしても、司令?指令?クラスターが破壊されると他の眠っていたスカブコーラルが目覚めるというのも理解できる。でもクダンの限界なる現象が起きて宇宙が裂ける?ってのがポカーンなお話。スカブコーラルが..
posted by みやびあきら at 21:00

2006年03月13日

交響詩篇エウレカセブン 第46話「プラネット・ロック」Planet Rock

よくよく躁鬱なキャラの見せ方ばかりをさせられると正直滅入ってしまうのですが、流石にもう覚悟できたんだよね? 何度も何度も繰り返しさせられる。スタッフの都合ばかりが見えてしまうキャラたちの言動には一貫性が無いだけで自由にさせて貰えないキャラ達が不憫で不憫で……

と、久しぶりに感想を書いたの愚痴から入るとは俺はまだ信じ切れていないようです、今の流れを。
アネモネが絶望病の少女から無理矢理薬物などなどで強制的に今の能力を手に入れていたり。デューイが益々意味不明なキャラで小者..
posted by みやびあきら at 19:00

2005年12月10日

交響詩篇エウレカセブン 第33話「パシフィック・ステイト」Pacific State(Eureka seveN Psalms of Planets)

エウレカセブン_33.mp3 ←でも面白さは人それぞれ。音声記事です。

 ここに来てのエウレカセブンの生まれ変わりようには驚くばかりであります。この第33話も心に残るシーンや台詞が多くて驚きを禁じえません。やっと本当の自分を見せ、自分の言葉で話すホランドを見せられては……

 冒頭オープニングが無くて、遥かなる過去、遥か遠く?の地球の説明や映像が流れましたが、これは伏線でしょうか? 個人的にはこのスカブ・コーラルに覆われた星に海が出来るんじゃないかと。最後はコラーリ..

posted by みやびあきら at 21:00

2005年11月14日

交響詩篇エウレカセブン 第30話「チェンジ・オブ・ライフ」Change Of Life(Eureka seveN Psalms of Planets)

エウレカセブン_30.mp3 ←気が付けば30話も放送されてたのね。音声記事です。

 なんかすっかりお話しが垢抜けちゃってビックリ。ほんと突然のスッキリに逆にちょっと気が抜けちゃった。

 ニルヴァーシュの修理と強化・改良には軍のトレゾア研究施設へ行かないとダメの結論に達したゲッコーステイトのメンバーですが、制圧の準備とばかりに銃器なんぞを持ち出しておりましたが、レントンの技術屋の心意気?論に流れを任せなるがままに到着。実際あの規模の施設を完全掌握するのは無理っぽい..
posted by みやびあきら at 21:00

2005年11月08日

交響詩篇エウレカセブン 第28話「メメントモリ」Memento Mori 第29話「キープ・オン・ムービン」Keep On Movin'(Eureka seveN Psalms of Planets)

エウレカセブン_28_29.mp3 ←長いので聞くには勇気?が必要な音声記事です。

 ■EPISODE.No.28「メメントモリ Memento Mori」
 レイさん特攻のお話し。こういう見せ方になるのはちょっと予想通りだったのですが、やはり辛い話でした。あまり語りたくない感じなのでざっと書いてみます。

 今回は伏線が悪く言えば見え見え、良く言えばちゃんと回収してくれたんで纏まっていたとも。チャールズに撃たれた事により輸血を受けていたホランドでしたが、大量の輸..
posted by みやびあきら at 00:00

2005年10月24日

交響詩篇エウレカセブン 第27話「ヘルタースケルター」Helter Skelter(Eureka seveN Psalms of Planets)

エウレカセブン_27.mp3 ←まだ折り返し地点ですから!! 諦めない音声記事?

 先週だけでビームス夫妻を敵(かたき)役として描くことに成功したと感じた自分としましては、今週はどれだけのものを見せてくれるのかと期待しておりました。結果として予想とは違った部分もありましたし、やはりここで居なくなるには惜しい人亡くす展開に……

 軍人ってのは、好ましい人でも人を殺すし。また、人を殺しているから悪しき人って事じゃなくなるんですよね。職務は倫理を超越…… いや、戦いは人..
posted by みやびあきら at 18:00

2005年10月03日

交響詩篇エウレカセブン 第24話「パラダイス ロスト」Paradis Lost(Eureka seveN Psalms of Planets)

エウレカセブン_24.mp3 チャールズ&レイ夫妻を絶賛してる気がする音声記事。

 放映期間としての半年間を掛けてホランドが出来なかった事、ホランドに出来なかった事をチャールズはやってのけてしまった気がします。それは妻のレイも含めてなのですが、この作品にしっかりした意味での大人が少ないし、いても目だっていない為により印象に残る事に。

 先週のレントンの行動を見れば、単純にあそこで殴っても良かった。殴った方が良かったように思えた自分は浅慮が過ぎました。レントンにとっ..
posted by みやびあきら at 19:00

2005年09月12日

交響詩篇エウレカセブン 第21話「ランナウェイ」Runaway(Eureka seveN Psalms of Planets)

エウレカセブン_21.mp3 ←レイ チャールズで誤爆しそうな記事の音声記事。

   先週が底だったと言うところだろうか。SFではなくPF(Philosophy Fiction・フィロソフィーフィクション)であるらしい本作は、実際問題どう哲学的なのか未だにその方向性が分からず自問自答してしまう…… ? あ哲学アニメ?

