2005年04月08日

学園アリス 第21話「目指せ☆優等生賞」

 学園アリス_21.mp3←そこそこ修正済みなの。
 ちゃんと試験があったんだと(普段の授業風景がほとんど描かれていないから ^^;)今更ながらに気づく。物凄い階級社会(学園)だから我々の想像以上に厳しいはずなのですが……

 流石はこの学園を変える可能性を秘めた蜜柑ちゃん。優等生賞を取ればじいちゃんに会えると燃えています、優等生賞を取る気満々です。でも、他の生徒は無理だと決め付けてるし、それは自分自身も無理だと言うこと。そんなクラスの面々を困難が大きいほど前向きになれ..
posted by みやびあきら at 23:00

2005年03月26日

学園アリス 第20話「ラストダンスは誰と☆」

 学園アリス_20.mp3ある程度修正した音声記事。
 先週は流架ぴょん主演のお芝居を見せつつ、蜜柑流架という三人の微妙な思いの揺れや本当の自分? そんなものを示してくれたのですが。今回も引き続き三人の関係を見せつつ、そこにというどこまで察していて、その本当の思いを一番見せない(棗よりも)キャラを絡ませての回であり、中々に深く考え込んでしまいましたよ。

 個人的には山田瀬里奈先生が久しぶりに登場してくれて、めっちゃ嬉しかったです。でも台詞は神野先生への耳打ちだ..
posted by みやびあきら at 19:30

2005年03月19日

学園アリス 第18話「暗闇で☆ふたりきり」

 学園アリス_18.mp3 音声記事(ちなみにジンノ先生です、ひんとく?)
 作画に関してはここまでで最低クラス。絵コンテ・演出のワタナベシンイチさんの毎度お馴染みの悪ノリ(褒め言葉です)で何とか踏ん張っていた印象があります。確かに作画が悪いのは良くない事なのですが、日頃の行いがよい?(つまり面白い・楽しんでいるって事)為か、それほど非難したりする気が起きないのは人徳ならぬ作品特、品特とでも呼んでおきましょう。

 神野先生の苦手が分かったり(もしかして神野先生のイメー..
posted by みやびあきら at 04:00

2005年03月12日

学園アリス 第17話「蛍のひみつ☆」

 おっと、18話の放送日が来てしまいましたので手短に。 学園アリス_17.mp3音声記事です。

 学園祭はまだまだ続くよ、アリス学園。前回の奴隷(さすがに憚られる書き方だな)なってしまった蜜柑。首に縄付けられてますよ!? 途中で引き千切ってましたが、この辺りのブラックさ?もアリス学園なんですよね。

 技術系の出し物ということですが、は自ら単独の店と商品?の発表会や、アトラクションまでやってますね。ファンというか世界中からバイヤーが買い付けに来ているんですね、の発明品を買いに..
posted by みやびあきら at 05:00

2005年02月27日

学園アリス 第16話「迷路で勝負☆魔法のランプ」

 学園アリス 第16話「迷路で勝負★魔法のランプ」 学園アリス_16.mp3音声記事。  前回の事件は学園祭の前夜祭での出来事でしたので、本日からが学園祭本番! いざアリス祭開幕♪ です。 …って、密柑ちゃん起きて直ぐに元気一杯ですか!? さすが、主人公は違いますなぁ。  学年やそのクラスごとではなくて、能力クラスごとの展示・出し物なんですよね。鼻つまみ者、おちこぼれ扱いの特力系クラス渾身の出し物「RPGアラジンと魔法のランプ」は、どんな内容かとテレビの前でわくわ..
posted by みやびあきら at 21:03

2005年02月20日

学園アリス 第15話「学園へ帰ろう☆」

 学園アリス 第15話「学園へ帰ろう☆」 学園アリス_15.mp3  大きな転機を迎える事となった回でした。引き続き玲生達、反アリス学園組織(でよいのかな)に誘拐されて監禁されたままの蜜柑スミレ、そして本命のの三人。学園内でも事情が分り始めて対応に追われています。正確には裏の事情があるので、大っぴらには動けないのが何とも…… 前回出てきた学園の執行部の面々の顔触れも胡散臭いのがいますし(執行部は裏の仕事のことも知っている筈ですし)子供達が主人公ですが、彼らを取り巻く..
posted by みやびあきら at 19:20

2005年02月06日

学園アリス 第13話「トップ☆スターを追いかけろ」

 声フェロモンを持つ男、毛利玲生がついに学園にやってきます。  どうやら目的は日向 棗を拉致する事にあったようですが、その先には棗を自分達の組織の工作員として働かせる事にあるようですね。やっている事はペルソナを尖兵とする今の社会体制とそう変わりは無いです。  鳴海先生と因縁浅からぬ関係のような玲生。回想シーンからすると鳴海こそが、学生当時は現在のアリスへ対する仕打ちに不満を持ち、玲生も含めたイリーガルな運動をしようとしていた筆頭だったのでしょうね。しかし鳴海を変え、ア..
posted by みやびあきら at 20:47

