2008年01月23日

true tears 第3話「どうなった?こないだの話」

true tears 第3話「どうなった?こないだの話

今期個人的、友人的、妹的、No,1テレビアニメーション。
ここまではとにかく良い面、素晴らしい面が多いので気合を入れて見ています、見返しています。

制作のP.A.WORKShttp://www.pa-works.jp/)はIG作品の制作協力スタジオと言った印象が強かったですけど、その参加作品や制作担当話を見ると、個人的に印象に残っている話が多いのを今更ながらに気づかされました。

実質全話制作だった..
posted by みやびあきら at 17:00

2007年07月14日

CODE-E 第1話「転校生と告白のこと。」

放送しているのが、メ〜テレ、東京MXテレビ、ABCテレビと中京、関東、関西の3大都市圏で各1局の計3局だけって事でも話題に上がりそうに無い気が……

でもね、私みたいな人間は気に入ったアニメーションだったりします。
爆発的な人気は出そうにないし、じゃあ中ヒット、小ヒットするかと…… ヒットしないと思います(泣)

でも自分自身が面白ければ、それを他人に押し付けたりする事無く、地道に応援するくらいは、ね。

ちなみに、好きと面白いどっち?と問われれば「好き..
posted by みやびあきら at 19:00

2007年07月05日

らき☆すた 第13話「おいしい日」

みゆきさんの家系が優良な眼鏡っ娘を生み続けているようで、大変に喜ばしく……

従姉妹さんとかですかねぇ〜。

義理チョコエピソードとかもこれまた微笑ましく、そんなところなどにまったりとしてたんですけど、アニメ店長パートでちょっと絶望した。

敗残兵に鞭打つ角川グループの所業に、流石にそれは酷いじゃないですかとせつなさ炸裂。

ワゴンに俺が大好きでDVDとか買ってあるタイトルが見受けられるいたって。確かに特価で処分されてましたよ、ワゴンでも見ました。「忘却の..
posted by みやびあきら at 16:00

2007年04月04日

2007年春のアニメ新番組感想 その壱

多すぎ! ってここの所毎改変期に思うのですが、それにしても過当競争の供給過多。
既に崩壊しているって所から目を背けているのかなぁ……

神曲奏界ポリフォニカ 第1話 第1楽章 「プレリュード 紅の精霊」

原作、シリーズ構成、脚本の榊一郎さんのアニメと言えば「スクラップド・プリンセス」を思い返すのですが、あれはほんと隠れた名作になってしまった感が強いですねぇ。DVDの販売形態があんまりな内容と価格で売上が振るわなかったと勝手に思ってますけどね。

監督の..
posted by みやびあきら at 19:00

2006年04月15日

ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 第1話「ソード・ダンサー」

ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 第1話「ソード・ダンサー」

原作未読。でもオープニングを歌う佐々木ゆう子さんの新曲を待っていた身としては、それだけで感謝してしまうような心境。でもノンスクランブルとはいえwowowだから話題になる事が難しい気がしてしまう。富士見&wowow繋がりで言えば「スクラップド・プリンセス」も隠れた名作アニメになってしまっている気がするし。でも富士見作品のアニメ化はメディアワークス作品のアニメ化よりも何が違うのか分りませんがクオリティが高い事が多いの..
posted by みやびあきら at 22:00

2005年05月19日

LOVELESS 第7話「TEARLESS」

 名前はお許し下さいな、音声記事→LOVELESS_07.mp3

 はまってます。無茶苦茶嵌っています。このまま原作単行本とDVDが発売されたら買ってしまいそうな勢いで毎週深夜に身悶えております。狂おしいなぁ、己の中のヤバイものがジリジリと這い出てきそうな感じで、脳内のパルスがどこかでチリチリとショートしそうです。早く回路を新生しないといけません(意味不明)毎週ちゃんと感想を書こうとしても心が身悶えるばかりで書き損ねてきましたが(簡単な感想は書いたりもしてましたが)もう..
posted by みやびあきら at 08:00