 極めて認識論を経て存在論へと到り、見る側の感性論を巻き込みつつ実践論として絶賛放映中とか。まぁ現在は欝鬱な展開の谷底に達し、ここからは暫くその谷..
posted by みやびあきら at 00:00

2005年09月05日

交響詩篇エウレカセブン 第20話「サブスタンス アビューズ」(Eureka seveN Psalms of Planets)

エウレカセブン_20.mp3 ←それでもレントンを応援したいのですな音声記事?

 何と第5話以来の正式感想記事です。見続けているんですが、様子を見続けていた結果こんなに空いてしまいました。まぁ、書き損ねてしまった記事が溜まった為にチャンスを逸していたのが正解なんですけど。

 先週の予告が予告だったのでどれほどの悲劇が待っているのかと身構えていた分「へ?」ってな部分もありました。ですが、一応毎週のようにターニングポイント的な鬱展開の連続の上の今週のお話。今度こそ細か..
posted by みやびあきら at 17:00

2005年05月18日

交響詩篇エウレカセブン 第5話「ビビット・ビット」(Eureka seveN Psalms of Planets)

 妹とかなり熱く語り合った。  音声記事→エウレカセブン_05.mp3
 今回の話における恋愛感や、その男女差。とにかく「初恋」から始めて現在のメインキャラの関係を互いの考えを出しつつ語り合った。傍から見ればおかしな光景であり、友達からも変と言われます(^^;)

 妹の発言の方が立派だったのですが、兄のボケた頭では纏められないので適当に書いちゃいますが(ゴメン)まずタルホレントンをからかう理由のコンテにあるのは何かを勝手に考えてみようと。妹曰くホランド初恋という..
posted by みやびあきら at 18:00

2005年05月02日

交響詩篇エウレカセブン 第3話「モーション・ブルー」(Eureka seveN Psalms of Planets)

 タルホって読むのよぉーな音声記事→エウレカセブン_03.mp3

 見ていてあまりに自然に入ってくる内容と演出に、ただただ身を任せて波に乗るばかりなりよ。こんなに最初から気持ちの良い(気持ちよく見られる)ロボットアニメはちょっと記憶に無いですよ。

 塔州空軍によって包囲されてしまった月光号ですが、おおついに月光号の勇姿が拝めますよ! 乗ってる連中も皆、一癖も二癖もありそうな顔触れで萌えやヤオイとは縁遠いかも知れませんが、まぁ創作する人はしちゃうだろうし、そんな事関..
posted by みやびあきら at 12:00

2005年04月27日

交響詩篇エウレカセブン 第2話「ブルー・スカイ・フィッシュ」(Eureka seveN Psalms of Planets)

 す、素晴らしすぎて見た後の充実感が堪えられません。こいつは傑作だよーーーっ!! エウレカセブン_02.mp3

 うむ、細かいところに多少の引っ掛かりがあったとしても吹き飛ばすだけの熱量を持った正統派でありながらも、斬新なロボットアニメ。見たかったんですよ、こういうのが心底。
 もうね、レントン大好き。主人公が一番好きになれる幸せを噛み締めています。エウレカ大好きるんるん メインヒロインを大好きになれる俺様万歳!! ホランド大好き(爆) おやじ臭い(まだ若いか..
posted by みやびあきら at 20:00

2005年04月18日

交響詩篇エウレカセブン 第1話「ブルーマンデー」(Eureka seveN Psalms of Planets)其の壱。

 ええ素晴らしいです!! 素晴らしく好みです!! と、発言しておきましょう。 エウレカセブン_01.mp3 ちょいと音声記事です。

 アルキメデス先生じゃないですけど「エウレカ! エウレカ!」と素っ裸で分かったぞとばかりに(いやまだ第1話で分かってないから)心が走り出しそうです。

Eureka seveN
Psalms of Planets
 となっているが、惑星の詩篇とはこれ如何に。七つの大罪を始め、七曜、七大天使、七星(北斗・宝剣etc.)チャクラの数とまぁ色..
posted by みやびあきら at 04:00