2005年01月23日

学園アリス 第10話「うきうき☆セントラルタウン」第11話「ただいまアリス☆特訓中」

 第10話「うきうき★セントラルタウン」  ワタナベシンイチ 絵コンテ・演出ぶっとんだお話。ナベシンらしさが良く出ていてノリと勢いで面白おかしく見せてくれています。暴走しすぎると危険ですが、このくらいだと何ら問題無く楽しめます♪  セントラルタウンを見ても、決して隔離されているのはアリス学園とその生徒だけでなく関わった大人やアリス持った大人達も(職人さんとかね)隔離されていることがよ〜く分かりました。ただ大人はまだ子供達よりも自由な部分があるのでしょうけど…… ..
posted by みやびあきら at 05:39

2005年01月10日

学園アリス 第9話「大好き★蛍様」

 第9話「大好き☆蛍様」脚本:花田十輝 絵コンテ:加藤 顕 演出:開 裕二 作画監督:土橋昭人  年明け第一回目の放送は、公式サイトで受付をしているメルマガによるとアニメのオリジナルの話だったそうで。確かに見ていてそんな感じがいたしました。  勝手な推測としては(原作未読)蜜柑の研究室に初めて入った時に出てきたストレス解消用ロボ?でしたっけ。あの蜜柑の姿を模ったロボットの出番がその後特に無いので、どうせ出て来なくなったのであればそれを上手く使って蜜柑を描い..
posted by みやびあきら at 20:40

2004年12月23日

学園アリス 第6話「うちはみそっかす系★?」第7話「負けへん★アリスドッジ」第8話「じーちゃんに会いたい★」

 サブタイトルの星マークは放送のタイトルを見ると★な感じですが、公式では☆なんですよね。仕方が無いから?両方表記しちゃる!  第6話「うちはみそっかす系☆?」  やっと蜜柑がこの学園での自分の居場所や意義を見出せる話でした。特別能力系クラスの先輩達はみんな良い人やったんやね。この学園自体が歪んだシステムの中に存在しているので、この学園ではみ出ている存在の彼等こそが、外の世界では当たり前の考えや行動が出来る人たちだったと。  さり気無く良い話しでしたが、授業を..
posted by みやびあきら at 16:17

2004年12月01日

学園アリス 第5話「星階級はシビアやなぁ★」

 晴れてアリス学園に入学が出来た佐倉蜜柑ちゃんではありますが、この学園のシステムは想像以上に性悪で‘星階級’制によるとてつもない階級・差別(区別言うんやろうけど)社会となっております。  この学園の案内を委員長鳴海先生がしてくれましたが、ところで妹が見ながら「これってただ幻影を見せているだけじゃないよね、だって少なくとも一度は見て完全に再現してる訳だし」と言っておりました。  確かに生半可な能力じゃ無いですよね。委員長幻影を見せるだけでなくその‘視点’自体も凄くな..
posted by みやびあきら at 20:23

2004年11月22日

学園アリス 第1話「学校がなくなっちゃう★」 第2話「ようこそ★アリス学園へ」 第3話「アリスなんかに負けてたまるか★」 第4話「これがウチのアリス★」

 ついにこの日がやって参りました。4週分、まるまる一ヶ月分の感想を溜めてまでもお送りする個人的に深みに嵌りつつあるアニメーション『学園アリス』を記事にしてアップする日がやって参りました♪ って、そんなすごい事書けませんけどね(^^;)  まぁ最初にアニメ化を知った時点では広告でしか見た事が無いコミックスでしたのでピンとこなかったんですよね。ただ‘花とゆめ’は現在は読んでいませんが、姉が昔から買っていてずっと小さい頃から読んでいた雑誌でございました。そして姉が買うのを止め..
posted by みやびあきら at 15:59

2004年03月07日

当ブログ内、タイトル別の検索

2006-10-07
手が回らずに放置し続けているダメ管理人です。キーワードは設定し続けておりますので、タイトル検索はできるはずなのですが。現在はもしかすると、Seesaaの新機能であるタグを使っての検索が楽?かも知れません。

導入日時以降に投稿、修正した記事に限られますがアニメタグとかに見えるずらーっと並びまくったタイトルなどをクリックして、もっと見るとかをすると記事へのタイトルとその記事へのハイパーリンクが表示されます。

完全に網羅はされておりませんが、お試..
posted by みやびあきら at 00:55