2004年10月28日

焼きたて!! ジャぱん 第3話「黒コゲ!! これが究極の黒輪さん!?」

 まだ祖父ちゃんと姉ちゃんの出番があったのか! ちょっと嬉しかったですよん。  クロワッサンで黒輪さんというベタなのにも慣れました。解法が分ってきた感じですこのアニメを見る上での。なので、楽しくなってきましたよぉ、楽しめる時はとことん楽しみましょう♪  つまりあれですね、梓川月乃は自分の所、パンタジア南東京支店で使える人間を求めて参加していた訳ですね。で、目に適ったが東 和馬河内恭介の二人。純粋すぎるパン職人と今後はキレイなだけじゃ生きていけない。そんな汚れた部..
posted by みやびあきら at 15:31

2004年09月08日

天上天下 第22話「決意」

 高柳光臣の決意な訳ですね。棗 慎を倒し真夜をその呪縛から開放するという決意。他にも色々思うところはあるのでしょうけど。これこそ主人公らしい姿ですね。  面白かったですね今回も。  過去編だけを見たかったけどこの過去があるからこその現代編。でもキャラが明らかに過去編の皆さんの方が立っている、勝っているので。もうすぐ最終回とはいえ、エピローグを現代編の主人公なんかに任せた日には、せっかく美味しい料理を食べたのに余計なツマで後味感最悪… にならないように願っております。 ..
posted by みやびあきら at 20:28

2004年08月22日

スクラップド・プリンセス 第21話「孤独な神の受難曲」(キッズステーション版)

王都上空で始まったピースメイカー3体とドラグーン1体+ギガス3体との戦い。ピースメイカー側は地上に被害が出ようと関係ないので(ステアあたりは率先して人を殺してると思われますが)王都の被害も凄いことになっています。 そもそも既に中継点が多数放たれていますので、それだけでも大変なことになっています。 馬鹿王は玉座で醜態を晒していますし(アイキャッチの色で判断)ペータシュタール将軍も訳が分らぬまま廃棄王女の処刑を命じます(今更リセットを止めることは出来ないのですが、知る由も..
posted by みやびあきら at 21:30

2004年08月16日

スクラップド・プリンセス 第20話「聖なる崩壊の序曲」(キッズステーション版)

24話の最終回へ向けてラストスパート開始でございます。 パシフィカの馬鹿実父のバルテリク王の前へと引き出されますが… もうね己の身の事しか考えない典型的な馬鹿王さま。 この時点ではパメラのパシフィカとしてもこんなのをお父さんとは… 呼べるもんじゃないですが。しかし本当にこれが父親なのだから遺伝子の大半は故エルマイア王妃からか!?と思いたくもなります(実際はもっと複雑な事が…) ピースメイカーとの交渉の道具として使われる廃棄王女としてのパシフィカ・カスール。しかし..
posted by みやびあきら at 14:17

2004年08月08日

スクラップド・プリンセス 第19話「母の嘆きの無言歌」(キッズステーション版)

先週のフューレの衝撃的な死のショックから立ち直る間もなく今回はパシフィカ(パメラ)の生みの母であるエルマイア王妃が拷問の末、獄中で死亡してしまう。しかも、隣にはパメラ(パシフィカ)が投獄されており…… 昨年泣いた所でまた涙する管理人でございます。 ペータシュタール将軍の愚かな浅知恵もステアによる誘導あってこそであり。それが無ければもっと小者で終わった事であろう(今も充分小者ですが)シャノンピースメイカーと取引出来ると思い込んでいる姿は視聴者から見ると滑稽そのもで..
posted by みやびあきら at 19:50

2004年07月31日

スクラップド・プリンセス 第18話「路地裏の哀歌」(キッズステーション版)

この回は一つのクライマックスでした。当時見たときの衝撃は、今見ても分かってはいてもズシリと重いものです。 偽りであっても楽しかった平凡な日々は終わり。終わってはいてもどこか楽しい気持ちを持っていたかのようなパメラ(パシフィカ)ですが。王国軍の追撃はそれを許してはくれません。 ガーディアンでは無いのに、自らの意思でパメラを守ることを通したフューレパメラを託すときのフューレレオの会話。誰が守るんだ!彼女を!! レオフューレが死ぬことを察し。その覚悟を察..
posted by みやびあきら at 19:56

