2006年03月23日

灼眼のシャナ 第24話「紅蓮の想い」(最終回)

最初は台詞だけでは難解な用語も多くて、アニメとして見る分には何を言ってるのか分らない事がマイナスになってるんじゃ? 等と勝手に危惧していたのですけど。最終話まで通してみると、確かに未だにどんな字で書くのか分らない言葉も多かったんですけどそれでも雰囲気として伝わってくるものは伝わってきましたので、その辺りも含め良かったんじゃないでしょうか。

先週いよいよ自ら出陣した“逆理の裁者”ベルペオルさまですが、あの武器って鎖分銅ですかね? いやぁいいなぁあの武器。昔、鎖鎌や鎖分銅を..
posted by みやびあきら at 20:00

2006年03月09日

灼眼のシャナ 第22話「揺らぐ炎」

灼眼のシャナ_22.mp3 自動読み上げ漢字が……

盛り上がってまいりました! と言うよりも、盛り上がり続けております!! ってとこでしょうか。

啓作栄太は自分達の事を見る事が出来ているって事ですか。出来る事出来ない事、でもやりたいと願う事、やってみせる事。まさかここまで関わってきて見せ場もあるとはね。リヤカーに乗っけてきただけでも驚きだが、平井さんに託す辺りは強くなれよ!と応援したくなる野郎供だぜ。

吉田さんは逆にあれが精一杯だったのね。感じてしまった距..
posted by みやびあきら at 19:00

2006年02月23日

灼眼のシャナ 第20話「非情のヴィルヘルミナ」

マージョリー姐さんのおっぱいともお別れ…… あ、違いますね。
あまりに浴衣姿でのこぼれない爆乳が印象的なお話しが続いたので、ついつい嘆いてしまいました。実際は飲酒シーンと酔って…… じゃねぇ、佐藤田中…… と続けて書くと本当に脇役感が漂ってしまうので啓作栄太との関係は良いものになっていきましたね。真剣に二人が付いていく為に努力してましたので、だからこそ一人でルージュで書かれた別れのメッセージのみで出て行ったと。

置いてけぼりの二人がこれからどうなるのか気になります..
posted by みやびあきら at 18:00

2006年02月15日

灼眼のシャナ 第18話「砕ける願い」

吉田一美さんに坂井悠二がトーチであることがばれたり、緒方真竹さんが田中栄太に告白したりなどなど、クライマックス前に一気に物語が加速しそうな怒涛の展開に満足。

でも公園で呆然としている吉田さんの浴衣のはだけ具合や表情はやり過ぎだと思いました。別の意味でのヤバイ空気に唖然でございます。

覚悟を決めた者達はともかくとして、吉田さんのショックはいかばかりか。でも、悠二に酷い事を言われた…… まだまだそういった意味では子供なのですけど…… 泣いているシャナのショックの方が大..
posted by みやびあきら at 19:00

2006年02月02日

灼眼のシャナ 第17話「新たなる序章」

出来れば毎回書きたいけど第17話「新たなる序章」で新展開になりましたので、感想の仕切り直し。

OPが新しくなりましたが、楽曲的にちょっとパワーダウンした印象です。OP・EDとも前期の方が良かったとは思いますが、映像に関しては後期EDは悪くない絵柄ですのでその辺はとんとん?

さてシャナ悠二アラストールだけを鍛錬に向かわせて、自分は千草ママとお弁当を作ろうと…… これってどんな恋愛ツンデレシナリオですか!?(爆) 吉田一美のお弁当を悠二が食べている事が嫌だったとい..
posted by みやびあきら at 21:00

2006年01月05日

灼眼のシャナ 第13話「校舎裏の宣戦布告」

灼眼のシャナ_13.mp3 キスって日本人の感性で語ると……

 灼眼のシャナ 第13話「校舎裏の宣戦布告」
年明け第一回目、シャナが貼り付け状態のままで年を越してしまいましたので、どうなるのかと待っておりました。

全体の印象としてはかなりの駆け足であったのが勿体無かったかな。かなり詰め込んでいたようなので、愛染兄妹との戦いも結果がどうであれ盛り上がりきらなかったかも。ただ美味しいキャラではあったので、キスをシャナに印象付けた事は評価しております。でも、謎だったな..

posted by みやびあきら at 20:00

2005年12月19日

灼眼のシャナ 第11話「悠二とシャナとキス」(第9話「恋と欲望のプールサイド」第10話「絡まる思い」)

灼眼のシャナ_09_10_11.mp3 ←何かヤバイことが起こりそうな展開ですね。音声記事です。

 簡単に過去2話を振り返ってみると。
 第9話「恋と欲望のプールサイドは、まあプールなんで水着なんでサービスなんで!! 素直に楽しむ。
 水着はイイヨネェ、イイヨイイヨ。青春だよと感じつつ、ボーイッシュ好きでしかも恋する応援するボーイッシュガールの緒方真竹(おがたまたけ)ちゃんのポイントが高かった。俺の中でかなり充填された(何が?)

 ところで池端さんが絵コンテ..

posted by みやびあきら at 17:00

2005年11月24日

灼眼のシャナ 第8話「麗しのゴブレット」

ワ眼のシャナ_08.mp3 ←カタカナ名前万歳!? 音声記事です。

 先週の第7話「二人のフレイムヘイズ」から引き続き屍拾いラミーを巡って事態が進展中ってとこでしょうか。一応はマージョリー・ドーの過去、フレイムヘイズとして生きていくしかない彼女の境遇は察して余りありますが、でもなんだろうか、彼女の本当の魅力はまだ発揮されていない感じです。酔っ払ってるとこは可愛かったですけどね。

 ついに「弔詞の詠み手」マージョリーに居場所を突き止められたラミーですが(こう書くとど..



posted by みやびあきら at 12:00

2005年11月10日

灼眼のシャナ 第6話「交錯・発動・対決」

ワ眼のシャナ_06.mp3 ←トーチってやっぱり悲しい炎だな。……音声記事です。

 灼眼のシャナ 第6話「交錯・発動・対決」
 この間の坂井悠二屍拾いラミーと邂逅し、会話したおかげで物語が一気に引き締まったきがしたんですけど、今回の話を見る限りそれは正しかったように思えます。

 ラミーから「ただのトーチにしか見えない」と言われた坂井悠二がこれからどうするのか? これまではシャナと名付け、そこから変わり始めはしたものの、運命を切り開く力や決意にまだまだ揺らぎが見..
posted by みやびあきら at 19:00

2005年10月06日

灼眼のシャナ 第1話「全ての終わり、一つの始まり」

 私の経験則からすれば、渡部高志監督の今度の作品は当たりになるはず。その今度がこの『灼眼のシャナ』でございます。原作は未読、宣伝により高橋洋子さんが主題歌を歌っているのは知っていて、一部のフレーズのみを聞いただけですが、かなり良さそうと。そんなこんなで視聴開始!!

 ■オープニング
 高橋さんの歌がオープニングだと勘違いしてたので、いきなりI'veで驚いた人がここに(苦笑)スタオペに引き続き川田まみさんですな。映像の雰囲気がどこか忘却の旋律を思い返す感じだったのすが、..
posted by みやびあきら at 18:00