2004年07月24日

スクラップド・プリンセス 第17話「つかの間の世俗歌」(キッズステーション版)

冒頭、フューレパメラ(パシフィカ)の似顔絵を書いているシーン。本当に巧いシーンなのです。 本放送を見た時も絶妙と感じましたが、やはり良いものは何度見ても良いものなのですね。 フューレが書いても街の似顔絵屋が書いても(過去の手配書でも)どうしてもパシフィカの顔にならないのは(ある意味では似ている…)やはり世界束縛する理「律法」の影響なのだろうか?(正確には介入された取り決め?) 単にギャグとしても成り立ちつつ、話の伏線にもなっているんだよなぁ。 ラクウェル..
posted by みやびあきら at 18:10

2004年07月17日

スクラップド・プリンセス 第16話「川のほとりの二重唱」(キッズステーション版)

ああ、神田川。もう神田川だよ! ネットでちゃんと許可を得ているサイトさまを見つけましたのでリンクを。 momo-mid.com トップページ MIDIアルバムの山の愛唱歌集内に「神田川」の歌詞とMIDIデータがございます。 嗚呼しみじみくるなぁ〜。 記憶を失ったパシフィカ(パメラ)とフューレの穏やかな一時。 事態はより一層深刻化しているのですが、今はただ神田川生活… まともにお茶も入れられないパメラことパシフィカ。お兄ちゃんとお姉ちゃんがお姫さまとして..
posted by みやびあきら at 03:48

2004年07月10日

スクラップド・プリンセス 第15話「力と謀略の歌劇」(キッズステーション版)

ここからですよすてプリの物語が加速していくのは(正確には次回からの3話はゆっくりとでも確実に物語りは流れている感じですけど) さて、主要なキャラは概ねここまでで出てきた感じですね(名前だけの人もいるけど) ピースメイカーの謀略。人間達の謀略(人間達はステアに踊らされてますが) 今回移動要塞スキッドは条約で禁じられていた戦略級攻性魔法奈落」とピースメイカーの干渉により落とされてしまいます。 シャノンゼフィリスと共に実体化したドラグーンになりますが…  だ..
posted by みやびあきら at 18:46

2004年07月04日

スクラップド・プリンセス 第14話「失われた五重奏」(キッズステーション版)

今回の話しは本放送時もシャノンの心象風景?内面世界でのパシフィカの描き方。 そしてそしてそこに入ったパシフィカの激しいツッコミ(^^; そのノリをやけに覚えています。 シャノンの中ではありますが、カスール三兄弟の両親が描かれておりまして、おそらくはシャノンすら知らなかった過去の出来事がナタリィによって見せられていました。 パシフィカと名付けられる前。廃棄王女が助けられた辺りの話しが見えたのは重要です。 しかし、普通の人である(自称)ラクウェルが幻影をあっ..
posted by みやびあきら at 18:41

2004年06月26日

スクラップド・プリンセス 第13話「遥かなる追想曲」(キッズステーション版)

遥かなるか遙かなるかでちょっと悩んでしまった。 さて全24話中の第13話ですので折り返しましたですよ〜。 カスール三兄妹が戸惑うのも分るというものな、真の歴史の秘密や現在の彼らが置かれている状況でございます。 シャワーと言うより洗人機みたいなシーンでもほとんどお色気分が無いのはすてプリアニメの特徴でしょうね(^^; 5000年前の戦いでゼフィリスの主であるベクナムさまが回想シーンに登場。 この時点で既にゼフィリスはかなり特別な存在であったような印象を持て..
posted by みやびあきら at 20:30

2004年06月19日

スクラップド・プリンセス 第12話「二人の姫の戦闘歌」(キッズステーション版)

カスール三兄妹へ語られるこの世界の真実の片鱗。律法とう人にとって絶対的な束縛。 前々から感じていましたが、ピースメーカー律法の力に屈した時の人間の赤い眼。あれは怖いですよねぇ。地上波で放送されるとBPOに文句たれる人が出そうな…とか思っちゃいます。 モニターに表示されるガーディアン(の因子を持つ者)達。 覚醒していない人が殆どですが、今の自分達の思いも仕組まれていた事。自分達の意思では無いかもしれない事を知り荒れるシャノン。 そんな状態でドラグーンと化し..
posted by みやびあきら at 18:25

2004年06月12日

スクラップド・プリンセス 第11話「獣姫の狂詩曲」(キッズステーション版)

ギアット帝国 第三皇女 セーネス・ルル・ギアットさま登場。ビバ獣姫!! 勿論エイローテ登場。ナタリィ登場。エルマイア王妃も登場だ! 前半のクライマックスに向けて大きく話が動き始めました。 エイローテも好きだが、セーネスさまだって大好きな私としては盛り上がるのはこれからですが、個人的には準備万端です♪ しかし人類ってのはどうしてこうも負けますかね(苦笑) 封棄世界の謎が明かされるしたがい、現在に至る人類の悲惨な歴史に光があたり… う〜んやっぱり名作だと思..
posted by みやびあきら at 19:31

2004年06月05日

スクラップド・プリンセス 第7・8・9・10話(キッズステーション)

11話でエイローテ祭をする為にも簡単に感想を書いておこう(信じないように) 第7話「捨て犬少女の円舞曲」第8話「絆と祈りの夜想曲」 スィン編とも言える話(チェキです)本放送時もパシフィカがちょっと可哀想に思えましたが。 ここでこの話を見ておくと最終回シーズの話で泣けます。いや、今思い出しただけで本気で涙が滲んできた…… 今見てもシャノンが馬車に撥ねられたシーンはドキッとする。とてつもなくヤバく見えるよなあれは。 第9話「異能者たちに捧ぐ鎮魂歌」第10..
posted by みやびあきら at 19:21

2004年05月10日

スクラップド・プリンセス 第6話「騎士たる者たちの迷走歌」(キッズステーション)

心ひそかに名作認定の「すてプリ」ですが、改めて見なおすと最初には分からなかった事も色々見えてきます。 ああ、レオ君てちゃんと悩みながらも成長してるんだなぁ、とか(そこかよ、俺) ドイルさん、前回馬にラクウェル姉ぇを乗せていましたけど。嗚呼、これが後半に繋がっていくんだなとか(笑) ガリルは雑魚でしたので、あっさり倒しましたが、イヤな奴に変わりなかったです。 う〜ん、それにしても最後のレオ君が格好良く見えてしまうとは俺も変わったなぁ。 ゼフィリスもどんどん変わ..
posted by みやびあきら at 04:08

2004年05月07日

スクラップド・プリンセス 第1話〜第5話(キッズステーション)

本放送も見ていたのですが、所々録画に失敗していまして(でもパシフィカのパンツ見えエピソードだけは逃さなかった自分は……) 今回初見のエピソードもあったりするので、意外と新鮮。いや、見られて良かった。 一時は良いエピソードだけでもDVD買おうかと思っていたのですが。高いなぁ〜、すてPRIX版は出来も値段も微妙。 でも現「ケンメディア」のアニメ。実はかなり楽しんでいる自分に気付く「すてぷり」「なるたる」「勇午」(あ、でも3作だけか) もうちょっと値段設定をどうにかして..
posted by みやびあきら at 07:20

2004年03月07日

当ブログ内、タイトル別の検索

2006-10-07
手が回らずに放置し続けているダメ管理人です。キーワードは設定し続けておりますので、タイトル検索はできるはずなのですが。現在はもしかすると、Seesaaの新機能であるタグを使っての検索が楽?かも知れません。

導入日時以降に投稿、修正した記事に限られますがアニメタグとかに見えるずらーっと並びまくったタイトルなどをクリックして、もっと見るとかをすると記事へのタイトルとその記事へのハイパーリンクが表示されます。

完全に網羅はされておりませんが、お試..
posted by みやびあきら at 00:55